« 爆笑学問-東京芸大 part2 | トップページ | 根本から違う官僚の感覚 »

グッジョブ!

 先日、NHKの東京カワイイTVを見てたら、ちょっと良い光景を見せてくれました。

 日本の(東京の)「カワイイ」を番組独自に選び、それをパリで発表するという企画があり、セーラー服、ストリートファッション、デコ、ゴスロリありと、NHKとは思えないぶっ飛んだ内容です。
 そんななか、アマチュアと言ってもいいメンズファッションのクリエーターが、パリでのショーの後に大物デザイナーのアシスタントとして声をかけられたのです。(すいません、既に録画を消してしまったので名前が出てきません)

 いやぁ、こういうラッキーというか、チャンスってあるんだな、と私は素直に驚くと共に、密かに彼を祝福してしまいました。

 ちょっとおっさん的に彼のことを説明すると、東京、それも渋谷や原宿周辺でないと生きてゆけない風貌で、地方都市に行ったら駅前のコンビニでいきなり地元ヤンキーにボコボコにされる可能性があります。
 ストスナ(ストリート・スナップ)の常連で、細い体を包む服はレディースサイズ。
 パリのシューズバイヤーでさえ「こういうセンスはゲイが好きだね」と言うくらいです。
 が、彼の凄いのはその服のほとんどを自分で裁縫してしまうこと。 まぁ、今では重鎮と言われるパリのデザイナー達と同じスタート地点をなぞっています。
 とはいえ、住んでいる都内のマンションは服が占領し、作品の写真集と言っても百貨店のトイレの鏡に映った自分撮り。

 いやぁ、手作り、クラフト感といえば格好いいけど、悲哀感というか、夢のない人であればはっきりと「バカじゃない?」と言うでしょう。

 でもそれがテレビ番組を通じて賞を取り、パリでデビュー、さらに大チャンスを掴んだわけですから、おもわず「グッジョブ!」と親指を立てざるを得ません。

 恐らく彼のような人間は日本中に相当数いるでしょうし、その多くの苦労が報われない中で、またさらに、NHKとはいえテレビですから様々な舞台裏もあるかも知れないと疑いもつつ、でもやっぱり凄いなぁ、と感心せざるを得ません。
 ここやはっぱりひねくれたこと言わずに、素直に「がんばれ、数年後あんたの時代が来るかも知れんぞ」と送り出したいと思います。

 まぁ、宝くじと一緒で、始めないとチャンスは来ないわけですねぇ...

|

« 爆笑学問-東京芸大 part2 | トップページ | 根本から違う官僚の感覚 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 爆笑学問-東京芸大 part2 | トップページ | 根本から違う官僚の感覚 »