« 女性へのプレゼントは相変わらず | トップページ | MIATAのライトをキセノンに »

PhotoShop Elementsでのレイヤーマスク

 先月から週一で建築関係の社会人にPhotoShop Elementsのレクチャー。
 建物のリニューアルなどを行う会社で、持ち主に対して様々なプランをビジュアルで提案する仕事をしなければならないとか。
 事前に話し合った結果、印刷に回すようなことはないということだったのでPhotoShopではなくPhotoShop Elementsを提案。 バージョンは8。
 
Ps_palette その後レクチャーは順調に進み、最後の最後、さぁこれでフィニッシュ〜「先生凄〜い、ありがとうございました」という段になってElamentsにレイヤーマスクがないことが判明。
 有終の美を飾ろうと前日に予行演習までしたのに、です。 ただしこの時は普通のPhotoShopを使用。 横着せずに事務所のWindowsマシンで古いバージョン(5)でもいいからさらに突っ込んでおくべきだった。
 
 テンパった状態でお金を貰うことはできないので、その日は二時間予定を一時間で切り上げ、急遽次回予定を組んで、打開策を見つけることを約束。 う〜ん。
 
 webを検索すると確かにElementsにワンタッチレイヤーマスクがないことは有名なようで、代替策が載っています。 しかし今ひとつピンと来ない。 もちろん純正のヘルプも授業中に行き詰まったときに利用して役に立たないことを確認済み。
 
Element8 落ち着いて事務所のWindowsマシンで再挑戦したら、なんてことはない、レイヤーの上下関係が私の思い込みと逆であることがわかりました。 この上下関係は大昔のIllustratorのマスクと同じですね。 海の底から上を見上げる感じ。
 さらにとにかく「べた塗り」調整レイヤーを選んで、何色でもいいからまずは塗りつぶしておかなくてはならない点もわかりにくい。
Element8result また、古いバージョンではレイヤーメニューに「下のレイヤーをグループ化」となっているのに対し、少なくとも8では「クリッピングマスクを作成」に変更されておりました。 Altキーを押しながらレイヤーの境目をクリックするというショートカットは変更ありません。
 
 ということで、PhotoShopに慣れすぎてElementsで慌てた人と、何より自分自身のために残しておきます。

|

« 女性へのプレゼントは相変わらず | トップページ | MIATAのライトをキセノンに »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女性へのプレゼントは相変わらず | トップページ | MIATAのライトをキセノンに »