« それは違う>民主党 | トップページ | 喉から黒いかさぶたがでるか?(7) »

トノバンの自殺

 トノバンこと加藤和彦が自殺しましたね。
 マスコミでは帰ってきたヨッパライがメインで紹介されていましたが、私としてはサディスティックミカバンドだし、さらに最近ではGQ JAPANに連載されていた服装に関する連載コラムだったりで、どうもその辺りの彼の才能というか幅の広さまで語っていない記事が多くて残念です。

 ミカの後に結婚した安井かずみが死んだとき、我々一般人にも伝わるほど落ち込んでいたようで、その時、この人は繊細な人なんだろうなぁ、と感じたことがありました。
 ミカはクリス・トーマスに盗られ、安井かずみには先立たれ、詳しいことは知りませんがその後に結婚した舞踏家には離婚を突きつけられ、才能と引き替えに幸せな結婚生活には最後まで恵まれなかったんだとつくづく思いました。
 多分、多くのクリエイターとは逆に彼は非常に濃密な夫婦生活を夢見ていたのだろうとも想像できます。

 今でも思い出すのはミカバンド時代のロンドン公演のライブアルバムのジャケットで、ロングファーを着てロンドンの歩道を走ってくる彼の姿です。
 丁度パイレーツロックという映画が公開されることとなり、彼が生きていたら当時の音楽やファッションの蘊蓄が爆裂していたのではないかと思うと時の皮肉を感じます。

 私は一世代若い時代に生まれたおかげで、彼らが文章や映像、音楽や行動と次から次へともたらしてくれた多様な文化の影響を多大に受けました。
 木村カエラを迎えてミカバンドの再結成をしたり、相変わらず元気にやってるなぁ、と思ってたら、「やることがなくなった」と遺書に書いてあったそうですから、う〜ん、それは老いのせいなのか、愛なのか、なんなのか、単なる野次馬根性ではない興味があります。
 それまで教えてください、と言ったら甘え過ぎなんでしょうね、あの世代に。

 そんな刺激を受けた一人であるトノバンの冥福を心からお祈りします。

|

« それは違う>民主党 | トップページ | 喉から黒いかさぶたがでるか?(7) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

motoGPの記事の確認のためにテレビのスイッチを入れたらNHKで加藤和彦の追悼番組をやっていました。
いやぁ、“和幸"ってユニットが極最近あったんですね。
自殺直後の報道映像でいやに坂崎幸之助との演奏シーンが多いな、とは思っていたのですが、全然知らなかった。アンテナ錆びまくり。
トノバンをこうして映像で見ると、やはり背が高いこともあって、頭が薄くなってもダンディでオシャレですね。 ファッションとしても参考になりました。

11/1にフォークル一日限りの再結成映像がNHK BSで再放映されるそうです。

投稿: あやおば | 2009年10月26日 (月) 03時27分

>>多くの楽曲提供をされているので

 気になってwikiってみたら本当にたくさん作ってたんですねぇ。 達郎だと思い込んでいた曲もあったりして改めて驚きました。

投稿: あやおば | 2009年10月22日 (木) 01時58分

本当に惜しい人を亡くしました・・・

流石にザ・フォーク・クルセダーズ時代は幼すぎてラジオから流れてくるナツメロとでしか記憶にありませんし、サディスティック・ミカ・バンドの時代もまだ子供でしたからねぇ。

でも、その後の多くの楽曲提供をされているので、私の青春時代ドンピシャで聞いていた曲もたくさんあったので残念です。

投稿: いんて | 2009年10月20日 (火) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それは違う>民主党 | トップページ | 喉から黒いかさぶたがでるか?(7) »