« 巨大ラバー・ダッキー | トップページ | 少女コミックはもはや哲学 »

日本航空=旧国鉄

 JALの再建問題が取りざたされています。
 正確な数字や詳しい分析は明晰な走ルンですさんのblogをご覧頂くとして、私の視点で感じるのは、まるで旧国鉄だな、という感想です。
 JALは既に民営化されているとは言え、元はと言えば栄光のナショナルフラッグキャリア。半官半民の時代が長く、その結果、赤字路線から撤退しようとしては地方自治体と自民党政治屋による横やりで泣く泣く継続せざるを得ない事情がありました。 これって赤字体制に突入していった旧国鉄と丸っきり同じです。
 加えて全国に地方新空港が箱もの政治の典型例として建設され続けているのは、むしろ過去の負債との戦いだった旧国鉄とは違う事情があります。

 にもかかわらず、神戸空港を持つ神戸市長が昨日もJALに厚かましく存続の陳情に行くなど、その赤字がやがては国民の税金と貯蓄で補われることを気にもしていない様子です。 逆に神戸空港がかつての神戸株式会社時代のように大黒字を出していたとしたら、その利益は広く国民に還元されていたでしょうか? あり得ません。
 採算が取れていれば誰も撤退しないわけですから、神戸空港に限らず撤退案が出ること自体、少なくとも現時点でニーズがないという証左な訳で、計画時の損益分析が最初から強引な嘘であったと言えます。

 前川国土交通大臣はJALを潰してなくすようなことはしない、と言ってますから、今回JALが再建策として出した不採算路線からの撤退は後押しさえすれ、妨げるようなことなしないでしょう。 しかし、そうするとまた地方自治体の知事連中がピーチクパーチク言うのが目に見えます。
 しかし、不採算地方空港の設立と維持費用の大半は全国の割高な空港使用料で賄われますから、国と国民がこれまで地方空港に全く無頓着だったわけではありません。 にもかかわらず、さらに赤字路線と赤字空港の維持を国に迫るのは、もう時代の流れとしてただのわがままと批判されても仕方ないでしょう。
 
 この話は一応都市部の端くれである関西空港でも同じです。 今回のJAL路線縮小についての橋下のコメントは私は知りませんが、それまでにも採算が見込める伊丹-成田を廃止してまで関空-成田を充実させろ、と主張しています。
 関空の割高な空港使用料の一部は地方空港の維持に回されていますから、橋下は国にかみつくだけではなく、むしろ採算が取れない地方空港は廃止して使用料を減額させろ、と地方自治体同志との戦に出る必要があるとも言えます。
 
 明治以来の鉄道に加え、昭和の高速道路、そして平成の空港と、全ての自治体が全てを求めて当たり前だったことが、大型ダムと同じく潰えた夢であることを関係者は認識しなくてはならない時代になりました。
 凋落著しいとはいえ、それら全て三つが揃っている大阪に住んでいてこれを言うのは少々気が引けますが、地方の衰退は140年前から始まっているというのが持論である以上、高度どころか現状維持経済すら望めなくなった日本に全てがwin-winのシステムはあり得ません。
 
 もちろん路線縮小だけがJALの救済策ではありません。
 かつてやっと国際線認可が下りたANAに対して「チャーターや台湾じゃなく、北米と欧州路線を持って初めて国際線というんだ」と見下したコメントを出し、それを誇りとしてきた高額年金を当たり前としているOBの意識改革も必須です。
 この点だけはJALほどの天狗なプライドを持ち得なかった旧国鉄職員は、あっさり一般と統合された年金(恩給)処置に対して抵抗する間もなかったのとは大きな違いです。 それでもうちの母は「国鉄は給料は安いが恩給があるから我慢できる」とそれのみを楽しみにしていましたから、ショックは少なくありませんでした。
 
 最終的には、そんな栄光のJALを忘れられないOBに対して「一定の減額か大減額か」の最終選択を迫る、一種恫喝めいた決断を迫れるかどうかにかかっているのかも知れません。
 さて、それをやるのは誰か。
 民主党がそれをやったら、谷垣選出によって改めて派閥体制を引きずることを是とした自民党が「日本を支えてきた労働者を使い捨てにした」と近視眼的な論陣を張るのでしょうか。
 どちらにせよ、国民が夢を持てない今、一部の会社OB、政治屋、地方財界のみがあり得もしない夢を見続けることが許されないことを認識して欲しいと思います。

|

« 巨大ラバー・ダッキー | トップページ | 少女コミックはもはや哲学 »

社会問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 知り合いと同時にあそこにピックアップされるってのは珍しいですね。 確かにトラバを閉じてから久々に削除作業をする羽目にはなりましたが

 前原は時期トップを目指して一種のみそぎをしているんだと思います。 偽Mail事件で墜ちた彼のイメージを困難な仕事をやり遂げることで内外からの信用を復活させるという。
 きつい賭ではありますが、もともと論客としては有能な人物ですから、乗り越えることができれば逆に補って余りある信用復活になると思います。

>>関空を普天間の代替基地として米軍に浮かんでいる間だけ差し出して

 これ、凄いアイデアですね。考えたこともありませんでした。 軍用機やヘリが洋上空港でどれだけ騒音を減衰できるか興味があります。
 北九州空港のように既に行き詰まっている洋上空港の場合には一つの解決策かもしれません。
 まぁ、どこにせよ米兵がぞろぞろ上陸してくるってのは大問題になるでしょうが、いつまでもそれを沖縄に押しつけ続けるわけにもいかないでしょうね。

投稿: あやおば | 2009年10月 4日 (日) 02時22分

こちらの記事と私の所の記事がココログニュースに載ってましたわ。 アクセス数が増えると妙なのが貼り付くから困ったものですが…
JALの件は民主のマニフェストには載ってないので、前原さんも縛られないで対応できるけど、その代わり何やっても責任は彼にかかってしまう。 
あの人も貧乏クジ引かされてこき使われてますね。 
臨時国会も開かんと外遊にしか精出さない首相を含めて他の大臣の数倍は働いているような?
JALに関しては、下手に公金投入で救おうとしても現状では難しいでしょう。 
今までに押しつけられた地方路線を人質にされている以上、国交省の取れる策はそう多くないですし。
一回潰しちゃって、新会社として仕切り直した方が金がかからないと思いますが、前原さんの選択肢には入って無さそうなのが気になります。
こんな荒療治は民主政権のうちでないと出来ないのに。
空港の過剰さは一流県の証の空港を欲しがった地方と、国際的に総滑走路長数増大を約束させられた国交省の思惑が有っちゃったのが発端ですんで、路線が無ければ安易に廃港にしちゃえばいいと言えないのが辛い所です。  
まさか米軍基地を招致する訳にも行かないでしょうし。
関西に関して言えば、伊丹をどうするか?をまず決めないと話は進まないでしょうね。
伊丹を今更拡張して羽田と張り合う位の事をやるか?と言うのも無理な話しですから、結局他の空港と連携しないとなりませんし。
どうせなら、関空を普天間の代替基地として米軍に浮かんでいる間だけ差し出して、沈んだら後は知らないってのが後腐れなくて良さそうですが、大阪人は許してくれないでしょうね。

投稿: フックランナー | 2009年10月 2日 (金) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 巨大ラバー・ダッキー | トップページ | 少女コミックはもはや哲学 »