« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

LIFE WINKなるもの

Lifewink1
 を先日交換したW202のバッテリーに装着してみました。
 商品代1.800円に、送料と代引き手数料合わせると2,745円という微妙な価格。
 
 サイト写真から想像するより小さく(バッテリーがあまりにでかいというのもある)、「コンピュータ演算&メモリー内蔵で従来にない高精度判定を実現!」とあります。 恐らく昔マイコンとかを半田ごてで組み立てた人なら自作できるんじゃないかとも思います。

 説明書には必ず新品バッテリーに使用してくださいとありますが、私は一週間遅れ。 良いのかなぁ?
 どうも装着後にエンジンを始動させたときの負荷を元に満タン状態を計測・記憶し、以後の電圧の変化を細かく読み取って行くのではないかと想像します。
 
 まぁ、こういう類のセンサーって、バッテリー上面に覗き窓のようなものがあってその中の色が変化するだとか、いろいろあったなかで実はあんまり信用していません。 にもかかわらず敢えて装着したのは、やっぱり輸入車のバッテリー上がりが唐突であることと、MIATAと二台体制に加えて、実はあまり車自体に乗らなくなっているという、バッテリーにとってはあまり良くない条件が重なりつつあるからです。
 
 実際に装着してみると、LEDがバッテリーの状態にあわせて流れるように点滅し続けます。 もちろん新品バッテリーですからレベル5状態。(その状態を撮影したつもりでしたが、デジカメのシャッタータイムラグで見事に空振り)
 数秒経ったら消灯するのかな、と思ったらずっと流星状態で点灯しっぱなし。 ちょっと心配だけど、LEDだから無視できる範囲の消費電力なんでしょう。
Lifewink2 
 通常ならこれが常にエンジンルームで光ってそれなりにオーナーの目を楽しましてくれるのでしょう。 でもトランクマウントのさらに底だから普段は見えないのよね〜。

| | コメント (6)

2009秋冬のNHK

 なんだかんだと叩かれることも多いNHKですが、気がつけば最もここを多く見ています。
 
 ということでここ暫く見てたものとかこれから見るものとか。
 
○立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む
 ついこの間やっていたNHKスペシャルで、いや、立花隆そのものが癌になったんですね。 が、それをお涙頂戴にしないのは立派。 むしろ科学的な説明と映像を見ていて、癌は恐らく人間が人間である限り完全制圧は不可能なのだと確信しました。
 癌になるかならないかは運次第。 と要するに人間は設計時の想定寿命を大きく超えすぎたと言うことです。
 
白州次郎
 変則的な三回シリーズで、幸い全て見ることができました。
 あくまでドラマであって、史実ではないとわきまえつつも面白かったです。 主役の伊瀬谷友介は以前民放のトーク番組を見て幻滅しましたが、この作品での演技は素晴らしい。
 願わくばもう少し画面を明るく、音声を明確にしてもらえればよかった。

ブラタモリ
 一度だけテスト放送されたのが好評でレギュラーになりました。
 鉄道、古地図が好きな私としては文句ありません。 麻布ガマ池の回はマジで感動しましたよ。 番組終了後GoogleEarthで必死で検索しましたもん。( 35°39'12.32"N 139°43'46.45"E )
 タモリの居住地を考えると仕方ないけど、東京ばかりなのが残念。 でもこの「庭感」がいいのであって、これが全国展開してしまうと水っぽくなるんでしょう。
 お供のアナウンサー、久保田 祐佳は解体新ショー以来嫌いじゃないのですが、番組について行けてませんね〜。 まぁ、タモリについて行ける若い女性アナなんているわけないか。

ITホワイトボックス
 最初、IPアドレスってのはインターネットの住所みたいなもんで、というのを想像して無視していたら、ある日、村井順氏が登場していてかなり深いことを説明しているので驚きました。
 以後のシリーズも一応その世界にいる私でも「あ、そうやったんや」というところが必ず一カ所はあります。 個人的には森下千里が余計かと。

出社が楽しい経済学
 これも上と同じく、深夜ローカルお笑い番組並のコントながら伝えていることは至極まともです。
 一応、経済・経営出の私ながら、こういうのを見てると文系も立派に進化するのだと痛感。

 以下、以前から継続中...
○サイエンスZERO
○爆笑問題のニッポンの教養
○東京カワイイ★TV
○シャキーン
○おじゃる丸

 そろそろ見るのを止めようかと思っているのは、
●爆笑オンエアバトル
 多分これのみならず、お笑いに飽きてきたんだと思います。
 
 一方で珍しく歴史物で期待しているもの
☆坂の上の雲
 決して司馬遼太郎ファンではない(いえ、嫌いじゃないのですが、読む根性がないという)ものの、主婦っぽく登場人物に惹かれたのもあります。
 基本的に江戸末期までの歴史ってあまり興味が無くって、そういえばNHKの大河ドラマも徳川慶喜以外は一切見ていません。 ようするにこれ以降ということで。

| | コメント (0)

喉から黒いかさぶたがでるか?(11)

 禁煙計画開始八週間、完全禁煙後七週間。
 特筆するべきことは何も起こっていません。 時々禁煙していることすら忘れてしまうほど。
 
 ただひとつ、恐ろしいできごとが...
 
 タバコを止めると、部屋のヤニ臭さがなくなります。 恐らく体臭も変わっているのか、朝起きて、一旦部屋を出てから再び戻ると部屋の臭いの変化を確認できます。
 
 で、最近。 どうも変わった臭いがする。
 強いて言うなら藁の臭い。 或いは農家の倉庫の臭い。 つまり稲藁の臭い?
 
 麗しくないですねぇ...
 
