« 英語より日本語の言語力 | トップページ | Google APIが使えないPHP4の悲哀 »

Google窓での日付範囲指定検索

 先日、取引先からあまり芳しくないメールが。 今すぐ大変なことになるわけではないものの、早急に対策を打たないと我が社の「れぞんでーとる」が危うい。
 
 中略。
 
 Google検索で日付範囲指定をするにはどうすれば良いか?
 これって天下のGoogleにしては意外なほどに展開が遅く、昨年の8月。 ところがこれはGoogle検索のマウスでオペレーションするページの機能であって、検索窓に直接入力するオプション式ではありません。
 
 え?それがどうした?
 これができないとphpなどのスクリプトで自動化できないのです。(いや、まぁGoogle側としてはそういう自動化的な使い方をするな、という方針があるようで、実際、複雑な検索を連続的に行うと一時的な検索拒否を食らいます)
 
 う〜ん、と数時間検索の海を彷徨ったら、やっとこさユリウス日を用いた"daterange"というのがあることを発見。(ユリウス日?についてはこちらをご覧ください)
 
 ちゃんとした公式もありますが、世の中有り難いもので、難しい天文学的な話が理解不能でも任意の日付をユリウス日に変換してくれるページがあります。(カシオの計算そのものにかける情熱が熱い)
 これを使うと、例えばyoutube上で阪神タイガースの動画検索するとき、日付範囲指定をしない、
 
 阪神タイガース site:www.youtube.com
 
 という検索クエリーでは約18,300件ヒットしますが、
 
 阪神タイガース daterange:2455230-2455233 site:www.youtube.com
 
 でここ三日間に絞れば約13件に落ち着きます。
 めでたしめでたし。
 
 ではありません。
 
 この原理を使ってphpのスクリプトを書かなくては仕事の信頼回復に繋がらず、う〜ん、久しぶりに事務所にこもって格闘するか...

|

« 英語より日本語の言語力 | トップページ | Google APIが使えないPHP4の悲哀 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英語より日本語の言語力 | トップページ | Google APIが使えないPHP4の悲哀 »