« めでたきかな | トップページ | のだめ22巻とクソDVD »

DNSサーバー編集

 光プレミアム導入後、外から内部へ入れなくなった事務所の環境を四苦八苦してフィックスした続き。
 
 IPアドレスを直接叩いて外部から入ることは可能となったものの、ドメインネームとの紐付けを変更しなくてなりません。 特にphp等のサーバーアプリではベースurlを登録して多用するために、IPアドレスでindexページに入れても、以後の動作がおかしくなるから困りもの。
 
 co.jpドメインを取ってからは自前でDNSサーバーを動かしているので、これを変更。あとはこれが世界中に反映されるのを待つだけです。
 ところが二日経ってもpingに反応せず。
 他のサーバー関連は全部元通りになったので、これは回線変更とは原因は別だろう、ということで、思い出したのがうちのドメインを管理しているお名前.comの存在。
 
 いや?でもDNS第一サーバーは自前のはずだし、なんて思いつつお名前.comの管理ページへ。
 前回とは違って、一旦登録した後ですから、単純に「ネームサーバーの変更」を選ぶと、以前のIPアドレスが登録されたままになっています。 ここを新しいアドレスに打ち替えたら作業終了。
 
 う〜ん、DNSサーバーを自前で持つとは言っても、名前解決時に問い合わせが真っ先に来るだけで、変更が自由自在という訳じゃないんですね。 当然と言えば当然だけど。
 だったらいっそ第一をお名前.comの"2nd.dnsv.jp"にしてもいいのか、とも思うようになりました。あっちのほうがインフラは強固だし。

 それはさておき、お名前.comの設定変更後、四時間で無事新しいアドレスが反映されました。
 
 ここで面白かったのは、この間、本来のネームサーバー(ns)、エイリアスネーム(wwwとserver)の反映時間にずれがあったこと。
 なぜかserverだけは他のネームが反映される前に使用可能であるのに偶然気づいたのです。
 しかし、これはエイリアスなので結局はnsを参照しているはずで、pingを飛ばしてもちゃんと"ns.xxx.co.jp"となっています。 しかし"ns.xxx.co.jp"を直接叩いても、念のためにエイリアス仲間(?)の"www.xxx.co.jp"も同じくダメ。
 私はDNSの反映は一斉にバンっと行われると思っていたので、これはちょっと意外でした。
Ping 
 これにもっと早く気づいていれば、(理屈的には考えにくいものの)お名前.comの設定変更をする前から"server"だけは変更できていたのかどうか確かめられていたのですが、今になっては検証不可能。
 
 まぁ、これで接続環境は完全に元通りですから、一安心です。
 あ、まだ内部から一部の外部urlが参照できない問題があったか...

|

« めでたきかな | トップページ | のだめ22巻とクソDVD »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« めでたきかな | トップページ | のだめ22巻とクソDVD »