 藁ですから稲の枯れた姿。 つまり加齢臭ならぬ枯れ臭。
 なるほどな〜、うまいこと言うなぁ〜。 ははは。
 笑い事ではありませぬ。
 
 いえ、自分の臭いはわからないとは言いながら、例えば日本酒飲んで家で一人でヘロヘロしているとき、ふとした瞬間に「え? 誰かおっさんおんの? くっさ〜」と一瞬周りを見渡すとか、結構客観視できるのです。
 
 この仮定で行くと、今の藁臭さが私の基礎体臭ということになります。
 突然体臭が変わる訳じゃないので、多分これまではタバコのヤニ臭でマスキングされていたんでしょうねぇ。
 あるいは藁の臭いではなく、最近毎夜飲んでいる焼酎の麦の臭いとか。
 
 どちらにせよ、別に若いお姉ちゃんに「おじさん、田舎くっさ〜い」と言われるようなシチュエーションはないですから別に困らないとはいえ...

 そっかぁ...(遠い目)
 
 (10)へ (12)へ

| | コメント (0)

ほとんど引きこもり

 いつもなら夕方数時間で終わる仕事が先方のハードウエアトラブルで実は今もスタンバイ状態。 ただ、さすがにまだ暫くかかりますから仮眠しておいてください、との許可が出たのでやっと風呂に入ることができました。
 まぁ、こういう仕事なんですよね、ネット上のコンテンツ管理って。 むしろ今回は私の責任と権限の及ぶ範囲ではないのでただ待つだけですから、不謹慎ながら気は楽です。
 性格的に毎日同じ事を繰り返す仕事には向いてない方なので、特に異存はありません。
 
 さて、私的読書連休。
 土曜日からこのかた四冊目半ばまで来ています。 この中にはハードカバーが一冊入っていますので、なかなかのペースかと。 もちろん読破だけが目的の速読ではありませんから、自分でもまだこれだけ読書に対する意欲があったのかと驚きました。
 
 一時期、読んだ文字が頭にスムーズに流れ込まず、無理矢理押し込んでは結構取りこぼす、というような状態になったことがあります。 理由は今でも不明なのですが、とにかくその時、あぁ、もう私は実用書や技術解説書のように緊急に必要な情報以外は読めなくなったのか、と半ば諦めていました。
 だから読書好きの人の話の輪に入ると、呆れられるくらい本(いわゆる小説の類)を読んでいないのがむしろ話のネタになるくらいでした。
 
 ところが先頃、何を思ったか文藝春秋を買って芥川賞作品を読んだときに、最後まで引き込まれることがなかったつまらない文章を最後まで読めたのに少し変化を感じました。 その前に藤沢周平の何冊かを結構一気に楽しく読んでいたのがトレーニングになったのかも知れません。
 
 てなことで、詳細不明ながら人並みの読書力は回復したようです。
 
 が、しかぁし。
 我が家のリビングは家人がいる限り夜中と早朝以外は常にテレビがついています。 さすがにその中で読みたくないので、自室へ移動。 かつこの季節なのでドアは閉める。 そして四冊もの本をずっと読んでいると、見た目は引きこもりと同じ。
 食事当番の日は近所のスーパーに行きますし、夕食のみ家族と一緒に食べます(休みの日は朝はみんなバラバラ、昼は同居人が作る献立があまりにハイカロリーなのでパス)。 でもそれ以外は自然とまた自室へ。 タバコを買いに行くこともなくなり、たまにコーヒーを淹れに行ったり、トイレ以外は引きこもり。
 
 唯一の例外は月曜日。 夕方から家に誰もいなくなったので、リビングに移動。(ゴキブリか)
 fallingstars.co.krを、これまた滅多にスイッチを入れなくなったリビングのオーディオで流しながら「チッチと子」を一気に読み切りました。
 私があまりにじっとしているので、カゴから出したチュン次郎も大した邪魔をせず、ふと目を上げると西に傾いて大きく見える太陽と伊丹空港に降りる旅客機が重なりました。
 
 え?「チッチと子」の感想ですか?
 う〜ん、小説家のリアルな実態(特にギャラ関連)に興味がある人や、ちょっとひねりの効いたブックデザインを手元に残したい人以外はブックオフ行きかなぁ...

| | コメント (0)

野菜室をさらにあさる

 引き続き、相変わらず夜中に冷蔵庫の野菜室を漁っています。
 
 タバコを止めてから少し毎夜の酒量が増えたようで、それでなくても太る危険性が高い中、つまみに気を遣わないといけません。
 
 ということで最近はキャベツのレンジ蒸し。
 苦みが好きな人は、丼の日に買って来られたたものの、それ以後明らかに疎ましい存在になった三つ葉を加えてもよろしいです。
 
 キャベツを二〜三枚程度剥がし、手で適当な大きさにちぎって容器に入れます。 それにラップをかけて電子レンジへ。
 蒸しが甘いと青臭いし、過ぎると歯触りが無くなる、なんてのは一応ありつつ、取り敢えずラップが風船状に膨らんで、レンジの外にほのかにキャベツの香りが漂えばそれでよろし。
 
 火傷しないようにレンジから出し、かけるのはポン酢。 いやぁ、塩でも良いとは言いつつ、このポン酢がだし醤油より何よりたまりません。
 
 と、昨日までは思っていましたが、たまたま冷蔵庫をさらに漁っていたら、ニンニクとバジルの粉末ふりかけが。 これをポン酢の後に加えたら、いや、これまた極楽!
 
 焼酎もたまたま今晩から麦小路からむぎのかへチェンジ。
 ん〜、飲みやすいんだけど、クセは麦小路の方があって少し寂しいかなぁ...
 
