« 我が町のトマソン | トップページ | 佐々木希考 »

青山博一、凄い!

 いや〜、昨日のマレーシアGP、凄かったですね。
 実はmotoGPでロッシがワールドチャンピオンを決めてもいるんですが、250ccの結果に血が騒ぐのはさすがに日本人としての思いの差かも知れません。
 
 いつもなら125ccはパス、250ccは飛ばし見、motoGPのみ最初から最後まで見るというパターンですが、今回は250ccもしっかり見ました。
 
 開発が終わったマシンとは言いながら、最近はめっきり速さが衰え、復活著しいシモンチェリに煽られ、あとは得点計算だけの地味な優勝、言い換えれば「シモンチェリが年間通して好調だったらあり得なかったよね」なんて、まるで王が休場したときの田淵のホームラン王(例えが古い)みたいな陰口を叩かれそうな雲行きになってました。
 
 ところが今回は序盤で四位に落ちても、シモンチェリに最終コーナーではじき出されても、中盤で一旦離されかけても前へ前へ出できたのが凄かった。 まさしくアグレッシブ。
 特にラスト9周から7周の間のシモンチェリとのコーナーごとのせめぎ合いはまさに手に汗、これぞレース、競争競技の神髄でした。
 これで仮にチャンピオンになれても誰も「F1のA.プロストみたい」なんて陰口を叩くことはないでしょう。

 思うに、開発が終わったとは言いながら、ここまで青山の成績が来たのでホンダは影でかなり力を貸しているのではないでしょうか。 でないといくらセッティングとライディングのセンスが良くても世界のトップで君臨できるはずもないからです。
 実際、チームメイトのデ・ローザはメカトラブルでリタイアしていますし、予算難の中で彼にはホンダの力添えがあるとは思えませんから、恐らく本来なら青山もこの程度のマシンであるはずです。
 青山が一位でフィニッシュした時に写ったピットレーンの映像にいかにもホンダの技術者らしい若者がその証拠かと。 いえ、スコットレーシングに日本人クルーがいないとは限りませんが...
 まぁ、事実はともかく、motoGPでペドロサがスタートのみしか精彩を放てない中では、250ccでもホンダのオフィシャルサイトでこういうコーナーがある以上、表でも影でも良いですから最後の強力なサポートを期待する限りです。
 
 ところで、実況の寺島という男、我が道を行く喋りで、自分がこれをここまで喋ると決めたら、パッシングシーンだろうが、解説の上田が口を開こうが絶対に最後まで喋り通しますね。 滑舌が良いからいいものの、なかなか強気なアナウンサーです。
 
 さぁ、最後のバレンシア、とにかくリタイアせずに確実にチャンピオンをモノにしてもらいたいと、そうはいかんだろうとも思いつつ、結構はらはらしてます。
 
 ロッシもおめでとう! 雨の延長でチャンピオン決定のパフォーマンスは録画されてなかったけど、ライブでちゃんと見ましたよ。 来年はストーナーとロレンソに挟まれて大変だろうけど、また頑張ってね。
 
 そういえばF1でも誰かがチャンピオンになったんだよなぁ... 二輪に比べたら印象が薄い。
 道端ジェシカも喜んだでしょうね。 以前からバトンを贔屓していた山田優は同じモデルとして心境や如何に...

|

« 我が町のトマソン | トップページ | 佐々木希考 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

お〜、結構二輪にも詳しいんだ。
スコットレーシングの日本人、私が見たのは結構若かったような。 30歳前後?

F1ねぇ、一応全戦チェックはしましたが、二輪の250ccのようについつい早回しに。
ブラウンのシャーシについては皮肉な限りですが、さてあれにホンダエンジンを搭載していたらどうなったか、というのは以前学校のF1好きの非常勤と話し合った話題です。
急遽搭載したメルセデスのエンジンであれだから、当初からマッチングを考慮されていたホンダだったらもっと行けたでしょうとか、あれこれ。

う〜ん、単に追い越しが無いのがつまらないってことだと思うんですよ、私的に。 だからWRCもCATVで見られるにもかかわらず、いつのまにか見なくなったんだと思います。
何せ後先考えずにとにかく前車を抜きまくったN.マンセル好きなオヤジなもんで。

投稿: あやおば | 2009年10月27日 (火) 01時31分

世間一般ではmotoGPより、F1のほうが認知度は圧倒的に上だと思いますよ。
ただ、単におばたさんの興味があるか無いかの問題だと思います(笑)

原田哲也がチャンピオンを取った後に言ってましたが、チャンピオン取ってもヤマハはジュピロのほうが上って言ってまし、悲しいかな二輪の状況は今でもさして変わらないでしょう。

今年のF1は、今まで以上にバトルはありましたし、思いもよらないチームの躍進のおかげで、今年はとんでもないレースが多かったので、結構面白かったですよ。
他にブラウンGPのマシンが元々SA09だった事とか、いろいろ裏の部分でも興味が持てました。
08年を捨てて09年に向けて、ホンダとスーパーアグリのスタッフが栃木で開発していたシャーシが結実した訳ですからね。

あ、それからスコットレーシングのチーフメカは日本人ですよ。(平野さん)
ただ、若くはありませんので、テレビの人とは違うかも・・・

投稿: いんて | 2009年10月27日 (火) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が町のトマソン | トップページ | 佐々木希考 »