« 2009秋冬のNHK | トップページ | NHK 永田町・権力の興亡 »

LIFE WINKなるもの

Lifewink1
 を先日交換したW202のバッテリーに装着してみました。
 商品代1.800円に、送料と代引き手数料合わせると2,745円という微妙な価格。
 
 サイト写真から想像するより小さく(バッテリーがあまりにでかいというのもある)、「コンピュータ演算&メモリー内蔵で従来にない高精度判定を実現!」とあります。 恐らく昔マイコンとかを半田ごてで組み立てた人なら自作できるんじゃないかとも思います。

 説明書には必ず新品バッテリーに使用してくださいとありますが、私は一週間遅れ。 良いのかなぁ?
 どうも装着後にエンジンを始動させたときの負荷を元に満タン状態を計測・記憶し、以後の電圧の変化を細かく読み取って行くのではないかと想像します。
 
 まぁ、こういう類のセンサーって、バッテリー上面に覗き窓のようなものがあってその中の色が変化するだとか、いろいろあったなかで実はあんまり信用していません。 にもかかわらず敢えて装着したのは、やっぱり輸入車のバッテリー上がりが唐突であることと、MIATAと二台体制に加えて、実はあまり車自体に乗らなくなっているという、バッテリーにとってはあまり良くない条件が重なりつつあるからです。
 
 実際に装着してみると、LEDがバッテリーの状態にあわせて流れるように点滅し続けます。 もちろん新品バッテリーですからレベル5状態。(その状態を撮影したつもりでしたが、デジカメのシャッタータイムラグで見事に空振り)
 数秒経ったら消灯するのかな、と思ったらずっと流星状態で点灯しっぱなし。 ちょっと心配だけど、LEDだから無視できる範囲の消費電力なんでしょう。
Lifewink2 
 通常ならこれが常にエンジンルームで光ってそれなりにオーナーの目を楽しましてくれるのでしょう。 でもトランクマウントのさらに底だから普段は見えないのよね〜。

|

« 2009秋冬のNHK | トップページ | NHK 永田町・権力の興亡 »

」カテゴリの記事

コメント

え、ハイブリッドモニターのついてないハイブリッドトヨタ車ってあるんや... 最近の車事情にはとんと疎くて...

投稿: あやおば | 2009年12月 3日 (木) 02時22分

管理されてるのは動力用のバッテリーだけだと思いますよ。 ウチのは安物だからハイブリッドモニターは付いてないし(笑)

補助バッテリーはそんな高度な管理はしてないんじゃないかな・・・(;´Д`)

投稿: いんて | 2009年12月 2日 (水) 13時32分

エスハイ... そりゃLIFE WINK欲しがるってイヤミってなもんです。
というかそういうロジックを基にしてもっと高度なバッテリー管理システムがあるんでしょ? で、それをあのモニターでいつでも呼び出せるとか。

投稿: あやおば | 2009年12月 2日 (水) 02時16分

エスハイっす(笑)

投稿: いんて | 2009年12月 1日 (火) 14時23分

あれ? いんての今の愛車ってP臼だったっけ?

投稿: あやおば | 2009年12月 1日 (火) 02時28分

興味あるんですが、取り付け不可だそうで・・・
パナのバッテリーなのになぁ(笑)

投稿: いんて | 2009年11月27日 (金) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2009秋冬のNHK | トップページ | NHK 永田町・権力の興亡 »