 てな事をしながら九冊の古本は一日一冊のペースで読破中。
 今日からは中でも最もメジャーと思われる「チッチと子」に取りかかっています。
 
 まぁ、金が無いなら無いで連休も楽しいもんです。

| | コメント (0)

日常の戦慄

 先日、新快速に乗り換えるために新大阪駅で乗り換え。
 コンコースから階段を下りるとき、私の右前にいた女性が多分携帯の画面を中止するために突然立ち止まりました。
 困ったのが後ろから来た若いサラリーマンで、左には私がいる為に一瞬立ち往生という状態に。

 その時、その若い男性、明らかに舌打ちをしたのが聞こえましたが、私自身その女性の行動を「危ないなぁ、後ろから追突されたらえらいこっちゃで」と思いましたから、特に違和感はありませんでした。

 ところがその女性、結構はっきりした口調で「『チッ』とか舌打ちするな!」と言ったのです。
 ほんの短い間、何もなかったように時間が過ぎましたが、残念ながらまず若い男性が振り向き、次いで私も振り返ってしまいます。 
 その女性は年齢は25歳前後、OL風で、今主流の黒縁の眼鏡に今時珍しく黒髪でした。 独り言として言ったつもりが相手に聞こえたので焦ったのか、逆に敢えて正直な気持ちを勇敢にぶつけたのか。

 それはともかく、言葉を投げつけられたことになった男性は立ち止まってその女性と火花バチバチ。
 それを少し斜め下から見ていた私は野次馬根性バリバリ。

 結局、それ以上は何も起きませんでしたが、もし言葉を投げたのが男性だったら間違いなくケンカになってたでしょう。
 たぶん女性だからと言うことで男性は自分を抑えたのでしょうけど、殴られたりして顔に傷がついちゃつまらないですからねぇ。 というより、どんなケンカであれ朝の忙しい時間にあっては必ず遅刻に結びつきますから、何も得はないわけで。
 多分あの女性にしてみれば、最近見た映画やドラマ、あるいはアニメでそういう本音を言う女性を演じてみたのかも知れません。 もしくは職場で虐められているのか等々考えつつ、独り言のつもりでも気をつけないとなぁ、と思いました。

 にもかかわらず。
 先日、プールの帰り、青の歩行者用信号を確認して交差点を渡っていると、渋滞で交差点を抜けられなかったセコい車が堂々と、いやむしろ早く人が渡る横断歩道を抜けるためか加速して私の目の前を通り過ぎました。
 私はその時何も考えずに、持っていたプール用のバッグを車にブチ打ち!
 「セコい車乗ってセコいことするな!」と(声には出してませんよ)。

 でも中身は柔らかいものばっかりなので、相手にダメージを与えることもできず「畜生、バールでも入れてりゃ良かった」と悔いましたが、考えてみたらこれも危ない行動ですねぇ...
 すぐにぶち切れるのも老人化の証と言うことで、いやほんま、気をつけんと。

| | コメント (0)

古本三昧

 ちょっと根性入れて勉強したいことができたのでamazonで古本探し。
 いつものごとく本だけで1円というのもあり、うち一冊は今新刊で出ているハードカバーもの。
 結局五冊買って送料入れても3,000円足らず。  
 
 ご存じのようにamazonで何かひとつでも買うと、似たような傾向の商品を検索表示してくれます。 これがうざいときもありながら、今回のようにいくつか同じような本を買ってみよう、と思うときには便利なのは事実。 こういうときにはリアルの本屋よりも確かにありがたい。
 
 ところがamazonの古本はamazonがやっているわけではないので、商品到着が遅い。 取り敢えずいままで注文した本が来なかったことはないけど、メール便で来ることもあってちょっと待たされます。
 まぁ、連休前に一冊くらい届けばいいかな、と思っていたら、金曜日に学生を三宮駅近くのビルに引率することに。
 
 そのビルの下の階には、大型古本店。
 いや、別にそんなのBOOK OFFなんぞで珍しくもないし、と言われそうですが、これが独立系というか何というか、いわゆる従来の町の古本屋さんがそのまま大型化したような雰囲気で、ついつい店内に引き込まれてしまいました。
 不要になったからここに並んでいるのか、面白いから他の誰かにも読んで貰いたいと並んでいるのか、普通の本屋に比べると明らかに悲喜こもごもの混じったゾンビな香りがします。
 
 コミックが充実しているのは当たり前として、いわゆる普通の本の数がメチャクチャ多い。 それから本当の古本と言うべき明治や大正の本もあったりします。 圧巻はLPレコードで、「店内棚整理のため三枚で105円」だとか。 さすがにこれを見ていると時間がいくらあっても足らないので、何とか自分にブレーキをかけ、新書(と言っても古い)数冊と、娘がジブリのアニメで気に入っている「時をかける少女」の印刷時不明の本を買いました。
 全部で500円くらいだろう、と思ってたら、千円越え。 何が高いの?と訊いたら「時をかける少女」で、なんと定価350円が515円にプレミア付き。 ふ〜ん、そんなもんか。 さすが高校の大先輩>筒井氏
 
 いつも思うけど古本って面白い。 最近では珍しく思いっきり線が引いてあるのがあり、それも的が絞れていないのか、ダラダラとひいてあってとても鬱陶しい。 しかし半ばを過ぎると読むのを諦めたのか一切線引きがなくなりました。 ば〜か×3。
 
 他の一冊には表紙裏に結構綺麗なステッカーが貼ってあり、この本の第22版が刷られた20年前の年月日がサインしてありました。 最下段の"This book belongs to"の印刷の後、 持ち主のサインあり。
 20年前ですから、この方はご存命なのか。 蔵書にこういう処理をする人だから本を簡単に手放すとは考えにくく、もしかすると逝去されてご遺族が処分された果てにここに流されてきたのか、とか想像が拡がります。
Oldbooks
 写真に写っている中で最高なのが真ん中の本。
 著者写真のど真ん中に値札が貼られています。 210円。
 1907年生まれとありますから、さすがに著者はご存命ではなく、怒りもしないでしょうが、何となくプッと吹き出してしまいました。
 
 さて、給料日前の三連休、惚けたようにこれらの本を読むぞ。

| | コメント (0)

105hバッテリー交換

 ある日突然死んでいたC200(W202)用の新しいバッテリー、水曜日夜に到着、木曜日に交換しました。
 買ったのはMIATA用に引き続いてここ、着払いで24,638円。 まだ夏期休暇の表示がページに出ているのは不安ながら、ちゃんと届きました。
 いやぁ、デフレ時代がいいのか悪いのか、105hのタクシーかディーゼル用(事実W201時代はディーゼルモデルにしか搭載されていなかった)?というくらい大きいバッテリーですから、少し前なら5万とか6万とかでしょう。
 
 ただし、重い! なんと25kg!
 
