« Google窓での日付範囲指定検索 | トップページ | そんなに.phpがイヤなのか »

Google APIが使えないPHP4の悲哀

 ここ二日ほど、酒も飲まずに久々に夜の事務所詰め。
 取り敢えず続きで、まずはPHPでユリウス日を生成する"gregoriantojd()"という関数を見つけたのは良いけれど、Fatal error。 PHP4にも対応しているはずなのに...と数時間悩んで朝方家に帰って改めて検索したら「PHPのコンパイル時に"--enable-calendar"されていかなったのでは?」というまさかの情報
 
 仕方がないので久々にPHP4.4.4をソースからconfigure〜make clean〜make〜make install。 備忘代わりにここに書いていた自分の記事がなければ完全に忘れていました。
 
 ほいでもっていよいよ本来のgoogleの検索スクリプト。
 少し前まで、googleもyahoo!的な簡単なAPIを用意していたのに、いつのまにかAJAX前提の、初老PHPerにとっては難しい仕様になっています。 もちろんこれに対応したライブラリも負けずと出ているのですが、当然PHP5前提。 いや、そりゃそれで仕方ないんだけど。 だって時代はぼちぼちPHP6ですから。
 
 エラーメッセージを追いながらPHP4に準じた編集をするのですが、今回のGoogle APIは結構難しい。
 趣味的なものならPHP5への移行など、根本的な対応もできますし、そうするのが真っ当なサーバー管理者と言うものです。 しかし、今回は仕事絡みなのでできるだけ確実に、しかも速く答えを出さねばなりません。
 
 ということで我ながら情けない"http://www.google.co.jp/search?q="の後に検索クエリーを繋げるという原始的な技にでることにしました。
 まぁ、別にこれが悪いというわけでもなく、通常我々がgoogle検索をしているときは意識せずともこのurlを叩いていることになります。 ただ、スクリプトやプログラムで自動的にこれを行うことをGoogleは歓迎しておらず、実際、試行錯誤中にアクセスを一時的に拒否されたり、自動ロボットでないことを確かめるために最近よくある変形された文字列の入力を求められたりします。
 
 でもまぁ、仕方ないのであ〜る。 まずは仕事優先と言うことで何とかPHPで逃げ切りを画策...

|

« Google窓での日付範囲指定検索 | トップページ | そんなに.phpがイヤなのか »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Google窓での日付範囲指定検索 | トップページ | そんなに.phpがイヤなのか »