« 文藝春秋、読前感想文 | トップページ | やっぱり調子の悪い今年のアニメ »

回線速度あれこれ

 事務所の回線をNTT光ネクストにしてからの問題はすべて解決し、ほっとしています。
 毎度ながら、インフラの変更は何か起こるだろうなぁ、と覚悟しつつ、やっぱり問題が起きて、今回こそは自力で解決できないんじゃないか、と思いつつ、しかし何とかなります。
 このパターンが続く限りは何とかこの世界で生きてゆけるのかもしれません。
 
※この光ネクスト、私の場合は光電話とセットにしたのでルータータイプの統合ユニットが来ましたが、ネット接続だけで契約すると単なる回線終端装置(ONU)がレンタルされるようです。セッティングはこちらの方が絶対に楽かと思います。
 
 さて、落ち着いたところで回線速度についてちょっと触れておきます。
 尚、私の回線速度測定はいつもこちらで行っております。
 NTT西のフレッツサイトにある計測ツールではルーターバイパスで90Mbpsほど出ましたが、どうも実効的な数字じゃないような気がします。
 
 さて、以前にも書いたとおり、
         下り  上り
  ADSL    13.5Mbps 2.5Mbps
  光ネクスト  25Mbps 25Mbps
  
 比較として自宅のマンションタイプVDSLだと、
         16Mbps 14Mbps
 (回線は全てNTT西日本)
 
 ADSLはもともと下り重視ですから、事務所の上りが10倍というのは当たり前として、同じ光でもVDSLだと下りはADSLと同程度であることで、やはり光配線が机の前にまで来ている差は近年にしては驚くくらいの改善結果です。
 また、学校の8IP法人契約光回線(これもNTT西)と同じかそれを凌ぐ速度でもあります。
 
 とはいえ、常にHD動画を見るような使い方をしない身にとっては、下りはもう10Mbps台が出たADSLで十分という気もします。 ただ、サーバーがある事務所の場合は上りが重要となるため、ずっと自宅の方が上りが速いというジレンマが解消されましたから、業務用はもちろん、いわゆる自宅サーバーを構築している人にも恩恵は大であることは間違いありません。
 ファイルのコピーはもちろん、リモートのあの「たらっ」とした描画と反応が改善されたのが最もうれしい改善点です。
 
 ちなみに、上記ADSLの値が結構良いのは、事務所とNTT収容局の距離が近いからで、もっとこの局に近い自宅がADSLだったときには下りで15Mbpsくらい出ていました。 ADSLの回線品質が距離によって減衰するのをまさに身をもって体験しています。
 逆にこれが災いして自宅マンションでは住民がなかなか光回線にシフトしてくれないんですよね(あと数人増えれば基本料金が下がる)。 確かに普通にネットするくらいなら下り15Mbpsあれば十分ですから仕方ありません。
 ただ、自宅の場合、ADSLによく起こった電話着信でネット接続が一旦切れるという症状に見舞われたので、私が管理組合長だったときに積極的に動いてBフレッツを導入したといういきさつがあります。
 
 あ、思い出した。
 その後、今年になって自宅マンションにauの光回線も入りました。
 私がBフレッツを導入したときのNTT担当者の話では、複数の回線をVDSL(引き込み端末から各戸への電話線)に混在させると速度が低下すると言われていたので、あまりいい気持ちはしません。 ただ、これはNTT側の他回線導入対策の口上である可能性もあり、技術的に本当にそうなのかまでは確かめておりません。
 
 ま〜、今更昔は300bpsだったね、なんて話をしても仕方がないですけど、1GBに及ぶATOKを自宅から十分弱でダウンロード購入するなんてことになりましたねぇ、いよいよ。
 他発言に絡む話になりますが、CDどころかDVD丸ごと無圧縮でそのままダウンロード購入できるインフラは整いつつあると言うことです。

|

« 文藝春秋、読前感想文 | トップページ | やっぱり調子の悪い今年のアニメ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

う〜ん、しょぼい話ですが、私物のMacは全てPowerPCなのでSnow Leopardに行く予定がないというか、行けないというか。
現状でもTigerですから、アメリカに良くいる、動いている限りは新しいOSなんかにゃ行かんでええわい、という保守的なユーザーになりつつあるようです。

アップルのネットでのOS配布、大昔は2400bpsとかのモデムでフロッピー五枚分とか延々とダウンロードしてましたけどね。従量制の電話代で。
デベロッパー向けはともかく、一般向けには確かSystem 7あたりからネット配布は止めてしまいました。

投稿: あやおば | 2009年8月17日 (月) 14時08分

マンガの話は着いていけないので、こちらに

レス・ポールさん亡くなられましたね

それはともかく回線速度ですが、
いくら早くともサーバーに依存してしまう
というのを今、実感しています

一昨日より新しいWindows正式版が、私の利用
しているセグメントで配布開始されたのですが

インストールメディアDVD(約3GB)を取得するのに
一昼夜、ただいまやっと64bit版に続いて32bit版
を取り込み完了かというところです

雪豹だと単一メディア、今回はintelに限定される
ので、もっと小さく早いのでしょうけど

その前にネットワーク経由の配布があるのか
知りませんが...


私の場合、新しいOSは、古すぎる前々バージョンや、
あまりにも嫌悪感を持つUIの前バージョンから
逃れる意味で、即移行します

先生のメイン環境は、来月以降変わりませんか?
それとも出来次第、評価次第で移行の可能性は
ありますか?

投稿: t2 | 2009年8月14日 (金) 04時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文藝春秋、読前感想文 | トップページ | やっぱり調子の悪い今年のアニメ »