 宅配便もこれ一個を台車に乗せてドアの前まで来て、それをこちらも自前の台車で引き取り、翌日ガレージまでそのまま運びました。
 
 W202はトランクマウントで、端子類を外して出したのは20年前のバッテリー。 さすがに二年は保ちませんでしたか。 いえ、お金のないときに助かった掘り出し物でしたし、私が最後まで使い切ったのも何かの縁でしょう。
 マンションの狭い立駐の隅でそれをトランクの一番底から取り出すのも一苦労なら、新しいのをそこまで持って行くのも一苦労。
 一応運搬用の下げ紐が装着されていますが、あまりの重さに途中でつまづきそうになりました。
 
 何とか車後部まで運び、さらに気合いを込めてトランクの底に沈めれば、あとは14mmのスパナとラチェットレンチで簡単に装着。 ターミナルを取り付けた途端にトランクルームライトが点灯しましたから、本当に前バッテリーはすっからかんだったことになります。
 
 暫く後にテストも兼ねて走り出してみると、時計、オーディオ類のメモリーは全てリセット、夕方になってわかったのはメーター照明の設定も忘れていました。
 奇妙なのはサンルーフの途中停止が再発しており、さらにパワーウインドウのワンタッチスイッチが無効になっています。 これはバッテリー容量のバロメーターであるはずで、バッテリーはギンギンだぜ状態なのに不思議。 暫く様子を見ます。
 
 あと、気のせいかなぁ、純正オーディオの音が少し良くなった気もします。
 メーカーサイトには一応簡単な説明がなされているとは言え、私はこれまでこういうのを信じたことはありませんでした。
 気のせいかなぁ... いや、音の輪郭が少しはっきりしたというか、中音を中心に低音の形がはっきりしたような、せえへんような... どっちやねんなほんま。
 
 しかし、考えてみたら前バッテリー、交換作業の大変さを考えたらよく出先でバッテリー上がりを起こさなかったな、と感謝しました。
 量販店でもすぐに手に入らないだろうし、ヤナセで買ったら恐らく4,5万だろうし、出先に放置するわけにも行かず、取り敢えずJAFに直結してもらって家に帰るのが最善策だったでしょう。
 
 新車時の100hバッテリーが5年半持ったことを考えると、恐らくこの新バッテリーの寿命までこの車に乗っていることはないとは思います。(ほんま?) とは言いながら、ちょっと怖いので、Panasonic製品専用のこういうオプションパーツを付けてみようと。

| | コメント (3)

愛用のど飴がマイチェン

 先日から暫く、愛用のカンロのど飴が見あたらないなぁ、と思ってたら、いつの間にかマイナーチェンジを施されていました。
 
 旧名称「ノンシュガーのど飴」→新名称「ノンシュガー枇杷蜜のど飴」

Newnodoame 
 
 以前入っていた枇杷蜜の、どうやらその成分を多くしたか、それとも単に大々的に名前にフューチャーしたか、その代わりにミント成分が弱まっている気がします。
 確かに、電車の中でふと人が気付くくらいのミントの強さですから、マーケティングリサーチの結果、少しマイルドな方向に振ったのかも知れません。
 ただ、あの強烈な刺激があったから、これまでも電車の中や、子供が乗っているときの車の運転時など、タバコが吸えない時間に頼りにできたんですけど。
 
 これを書くのにカンロのサイトに寄ってみたところ、私が箱買いをしているタイプはスティックタイプと呼ばれて、直販はされていません。 が、袋のタイプならこのサイトから買えることが判明。
 ノンシュガーシリーズならこの枇杷蜜、さらなるメントールの刺激が欲しければスーパーメントール、そしてちょっとこの果実、ってのにも惹かれています。
 
 ノンシュガーとは言えノンカロリーではなく、普通ののど飴に比べて40%カロリー減程度。 う〜ん、重要のような、どうでもいいような...
 あ、いやいや、禁煙すると太りやすくなるので、小さいことでも大事大事。

| | コメント (0)

「イ」で泳ぐクロール

 タバコを止めてから水泳は非常に楽になっておりますが、別段うまくなったり速くなったりしているわけではございません。
 
 それまで左ばかりだったクロールの息継ぎで首を痛めてしまったために、片手=左、両手=右にしたところ、両手クロールがとても泳ぎにくくなったという話のその後。
 
 あれこれ試行錯誤しているうち、要するにこれは私だけの問題かも知れない、ということに気がつきます。 それは例の左右アンバランス。
 左手が細い、肩幅が狭い、ということは単純に体の左右の体積も違うということ。 だから右で息継ぎをしようとすると浮力が足らずに沈み込む、というわけです。
 
 なるほどな〜。 面倒やなぁ>身体障害
 
 でも、片腕がない人が片手クロールをするときは腕がない分もっと浮力が少ないわけで、一応両腕がくっついている身としては言い訳にはなりません。
 
 とにかく、左腕に筋肉がついて太くならない限り、左で息継ぎをするときよりは沈みがちになるのは仕方がないとします。 その分、腰の回転はしっかりと行うとしても、右だけ意識するとリズムが崩れるので左とのバランスに気をつけます。
 沈まないように、と焦ると右腕のかきが中途半端になって余計に顔が上がらないので、意識して右腕をかききるように、大きく使うと若干でも顔が上がっている時間を稼ぐことができます。
 
 不思議なもので、左に顔を上げると楽々捻り見ることができる斜め後方が、右だと首が固まっているのかうまく行きませんでした。
 ということでこれは「イ」の字を左右反転させて、肩のラインが斜めになる位を意識して左手をできる限り前に延ばしきると改善することができました。
 この「イ」を意識することで、今ひとつ落ち着いてクロールの息継ぎができない人も楽になるかも知れません。
 
 てな工夫で一応右息継ぎに切り替えた両手クロールは不安無くできるようになりました。
 ただ、速度は左で息をしていた頃に比べると遅くなっています。 これは左腕の腕力のなさかなぁ...
 時々ふと現れて、延々と平泳ぎを数百メートル休憩無しで泳いでさっさと帰る女性がいるのですが、たまたま彼女が横のコースで泳いでいて、それよりも私の右息クロールが遅いのにはげっそりします。
 
 また本読み直して出直すかぁ...

| | コメント (0)

ついにバッテリー昇天

 先日来より娘が、前髪切りたい、と「ヘアサロン行きたい攻撃」開始。
 いや、今月も苦しいのだよ、と言ってるんだけど、せめてそれくらいは娘の役に立ってやりたいので、やりくりして本日行動。
 
 電話で予約し、ガレージに下りてW202の解錠をしようとリモコンキーを押す。
 あれ? 全く反応無し。
 時々赤外線の都合でそういうこともあるので、さらに車に近づいて受光部のところで再挑戦するもうんともすんとも言いません。
 
 バッテリーが弱っている兆候があるというのは既に書いておりますが、あれからサンルーフの途中停止も無くなり、なんとなくそのままになっておったわけですが、リモコンキーに組み込まれているメカニカルキーで解錠するも、室内灯すら点灯しません。
 
 チ〜ン...
 
