« なぁるほどなぁ | トップページ | タンパク質が足りないよ〜♪ »

おべ〜しょん

 昨日の国会で自民党の町村に対して民主の前原国交省がぶち切れ答弁をしているシーンをたまたま民放の夜のニュースで見かけました。
 
 いやぁ、ちょっと酒が入っていたせいもあったとはいうものの、久々にニュース番組で心から痛快な拍手を送りました。
 
 一瞬唖然とした町村は「な、何かというと前政権が前政権がと拙劣な...」と言い返したものの、議長に氏名もされない前原が勝手に席を立って答弁席に向かおうとすのを見ると、なかば半泣きで「ちょ、ちょっと座ってください」と議長に懇願する辺りは、長年自民のいい加減な政治に苦しめられた国民としては、
 
 「ざまぁみろ」
 
 前原、八つ場ダムだとかJALだとかで自民政治のケツ拭きばかりやらされているだけに、迫力が違います。 さしずめ国会のティラノザウルス。 ...なんであんなしょうもないメールを信じてしまったんでしょうね。
 でもあれを良い経験として今後の民主党の真のリーダーになって欲しいと思います。
 
 だからといって私は民主党の政治に無批判で迎合しているわけではありません。
 小沢の資金疑惑に対しての一部の民主党ゴマすり軍団の盲目的な動き、そしてかつての自民党と全く同じ低レベルの国会でのヤジ。 結局二大政党制というのは同じくらいバカな政治屋が揃った政党が二つあるだけ?とも皮肉りたくなります。
 こんな政党に夏の参議院選挙で安定多数を与えてはいけません。
 
 てなことは既にマスコミは織り込み済みなようで、先日の毎日にはコラムに「次回の選挙では民主党は惨敗するそうですね」と老婆の言葉を借りて予言されています。 いえこの予言はバカにはできません。 先の衆院選での自民惨敗もこの予言通りになったのですから。
 
 とは言っても自民党は近い将来には二度と与党には復帰できないでしょうから、衆院選後に民主党に幻滅した有権者の票の行き先は自民以外の政党に流れる可能性が大です。 だとすると今のうちに自民やあるいは民主を離党し、現在のミニ政党とも言えるみんなの党などと新たに新しい党を作る動きも予想されます。

 結局は民主はかなり減るだろうけれども、それ以上に自民は壊滅、その他小政党は数を伸ばすも大勢に影響を与えるほどにはならず、結局は社民と国民新党を含んだ連立与党も解消することなくこのままグダグダと流れて行くのでは、と今のところ予想しております。
 まぁ、それでも独裁よりはまし。
 
 しかし惜しいなぁ>民主党

|

« なぁるほどなぁ | トップページ | タンパク質が足りないよ〜♪ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぁるほどなぁ | トップページ | タンパク質が足りないよ〜♪ »