« アクトビラに繋いでみた | トップページ | 2010年に想うこと »

dlnaはCATV環境では無用

 へい、年末に既にやることがない暇なおじさんは前回のBDRに続いてリビングのBDPをネットに接続しました。
 リビングには有線LANが来ていないので、ワイヤレス。
 子供達のWiiやDSiは無線機能付きですから単にポイントに登録するだけでよいのですが、dlna対応と言ってもEther10/100の口があるだけで、ターミナルになる部品を用意しなければなりません。
 
 以前安物買いをして設定に苦労した経験があるので、導入するとすればアップルのAirMac Expressしかありません。 少々安くなって一万円を切ったとはいいつつ、はたしてそこまでしてdlna環境を実現して何になるの?という疑問も。
 
 原点に戻って、私がdlnaで何をしたかったかというと、自室のコンテンツをリビングの42プラズマで気軽に見たいだけ。 
 これはBDレコーダーとプレーヤーが一対あるので、皿を焼いて持ち歩けば実現できます。 ただ、そんな手間を省いて簡単にネット経由で見れたら良いな、という目的。 ただしそれに一万円以上払う値打ちがあるか疑問もふと感じました。
 
 一方で、実験というか、やってみるのが一番すっきりくっきり納得できるのも事実。 てなことで年末商戦に熱気がこもるヨドバシの店頭で、決意の末に手に入れたAirMac Express。いつもながら設定は楽々。
Airmac_utility
 
 LANにもWANにもちゃん繋がって、自室のBDRをBDPに登録するとBDRのコンテンツリストが見えます。 やった〜。 でも選択しても「再生できません」のメッセージが。
 暫く悩んでマニュアルを見ると、「i.Link(TS)経由で録画された映像はdlnaでは見られません」とな。
 
 意味ないがな...
 
 基本的に私の録画パターンはSTBのHDD。 これははなからdlna対応じゃないのでBDRにコピーするわけですが、この手段がi.Linkしかありません。
 解決策はdlnaで見たいものはあらかじめBDRのチューナーで直接BDRのHDDに録画するという手順のみで、ぜんぜん「気軽」じゃないっす。
 
 考えてみれば、この「i.Link(TS)経由で録画された映像はdlnaでは見られません」というのはCATV商売にとっては譲れない機能なのかも知れません。
 これができたらSTB契約は一台のみで、あとは家中のテレビで録画コンテンツを見放題。 ただdlnaは同時再生はできないから、結局DVDなりBDに移したら同じ事とちゃうん?と思うのですけどね。 結局なぜTZ-BDW900Jでdlna機能が殺されているのかよく理解できました。
 
 この不便に対する不満の声はそう大きくはならないでしょうから、恐らく今後この制限が解除される可能性は低く、結局我が家でdlnaは殆ど意味がないという結果が出ました。
 まぁ、仕事の関係で自宅のネット接続も固定IPだから、外から録画ってのはできるんでしょうけど、そこまで録画マニアでもないし... 一度設定だけはしてみるかな...
 
 めでたし、めでたし。
 ではな〜い!
 
 まぁ、せっかく整えたテレビ系LAN環境、何とか使い道を考えてみますだよ。

|

« アクトビラに繋いでみた | トップページ | 2010年に想うこと »

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アクトビラに繋いでみた | トップページ | 2010年に想うこと »