 せめて月末まで生きていて欲しかった。
 
 取り敢えずヘアサロンに行かなくてはならないので、MIATAのキーを取りに部屋に戻る。 同居人が理由を訊くが、面倒なので「忘れ物」と返答。
 ということで、思わず娘と二人オープンで(常時トノカバーだもんね〜。幌なんか出すの面倒だし、出しても多分縮んでて延ばすの大変だしぃ)出発。 小さい頃、保育園の迎え等で何度か乗せたことはあるんだけど、もう覚えてないそうです。
 
 娘「学校の同級生に見られたら人生終わりや!」
 私「ほならこのWAYFARER貸したろか」
 「さらに終わりや」
 とか言いながら、取り敢えず出発。
 
 娘「こういうのな」
 私「うん」
 「映画で外国の道走ってるの見るとかっこええけどな」
 「うん」
 「実際に、この辺の道走ってると...」
 「走ってると?」
 「イタい」
 「...まぁな」
 
 寒さについてはヒーター全開とシートヒーター(そうなのですよ、私のMIATAにはホンダ輸出用のシートヒーターが組み込んであるのですよ)で満足したようですが、まぁ、既に自らオープンカーの切なさについては自覚しておりますので、特に落ち込むこともありません。
 
 実はMIATAの車検を取ったことは同居人には一言も言っておらず、できればこのままずっととぼけていたかったのですが、先日彼女がゴミ出しに下りてきたときに目撃されてしまいました。 しかしその件についてはお互い一言も喋らず。 あ、うちの同居人、MIATAのこと嫌いです。 深刻な金欠になるといつも処分しろとわめき倒します。
 
 で、娘と二人のときに「こないだ見つかってさ〜」と笑い話にしていたのを覚えていたのか、娘、家に帰ってから同居人には車のことは一切喋らず。
 偉い! 見直したぞ。
 
 さて、戯言はそれくらいにして、C200のバッテリー代をなんとかせねば。

| | コメント (0)

キズパワーパッドのその後

Repaired_skin

 火傷をしてから十日、キズパワーパッドを貼ってから八日。 こんな感じになりました。
 
 六日目にキズパワーパッドをはがすと、表皮がはがれた部分一面に薄い透明の膜が張っておりました。 これまで傷の周囲から徐々に薄皮ができるのに慣れているので、ちょっと新鮮です。
 
 ただ、この再生したばかりの表皮はかなり薄かったので、不注意で傷つけないように通常のバンドエイドを貼って保護。 この時の新しく再生した部分の色は赤く、明らかに周囲と比べて目立ちます。 ただし周囲との段差は全くありません。
 完全治癒のタイミングは、浸出液が止まってゲル化面積の拡大も止まり、さらにそのゲル成分がキズパワーパッドにしみこんで拡がるに従い、元の傷口が透けて見えた頃と判断しても良さそうです。
 
 それでも、さすがにそんなに綺麗に直すのは無理か、ケロイドにならなかっただけましかな、と思って、昨夜から保護のバンドエイドも外しました。
 んで、今朝起きてみたら赤みが治癒部分周囲から落ち着いてきているのに気付きました。 今の状態はぱっと見、虫にかまれて赤くなってるのかな、程度です。
 このままさらに時間が経つと、完全に元通りとはいわなくても、そこそこまで戻るんじゃないかと期待を持たせてくれます。 さすが「最先端(といっても2004年)医療」。
 
 この火傷のお陰で水泳には一週間ほど行けずじまいで、悲しいことにたった一週間の運動不足なのに、昨夜は久々にふくらはぎのこむら返りで目が覚めました。 水泳を始めてこの方ずっと影を潜めていたのに...
 あと、首の周辺も微妙に痛くなってたりして。
 運動してなければこんな感じが当たり前なんでしょうね。

| | コメント (3)

痛快、仕分け人

 来年度の予算に関する事業仕分けが新政権によって進められています。

 詳細は別にして、一言で感想を言うなら「痛快」。

 例えば子供未来財団というのは100億円を配布するために50億円の運用費が必要なんだとか。 もちろんその大半は厚労省からの天下りトップへの人件費です(1600万円もの給料を貰ってみたいもんだ)。
 これに限らず、今回の仕分けによって廃止や見直しを受けた予算の恩恵を受けている国民や企業にしてみれば「ひどい」という感想が出てくるでしょうし、そこだけ取材して報道すれば新政権のやりかたがいかに強引かという風にも見えますが、国民が一万円貰うために数十倍の無駄遣いが行われている事実を改めて認識し、それでも本当にそのお金が必要であれば、無駄な基金や財団をパスして真水を配れば良いのは明確な理論だと思います。

 仕分け作業も二日目を迎えて、どうやら見えてきたのはマニフェストによって冗長になるプランや、自民党が政権末期に集票目的で急増されたものにより厳しく対応しているのが見えてきますが、まぁ、それも政権交代後の姿として当たり前かと。

 何より、今更になってはっきりしたのが、国の医療補助体制が日本医師会の言いなりになっていたことです。 医師会については私が子供の頃から批判がありましたが、それでもこの団体は全ての医師の利益を代表していると思っていました。
 ところが彼らは開業医中心の団体であって、いわゆる激務が理由で特に地方で深刻になっている病院勤務医の不在化には大して力になっていなかったようです。
 勤務医の現状についての報道が相次ぐ中、私の知っている医師(全て開業医)は、一千万単位の車を複数所有し、さらに地方のサーキットにはヴィンテージレースカーを収め、イベントの度にメカニックをを雇って全国の催し場に運ばせて本人は現地で運転するだけ、というような優雅な車趣味ライフを送っているような人ばかりです。

