« 喉から黒いかさぶたがでるか?(6) | トップページ | それは違う>民主党 »

ケント紙は7世紀から

 先日、学校でも「とある科学の超電磁砲」のネタを振ってみましたが、学生の反応は今ひとつ。 あぁ、かつての受け持ちクラスのようなノリが懐かしい...

 この話の中で「そうですわね」と白井黒子が生返事を繰り返すのを不審に感じた美坂が「十世紀に栄えた中国の王朝は?」と訊くやりとりがありました。
 「宋ですわね」

 こういうのが個人的に大好きで、以前学校で教員同士が「注文したケント紙がまだ来ない」という話をしているのを聞いて、授業中にこっそりwikiってネタ仕入れ。(暗記していないところが辛い)

 その後、偶然にもその話が私に振られたので、
 「ケント紙... 7世紀に始まってすぐに遣隋使に変わったんやね」

 一部で外野に抜けるクリーンヒット受け。

 「それ、遣唐使!」
 と、その教師が突っ込んでくれるから成り立つ会話であって、あぁ、あの頃の刺激的なノリの教室よ、もう一度...

|

« 喉から黒いかさぶたがでるか?(6) | トップページ | それは違う>民主党 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喉から黒いかさぶたがでるか?(6) | トップページ | それは違う>民主党 »