« 喉から黒いかさぶたがでるか?(8) | トップページ | 燻し出された »

城島への懸念

 えっと、こないだの新聞社対抗野球大会はどっちが勝ったんでしたっけ...

 負け惜しみはさておき、城島が来るんですねぇ。 はっきり言って私はイヤだ。
 理由は彼のプレースタイルに若菜が重なるから。

 マリナーズでのプレーを見てもわかるように、要するにオーバーアクションなんです。阪神にいた頃の若菜そっくり。 移籍時の報道に使われていた映像でも、盗塁を刺すための二塁へ送球フォーム、その結果を見ずに自信満々でベンチに引き上げる姿など、強くて格好良いと思う人もいるかも知れませんが、私はあまりに若菜譲りの「目立チン(大阪弁で目立ちたがり屋のこと)」ぶりにげんなりしました。
 あれが阪神に来るのかぁ、加えて試合中継の間、殆どの時間を画面中心で見せられるのかぁ、と。

 町中でのファンへのインタビューなどでは現状の大砲不足(いや、いるいにはいるんだけど、火を噴かない大砲が)解決に比較的好意的なものが多かったようです。
 でも真弓と一緒に若菜が阪神に来たときの阪神戦を覚えているものとして、そしてダイエー時代に城島を育てたのが彼で、そして涙ぐましいほど彼のスタイルを踏襲している城島を見ると、古いファンは苦言を呈さないのかな、と思います。

 当時の若菜への解説者のコメントは、キャッチャーボックス内で動きすぎてピッチャーの気が散る、そんなアクション考えてるからパスボールするんだ、とか結構さんざんだったのを覚えています。
 まぁ、永久Bクラス時代のことですから、誰に対しても批判的だった阪神暗黒時代だったとはいえ、試合に負けると「みんなお前が悪いんじゃぁ!若菜!」というヤジがどれだけ甲子園とサンテレビを見ているファンの間に巻き起こったか。
 もちろん、この「若菜」の部分にはその前は「田淵」が入っていて、今では「新井」が入っていますから、憂さ晴らしのスケープゴートではあるんですが。

 現行阪神でのオーバーアクションは既に私は平野でうんざりしているんです。
 大してえぐられてもいないのにいちいちのけぞってバッターボックスから後ずさりするとか、そんなんするからピッチャーの球筋がぶれて見えるんじゃ、と。 解説者も「ああいのはむしろ審判への印象が悪くなって不利になるんですよ」と言ったりしています。
 我が家での彼の愛称は「チョロりん」(いつもチョロチョロしてるから)。

 城島は若菜ではありませんし、投打にめざましい活躍をしてくれれば文句も出ないでしょうけど...
 あぁ、でも狩野がやっと育ってきたのになぁ、来シーズンは中継見るのにストレス溜まりそう。

 以上、真弓監督が阪神叩き上げじゃないことを知らない時代の人にはどうでもいいようなお話でした。

|

« 喉から黒いかさぶたがでるか?(8) | トップページ | 燻し出された »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

>>個人の趣味は自由ですが

 これに尽きます。 多くを犠牲にしても趣味と感性のために生きているような人生ですから。

 これ以上前向きの新しいことに挑戦したら冗談抜きで破産です。 自制して今の状態ですから。

投稿: あやおば | 2009年11月15日 (日) 23時11分

なぜ先生は特定の競技に固執されるのですか?

私自身は運動全般に興味がないこともあり
気持ちがよくわかりません


高校時代も、体育系文系全体の部活動予算のうち
半分を特定の競技部が使用していたのには
生徒会で追求したものです
(昨今のように広報費と言われれば納得もしましたが)

また以前、一番人気のある団体が紳士協定を破って
まで特定の選手獲得に動いたことを知り
明らかに競技者がよく言うスポーツマンシップに
劣る行為であり、この競技は青少年育成に対して
害を及ぼす何者でもないと確信しました


近年やっとその認識も広がり、社会生活で話題に
なることも少なくなりました

また最近、若者がテレビと同様に見向きもしない
ことは痛快でもあります


できれば先生も、そのような年寄りの趣味に分け入る
ことなく、もっと前向きの新しいことに挑戦された
方が人間的ではないでしょうか?

もちろん個人の趣味は自由ですが ...

投稿: t2 | 2009年11月15日 (日) 17時10分

ほら、入団会見で「アニキ(金本)を見習って全試合出場」とか平気で言うでしょ。
別に矢野が引退したわけじゃなし、狩野のファンもいるわけで、この今で言う空気の読めなさが若菜そっくり。

投稿: あやおば | 2009年11月14日 (土) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喉から黒いかさぶたがでるか?(8) | トップページ | 燻し出された »