 この姿と勤務医の修羅場が結びつかなかったのが、今回の政権交代で明らかになっただけでも私にとっては利益がありました。
 今になって日医は大慌てをしているようですが、貧乏人の感情としては、ざまぁ見ろと言ってしまいます。

 もちろん、仮に今後開業医の優遇廃止や診療報酬の見直しが行われれば開業に要した設備投資費用が回収できずに行き詰まる医師もいるでしょうし、それはそれで良いことだとは思いませんが、とにもかくにも政権交代や今回の仕分けで勤務医の待遇が大幅に改善されることを最優先にして貰いたいと思います。

 ところで宮内庁予算の仕分けは行われたんでしょうかね... いや20周年のときに書くべきことじゃないか...

| | コメント (1)

自宅で簡単ピザ作り

 先日、近所のスーパーで「フライパンで焼くだけピザ生地ミックス」という粉もんを発見したので早速挑戦。
 
 確かピザ生地って発酵が必要だったはずなのに、これは水とオリーブオイルで混ぜ、そこから四分ほどボウルの中でコネコネ。 さらにラップにくるんで冷蔵庫で十分ほど寝かせるだけ、とあります。
 このコネコネは多分しっかりやったほうがいいだろう、と床にボウルを置いて真剣に力を入れ、時々ボウルに叩き付けるようにしてみたり。(以前、ピザをウリにした喫茶店でバイトをしていた友人がそうしていた)
 
 袋にはクリスピータイプと書いてあるものの、こんなんでカラっとした生地ができるんだろうか。 ベチョっとしてしまうんじゃないの?と思ったら。
 意外や意外、ちゃんと粘りというかコシもあって、カリッと焼き上がりました。
 
 オーブン(うちはオーブントースター)でもフライパンでも焼け、私としてはフライパン上で広げ、三分ほど弱火で焼き、その後トッピングを乗せてオーブンで210度×10分程度焼くのが最もカリッと焼けるのを確認しました。
 あと、結構力を入れないとフライパン( or オーブンの天板上)で薄く拡がりません。 ここでお好み焼きみたいに厚くなってしまうと恐らくカリッとならないような気がします。
 
 トッピングは、サラミ+ピーマン+トマトと、コーン+ツナマヨの(生意気にも)ハーフ&ハーフ!
 いや、結構味も行けました。 次回はバジルソースベースでやってみっか。 シンプルなマルゲリータにしてもいいかも。
 
 焼く前はちょっと小さくて一人前には頼りないなと思ってたら、さすが焼きモノ。 できあがると結構ふっくらします。 その為もあって、できるだけ生地の中央部は薄く延ばした方がいいとおもいます。
 
 サラミは結構高いし、ピザソース、チーズ、ピーマン、スイートコーン、ツナ缶などを買いそろえたら、宅配よりは安いものの、スーパーで売っている300円弱の冷蔵ピザに比べたら倍ほどの金額になりました。
 好きにアレンジできるし、ボリュームも盛り込めるからいいんですけど。

| | コメント (5)

喉から黒いかさぶたがでるか?(10)

 禁煙計画開始六週間、完全禁煙後五週間。 丁度禁煙外来コース十二週間の半分を過ぎました。
 で、書くことがないほど順調。
 
 強いて言うなら、ここしばらく頼りにしていたのど飴が品切れになってしまい、ちょっと不安だったのですが、それも少し慣れてきました。
 あれからまた夢で一本吸いましたので、夢の中喫煙累計三本に。
 
 あと、寝起きがよくなったというか、よくなりすぎたというか、朝8時に起きればいい日でも6:30にぱっと目覚めたり、計算するとだいたい4時間半くらいで目が覚めてしまいます。 血行改善万歳というところでしょうか。
 ただ、それで一日爽快なら良いのですが、やはり何となく寝不足気味で、特に昼からの授業があるときには結構眠くなります。
 
 あ...もう書くことが無くなってしまった...

 (9)へ (11)へ

| | コメント (2)

イライラ^4

 あんまり大きな声では言えませんが、法人化した会社の税務申告期限が過ぎたのにまだ決算書が出来上がらず、ここ数週間ずっと焦っています。
 いやぁ、所得税の確定申告を長年こなしてきたから、なんて自信は法人税の前には非力でした。
 申告書の手引きも、所得税がいかにも一般人向けを意識した作りになっているのに対して、法人税は明らかに税理士や経験豊富な経理担当者向けの内容で、非常に難解です。
 
 そりゃみんな税理士を利用するはずだ、と納得もしつつ、しかし今更慌てて依頼してもさらに提出が伸びるので、このまま自分でやり抜くしかありません。 さらに、明らかに期首の時点で忘れていた申請があるのに気がつきまして、どのみち税務署の指導が入り、それがまた他の事業税などに影響し、最後には所得税に影響し、と考えると憂鬱です。
 また、来年も税金と国保料に追われる一年になりそうで、うんざりです。
 
 加えて、先週の木曜日だか金曜日に事務所のインターネット接続が突然停止。 事務所に私がいない間のことなので、一切いじっていないにもかかわらず。
 
 またルーターが過労で倒れたんだろうと読み、事務所に行くと案の定ルーターのPPPoEランプが消灯していました。 が、再接続しても内外から共に全く繋がらない。
 万策尽きて日曜日には@niftyとNTT西日本のサポートにも助力を頼んだものの、解決せず。
 
 通信カードを挿したtypeUを持参しましたが、Windowsであることと、従量も絡む二段定額通信料を考えると、光ネクストと同じようには使えません。 結果、法人申告書作りの調べ物ができない。
 
