« お豆の実力 | トップページ | Another router in the wall »

ジャパネットたかたからいっぱい

 先日家に帰ってきたら玄関にでかい箱が二つ。 あのジャパネットたかた様から同居人様へ。
 中身は富士通のWin7マシン、EPSONのプリンタ、Buffaloの11n無線ルーター。 
 
 話せば長い事ながら。
 かつて嫁と呼んでいた同居人から以前パソコンの相談を受け、お洒落で当時では実用十分なクラムシェル時代のiBookを推薦。 ところがどうやら彼女には気に入らなかったようで、十年以上経った今でもそのことをグダグダと愚痴られ続け、以来私は一切彼女のパソコン相談を拒否することにしました。
 
 とはいえ子供達にはパソコンは必要なので、これまで数台のMacをお下がりに与えるも、とにかく扱いが雑で全てことごとく壊されてきました。 そんな事から数年前に「こいつらには一切電脳素材は買い与えん」と誓ったのが数年前
 
 同居人はまだ株が今よりは少し良かった頃にネット取引を始め、ところがそれにアクセスができない。
 大学生になった息子はクラスでレポートを手書きで書いているのは自分だけらしい。
 中学生になった娘は以前私のMacでYahooでメルアドを作ったりblogなんぞを始めたけど、これまた扱いが乱雑で、再び切れた私によって使用禁止令。
 
 そこでついに同居人がジャパネットたかたであれこれ一杯入ってさらにワニ皮の財布が二つもついたセット(これは嘘)を我慢できなくなって買ったというわけです。
 わたし、薄ら笑いを浮かべながら思わず陰でVサイン。 非暴力・非服従運動の勝利であ〜る。
 
 まぁ、ああいう感性の無いに等しい連中には売れ残りのPCで十分なわけで、私は一切手を触れるつもりはないのですが、ネット接続の設定だけはしてくれと言う。 まぁ、そりゃそうか。
 最初はゴキブリのようなBuffaloの11n無線ルーターを見て「これ使えんで」と言ったモノの、802.11n正式対応で、どうも性能は高そう。 一方で11gまでしか対応していない愛用のAirMac Extream(USB)はかなり以前に原因不明の出力低下に見舞われ、いつか最新のAirMac Extreamに買い換えようと思いつつ、壁面取り付けには別売りの結構高価なアダプターが必要だったりと、なかなか解決できなかったのも事実でした。
 んで、朝起きてからこの無線ルーター(WHR-HP-G300N:既にリンクは次モデルにスイッチ。だから安かったんだろうなぁ、この端末)を積極的に使うことに宗旨替え。
 格好良かったAirMac Extreamよ、突然だけど、さようなら〜
 
 こういう機械のワンタッチ接続機能ってのは大概は後で苦労するので、ブラウザ経由で一つ一つ確認しながら設定。 そうすると取り敢えずは途方に暮れるようなトラブルには出会わずに、Mac一台、ウィンドウズ二台、DLNA対応BDプレーヤー、Wii、DSiが問題なく繋がりました。
 
 気になる電波品質は、これまでのAirMac Extream時代に間に一台かましていたAirMac Expressを省いてもリビングのBDプレーヤーに電波が届くことでも一定の改善が見られ、480iの16:9は全く問題なくなりました。 しかしまだ1080i 16:9は不安定。
 
 もともと我が家の電波レイアウトは、ルーターが敷地の最も端にあり、WHR-HP-G300Nの無指向性アンテナでは無駄に敷地外に電波が飛んでいることになります。
 ということで、amazonでオプションの単一指向性アンテナをポチッとな。 いえいえ、全ては同居人の出費ですから、5千円弱の出費なんて安いもの。
 
 あとはAirMac ExtreamにあったUSBポートが無くなったことでワイヤレス環境から外れてしまった、従来の私のCannonプリンターと、新たに加わった同居人のEPSONのプリンターをどう接続するか、突然暇つぶしネタが転がり込んできました。(いや、実はそんなに暇じゃないんだけど)

|

« お豆の実力 | トップページ | Another router in the wall »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 へ〜、やっぱりそういうタネがあるんやねぇ...

 いくらメーカー直接交渉で大量購入と言っても、パソコン本体に複合プリンターと無線ルーターなど諸々がついて十万円そこそこってのは凄すぎます。
 こんな中に「MacBookも十万円切ってて...」なんて単体ぶつけても意味ないです。

 まぁ、基本的にPCとプリンターには一切触るつもりはありませんから、基幹の座に座った無線ルーターさえ正規の品質であればそれで良いという。
いや、むしろそんなこんなでPCが不調になったらまた陰でほくそ笑むかも知れません...

投稿: あやおば | 2010年3月 7日 (日) 04時10分

ども、あやおば

現在、大手流通は、昔は知りませんが、いまは目玉モデルとして仕向け向け専用モデルを提供してもらっているものがあります。
スペックがちょっと低いとか、HDDの容量がちょっと少ないとか、詳しく調べないと差はわからないですね。

んで、絶対わからないのは、ふたを開けたときの中身の差。
知り合いのパソコンを見てたとき、メモリを増設しようと使ってないメモリを持ち込んだら、ソケットがついてない。
ベースモデルは増設できるんだけど、そいつはソケットがついてなかった。持ち主に聞くと、大手流通から通販で買ったらしい。そういや、型番の最後にJだかTだかYが付いてた。

メーカの人間として言うと、そういうところまでコストをけづっているという、涙ぐましい努力をしております。

ま、やらないと思うけど、ふたを開けたら、ねたが転がっているよ。

投稿: 山猿 | 2010年3月 6日 (土) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お豆の実力 | トップページ | Another router in the wall »