« ギョウセイの力 | トップページ | 喉から黒いかさぶたがでるか?(3) »

喉から黒いかさぶたがでるか?(2)

Champix これが噂のチャンピックス。 アノの薬と同じPhizer製。
 医者にしてみれば、仮に患者がタバコを止められなくても何の責任も発生せず、良い小遣い稼ぎかと見ました。
 呼気中の一酸化炭素濃度を測ったり、設問のポイントが5点以上でないと保険適用にならないとか一応仕切りはありますが、医師が適用を拒否することは実際には無いと思います。 とは言っても、どんな医者でも指導できるわけではなく、一応それなりの講習会なりを経ないと認可されないそうです。
 まぁ、馴染みの医者なら「チャンピックス出してよ」と言えば良いのかな? ダメかな?
 
 0.5mgを最初の三日は一錠ずつ。四日目から七日目は朝夕で計二錠。 ここまでは別にタバコを吸ってもかまいません。 このユルさがいい。
 八日目から1mgを朝夕で計二錠になります。 そしてここから完全禁煙開始。 最終的には12週間、1mg×2を服用し続けます。
 
 そんな長期?と思ったら、途中でまた吸い出す人もいるそうで、取り敢えず続けた方がよいということ。
 
 価格は診療が1,710円。投薬が1,820円の計3,530円(自己負担分:三割)。
 再診料がいくらになるか不明ながら、仮にこの価格のままだとして、薬は二週間でワンパックなので総計2万円足らずですから、そんなに高いわけでもない、というか保険適用様々。
 
 さて、今日で服用開始から六日目。
 相変わらず吸いたくはなりますから、単に服用していればタバコが嫌になるというのではなさそうです。 ただ、数時間の外出程度では苦にならなくなりますから、一定の効果はあるのかと。(まぁ、この程度なら学校への通勤や授業などで特に苦もなく我慢してますが)
 パッケージに「禁煙補助薬」とあるのはまさしくその通りかな、と。 つまりこれに依存していてはダメで、ある程度の精神力は必要ということでしょう。
 具体的には喫煙本数が10本/日、とこれまでの1/3〜1/2になりました。 
 
 副作用としては、飲用直後から30分くらいまでは結構眠くなります。 朝服用してそのまま車に乗って仕事という人は気をつけてください。 ただ、これも徐々に慣れてきたように思います。
 その他、どこかが痛くなったり、イライラしたりすることはなく、基本的にはdowner・安定系の薬のようです。
 
 ちなみに定められている検査である呼気中の一酸化炭素濃度は39ppmでした。
 見せてもらったチャートによると、この値ではヘビースモーカーとは言わないのだそうで、ちょうど中間値でした。 まぁ、これだけ吸えない場所が増えたらこんなものかも知れません。
 
 今のところ、禁煙ではなく減煙ですが、何か改善されたかというと、飯は以前から美味しかったし。
 気のせいレベルであれば、水泳が少し楽になったような... 寝起きが良くなったような... う〜ん、まだはっきりしません。 体重も、もともと太る傾向に陥る季節なのでよく分かりません。
 
 気晴らしというか、禁煙補助剤としては例ののど飴を愛用しています。
 ノンシュガーとは言え、一粒あたり11kcalありますけど、まぁそれは仕方ないでしょう。 でもこれ手に入りにくいですから、チャンピックスする方は自分なりの頼れる補助剤を探すことも重要なことかも知れません。
 
 てなことで、次回は100%禁煙が始まる水曜日以降に...

 (1)へ (3)へ

|

« ギョウセイの力 | トップページ | 喉から黒いかさぶたがでるか?(3) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギョウセイの力 | トップページ | 喉から黒いかさぶたがでるか?(3) »