 あ〜、なんで繋がらんのや、と思ってあれこれ試行錯誤すると気がつくとタバコが欲しくなります。
 禁煙後一ヶ月以上経ち、思ったより不自由はないものの、実はこういうシチュエーションが怖かったので、これも一つのヤマか、とコーヒーとノンシュガーのフルーツキャンディで凌駕。
 
 最終的にはルーターのDNS設定を変更して接続は再開しましたが、本来何も変更していないのに不思議な事件でした。
 てなことで、それでなくてもイライラしているのに、このトラブルのお陰で三日間がパー。
 加えて自分の不注意で火傷をしたので、プールで運動もできず、タバコも吸えず、全てがストレスが溜まる方向に向かっているようで、本当にイライラしました。
 
 いや、高速道路での教育的指導を思えば決してツイていないわけでもないので、暗くならないように気をつけます。

| | コメント (0)

久々にルームミラーに赤い灯チカチカ

 少し前のこと、弔事があって久々に中国道に。
 今では車の流れは山陽道が主流なので、分岐後はかなり車の数が少なくなります。 その代わりこちらの時速制限は80km/h。 ということはクルーズコントロールのセットはプラスアルファでこれくらい、と思いつつ、久々の高速道路なので少し車(W202)に負荷をかけたくてさらに上の数字を。

 この速度ならオービスはまず大丈夫、と覆面だけに気をつけておりました。
 そんな中、とあるインターの直前で走行車線がペースダウン。 最後尾にシルバーの姫路ナンバークラウン。走行しているのは兵庫県下なので怪しい。
 当然追い抜きつつ室内を観察するも、げげっ最近の車って側突対応のせいでウエストラインが高い!! さらに純正合法とはいえプライバシーガラスで室内が見えない。

 取り敢えず、前席に二人の男性。怪しいったりゃあ〜りませんか。 しかし両車線の速度差があったので、詳細が見えない。
 既にその時点ではクルーズコントロールをオフにしてこちらは減速。 が、追尾にかからない。
 「このインターで下りるのか?」
 と思いつつルームミラーで確認しようとしたけど、あいにくのカーブで視界から消えました。

 まぁ、大丈夫か、と再度クルーズコントロールをリジュームして元のスピードに戻していたら、コーナーの途中で後ろから赤灯満開で先ほどのクラウンがやってきました。
 どう考えても追尾された覚えはないけど、しかしイヤな予感がするので減速しながら走行車線へ。
 しかし相手はどうやら私の様子。

 いやぁ、これは一発免停やんか。 追尾したかどうかやり合っても良いけど、そうすると通夜に間に合わないし、何より死んだ本人に申し訳ない。 ついとらんなぁ、と免許証の入った財布を礼服の内ポケットから取り出し、後ろから歩み寄ってきた交機隊員に窓を明けました。

 「何キロ出してました?」
 「え〜、○○キロ(実際の速度より10km/h引き)」
 「ここの制限速度は?」
 「80です」

 あああ、懐かしくも忌まわしい会話の始まり。 さぁ、どうするべ、相手はいくらでボタン押したかいな、と思ってたら、
 「いや、○○キロは出てたでしょう(これが実にどんぴしゃり)。 追尾はできませんでしたが、とりあえず見過ごすことはできないので警告のために止めさせて頂きました」

 『うそっ! 警告だけ? ラッキー、クッキー、洗濯機〜♪』(古っ)

 その後、目的地を訊かれたので答えると、播但道ですね、あそこはオービスがありますよ、とさらなる御警告。
 そうですね、通夜や葬式の行き帰りに不思議な事故に遭うことがある、とよく家の年寄りが言っておりましたから、死んだ奴のことを考えて少し考えが散漫になっていたのかも知れません。 生まれてこの方、交機には感謝したことが無く、白バイには今でも中指を立て続けておりますが、この日ばかりは素直に反省。

 そこからすぐのS.A.で一旦休憩し、あぁ、彼らはもう勤務時間の終わりで、捕まえるのが面倒だったんだろう、と思って再度走り出したら次のインターでライトバンが止められていました。

 いやいや、ありがたやありがたや。

| | コメント (4)

最先端医療の市販化だとか

 先日、鶏肉と野菜のカレー炒めというのを調理中、左手親指の甲をフライパンサイドに「ジュッ」。 冷却が不足したのか見事に水ぶくれになりました。
 
 以前、新聞か何かで水ぶくれの中の水分は皮膚の再生や殺菌効果があるので、すぐに潰さない方が良い、と書いてあったのを思い出し、そっとしておいたのにもかかわらず翌日の夜に不注意からプスッ。 やっぱガーゼか何かでくるんでおくべきだった。
 
 ところが家中をさがしてもバンドエイドのたぐいは無し。やっと殺菌済みガーゼを探し当てて、傷口にはオロナインを塗ってテーピングで応急処置。
 翌朝、登校途中のコンビニでバンドエイドを買って張り直しましたが、それを見ていた他の非常勤連中が口々に、最近は新しいタイプのバンドエイドがあって、そっちのほうが傷口がきれいに治ると教えてくれました。
 
 別にきれいな体で嫁に行きたいとは思いませんが、両手を組むとよく見えるところだけに、きれいな体で棺に入りたい私としては帰りに近所のダイコクに直行。
 
 BAND-AID キズパワーパッド。
 科学的な詳細はこちらをご覧頂くとして、「最先端医療テクノロジーを一般家庭用に初めて応用」とあるだけに、これまでの絆創膏とはかなり違います。

Bandaid
 
 これまでは傷口を殺菌環境下でできるだけ速く乾燥させてかさふたを作り、あとは自然の治癒力に任せるというのに比べ、キズパワーパッドは傷口を完全に密封してキズから出る浸出液を閉じ込めて、言わばウェット環境下でより完全な皮膚の再生を計るという方針です。
 だから張り替えのタイミングも、頻繁にする必要はなく、化膿や細菌感染がなければ最長五日間貼りっぱなしでよいとか。 絆創膏ごときとはもう言えず、説明書を熟読しなくては張り方一つ分かりません。
 え?けがをした翌日には使用するな? そんなこと今更言われても...
 
