« 痛快、仕分け人 | トップページ | ついにバッテリー昇天 »

キズパワーパッドのその後

Repaired_skin

 火傷をしてから十日、キズパワーパッドを貼ってから八日。 こんな感じになりました。
 
 六日目にキズパワーパッドをはがすと、表皮がはがれた部分一面に薄い透明の膜が張っておりました。 これまで傷の周囲から徐々に薄皮ができるのに慣れているので、ちょっと新鮮です。
 
 ただ、この再生したばかりの表皮はかなり薄かったので、不注意で傷つけないように通常のバンドエイドを貼って保護。 この時の新しく再生した部分の色は赤く、明らかに周囲と比べて目立ちます。 ただし周囲との段差は全くありません。
 完全治癒のタイミングは、浸出液が止まってゲル化面積の拡大も止まり、さらにそのゲル成分がキズパワーパッドにしみこんで拡がるに従い、元の傷口が透けて見えた頃と判断しても良さそうです。
 
 それでも、さすがにそんなに綺麗に直すのは無理か、ケロイドにならなかっただけましかな、と思って、昨夜から保護のバンドエイドも外しました。
 んで、今朝起きてみたら赤みが治癒部分周囲から落ち着いてきているのに気付きました。 今の状態はぱっと見、虫にかまれて赤くなってるのかな、程度です。
 このままさらに時間が経つと、完全に元通りとはいわなくても、そこそこまで戻るんじゃないかと期待を持たせてくれます。 さすが「最先端(といっても2004年)医療」。
 
 この火傷のお陰で水泳には一週間ほど行けずじまいで、悲しいことにたった一週間の運動不足なのに、昨夜は久々にふくらはぎのこむら返りで目が覚めました。 水泳を始めてこの方ずっと影を潜めていたのに...
 あと、首の周辺も微妙に痛くなってたりして。
 運動してなければこんな感じが当たり前なんでしょうね。

|

« 痛快、仕分け人 | トップページ | ついにバッテリー昇天 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ワセリンですか。 古典的治療方法も健在、というところですね。
車の整備をしなくなった今では、火傷というと料理しかありません。 しらふだと問題ないものが、酒飲みながらやると切り傷も含めて、ひやっとするころがあるので油断大敵です。

投稿: あやおば | 2014年10月21日 (火) 14時36分

古いブログへのコメントですがご容赦を・・・

火傷治療はワセリンを塗ってラップを被せて包帯で固定していれば、ウソみたいに綺麗に直ります。
手のひら側の親指の付け根を油で火傷して大変な事になりましたが、ケロイドも無く見事に完治しました。

次に火傷した時は是非お試しください(笑)

投稿: いんて | 2014年10月21日 (火) 04時21分

どうも、ほぼ治癒おめでとうございます
しかし、このウェブログには必要なんでしょうけど
おじさんの手の写真よりは美人美食系の方が...
と、まだ言ってみる

投稿: t2 | 2009年11月15日 (日) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 痛快、仕分け人 | トップページ | ついにバッテリー昇天 »