« Another router in the wall | トップページ | dlnaは有線がお好き »

Another router in the wall. part2

 久々の多ページディレクションのための台割表を作ってアイデアを練ったり、確定申告の作業を夜も寝ないで昼寝してやっております。
 
 さて、昨日の続きです。
 プリンターがネットワークから外れたので、それまで中継機として使っていたAirMac Express(旧型:11g)をターミナルに使ってみたら、相変わらず簡単に接続終了。 いやぁこのExpressとBonjour技術のコンビは本当に凄い。 Intel MacやiPhoneよりも今のアップルではイチオシの商品。
 
 が、現在はひな人形が飾ってある場所にやがて鎮座する予定の同居人購入のEPSONプリンターはどうするのか。 LAN接続するならさらにもう一個AirMac Expressが必要となります。
 なんだかな〜、と思ってたら、壁から取り外したAirMac Extream(snow)が目につきました。
 
 結局、軍艦島の社宅の様に汚い壁になってしまった取り付け跡を隠すためにも、同じ場所で第二の人生を歩んで貰おう、ということで、配線を今度はUSBとDCだけ持ち上げて取り付け。
 
 ところが設定段階で、Extreamって無線ターミナルにならんの?
 どうやらEtherでルータに接続すれば良いみたいだけど、なんだ、結局安くてコンパクトなExpressの方がフレキシブルやんか。
 
 と、そこまでやって気がついた。
 「別にワイヤレスでのうてもええがな」
 
 少なくとも私のCanonプリンターは机の横にあるわけで、PowerBookだろうがtypeUだろうが、USBケーブルは苦もなく使えます。 使用頻度も月に数回程度。
 新参者のEPSONは無線接続ではスキャナー機能などは恐らく使えないと思うので、これもUSB直差しが一番確実。
 
 その為にわざわざ常にアダプターを通電しているのもばかばかしい話で、この計画中止。
 
 ただし、壁の汚れ隠しの目的のためにExtreamはそのままオブジェとして壁に取り付けたまま。 つまり昨日の写真の一番上のまま。
 ま、ええやん、こういうのもApple製品のひとつの正しい使用方法です。

|

« Another router in the wall | トップページ | dlnaは有線がお好き »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Another router in the wall | トップページ | dlnaは有線がお好き »