 とりあえず手のひらで暖めたり、と指定方法通りに貼付、数時間するとなにやら人工皮膚のようです。 説明書通り、浸食液がゲル化されて白濁するのでなんとなく化膿しているんではないかと思いつつも、今朝一度張り替えてチェックしたら問題はありませんでした。
 ゲル化部分は浸食液の吸収と共に徐々に拡がってくるので、実際のキズは写真で白くなっているところの半分程度なのですが、さて効能書き通りきれいに治るのかどうか。
 
 防水性も従来のタイプとは比べものにならないとはいえ、取り敢えず今日のプールは休みました。 手のこの辺りって結構泳いでいるときに強い水流にさらされるので、もしテープがはがれたらと思うと、さすがに他人様の迷惑を考えざるを得ません。
 
 ゲル化した部分はちょっと不気味ですよ。 これに何か加えたら人とは言わないけど、人工皮膚の一枚もできそうな雰囲気です。
 当然価格的にも高いのですが、張り替え回数が少ないので結果としては同程度か安くつくのかも。

| | コメント (3)

喉から黒いかさぶたがでるか?(9)

 夢で吸いましょ〜♪
 
 禁煙計画開始五週間、完全喫煙後四週間となりました。
 相変わらず、禁断症状はほとんどありません。(今日、寝不足でへとへとになって家に帰ってきた途端に懐かしくなりましたが)
 
 この間、二度ほど吸っている夢を見たことがあり、頭の中にはまだ喫煙経験が深く記憶されていることを再認識しました。 感想はと言うと、夢でも罪悪感や後悔も大したもので、良いクスリになったかも知れません。
 
 薬と言えばチャンピックス、二週間に一度の3,530円が少々もったいなくも思え、前回の診察時に「規定の十二週間を待たずに止めても良いか」と医師に訊いてみました。
 医師の立場で止めても良いとは言えないでしょうが、今大した禁断症状もなく、タバコへの渇望感もないのは薬のお陰なので、今止めてまた吸い出す無駄を考えると、面倒でも続けた方が良いのでは、という答。
 野暮な質問だったか、とは思いつつ、仮に途中で禁煙に失敗した場合、次回に保険適用になるためには一年空けなくてはならない仕組みになっていますから、セコい考えを起こして本末転倒になるくらいなら淡々とスケジュールをこなした方が良いと思い直しました。
 
 私に禁煙外来を勧めてくれた友人は、飲み屋などで他人の煙が恋しかった、と言ってたのに対し、私はどちらかというと臭さを感じるようになりました。 もしこれもチャンピックスの影響ならこれはこれで大したものかと。
 説明書を見ると、脳のニコチン受容体にチャンピックスが結合し、ニコチンブロックする仕組みのイラストがありますので、「紫煙」を単なる「煙」として認識するようになったのかも知れません。
 ただし、これは先日の季節外れの蚊との死闘で少し逆戻りしたようです。 せっかくタバコ臭くなった部屋が蚊取り線香臭くて...
 
 題名のかさぶたは全く出ません。 というか、本当に痰が出ないんですよね。 朝一の痰は呼吸器のゴミ出しに重要だと言われてますからそれはそれで困るのですが。
 
 毛髪に関しては「気のせいか」頭頂部のヘロヘロだった髪に少し元気が出てきたような。 いや、どうかな?

 (8)へ (10)へ

| | コメント (2)

ヒゲぴよ+ベネトン

Higepiyo
 コラボがどうのという話ではございません。
 一ヶ月ほど前から欲しかった服を買って、組み合わせたらこうなったという写真です。
 
 元はと言えば、娘とヨドバシ梅田内のコムサストアをうろついているとき、偶然発見したのがこのヒゲぴよTシャツ。 あまりのぶさいくさに心を奪われ、NHKのアニメのキャラクターだというのを知ったのはしばらく後でした。
 いつか欲しいなぁ、と思いつつ、たまたま知り合いへのおふざけ誕生日プレゼントを買うときに同時に自分のも調達しました。 ブランドは"dgs(デリシャスグラフィックストア)"。
 在庫の関係で、私の白の他には、プレゼント用に黒字の同じデザインと、白地で別の体全体が後ろにプリントされているタイプの三枚を調達。
 
 が、これが半袖。 下に長袖を着れば良いとは思いつつ、その時思い出したのが三宮のベネトンのショーウインドウにディスプレイされていたカーディガン。
 写真では少し黒っぽいのですが、実は濃いめのグリーン。 この模様でメンズはV襟が多く、丸首は良いなぁ、と思っていました。 んで、先日学校の帰りにXLはないか?と店に寄ったらLが最大と言うこと。 レディス故の胸のリセス(ダーツっていうのかな?)がないことも確認。
 そのとき着ていたボタンダウンの上から羽織って店員さんに見栄えを訪ねると、下がボタンダウンならちょとキツい感じで、Tシャツならおかしくないでしょう、とのこと。 もう一回り大きいとなぁ、としばし悩んだ挙げ句、上記ヒゲぴよとの絡みもあって思い切って買いました。
 この二枚、久々のユニクロ以外での買い物だったので、少し価格に驚きました(て言っても知れてるけど)。 

 家に帰って早速着てみると、確かに下が薄いとジャストサイズというところ。 ただ、水泳で厚くなった胸板と対照的にウエスト部分が細く見えて、ちょっと松尾伴内っぽくもある。 で、急遽ユニクロに走ってネオレザーのベストを週末価格でゲット。 このセンスはちょっと前に藤井リナが出ていた「ひみつの嵐ちゃん」という番組から頂きました。
 
 襟付きシャツと組み合わせられないとなると、この先寒くなったら首元がスースーですから、その時はマフラーか、これまたユニクロのハイネックTとでも組み合わせることにします。
 
 で、家で着てみて初めて気がついたこと。
 「前合わせが逆!」
 当たり前なんだけど、最近ユニセックスものが多いのでうっかりしていました。 まぁ、誰も気がつかないでしょう。
 
 え?結果? 変質者っぽくカーディガンの前ボタンを外して「ほりゃ〜」っとヒゲぴよ見せたら学生にも誕生日会でも大受けでした。 いや、それだけのために今月の小遣い使い果たしたという...

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »