« 君が代と日の丸 | トップページ | バカがいた »

公認のいじめ

 「朝から煙たい思いをするのは嫌だったので、すっきりした」

 これは今日から全面禁煙となったJR西日本の新聞記事に掲載された感想です。
 この「煙たい思いをする」を下記のように言い換えてみましょう。

 「ブスをみる」
 「うざいやつをみる」
 「体が臭いやつといる」
 「デブといる」

 いじめやんか。

 別にこのコメントの主を攻撃するつもりはありませんが、この方、吹田市在住だそうな。 JR吹田駅のホームの喫煙コーナーは大阪寄りホーム端に一カ所だけでしたから、どれだけ喫煙コーナーの近くで乗り降りされてたんでしょうね。 8両対応ホームですから7両運用の今なら一番近いところに乗ったとしても20mは離れています。
 結局は健康なんて二の次で、単なる「喫煙者嫌い」でしょ。 差別。 いじめ。

 既に私は三宮通いの間、駅のホームで吸うことはしていませんから、痛くもかゆくもありません。
 私鉄は喫煙者の利用者の気持ちも考慮するということで静観の様子ですが、恐らくあまたいる「喫煙者駆逐原理主義者」達はJR西日本の行動をきっかけに他の運輸機関にどんどんねじ込んで行くでしょう。

 あなたの健康が、なんて話は聞きたくありません。
 私の姉、生まれてこの方喫煙したこともなく、適度な運動、バランスの取れた食事、スリムな体型を維持してきましたが、立派に胃がんになりました。

 他人の健康が、なんて話もうんざりです。
 かつて駅のホームの柱ごとに灰皿があり、殆どの場所での喫煙が当たり前だった昭和60年頃までの風景を思い出すと、もし煙害が発表程有害であれば、今の団塊の世代以上は全て、そして副流煙を吸った人の大半は死に絶えている筈です。

 禁煙する精神力が無いとも言わないで下さい。
 恐らく私がこの10年間でやってきたダイエットとシェイプアップについて来れない非喫煙者よりは余程強い精神力を保持している筈です。(メタボに健康に悪いから煙草止めろと偉そうに言われる程腹が立つことはない)
 かつてに比べると見違えるように分煙が進み、かつ煙草のニコチン・タールも激減している今、ここまで同じ人間の嗜好を迫害する必要があるのかと考えると、もはやこれは人権問題だとずっと憂いています。

 誤解して欲しくないのは、別にどこでも好きなように吸わせろ、と言っているわけではありません。
 ルール違反の喫煙者を見ると同じ喫煙者でもうんざりしますし、むしろ喫煙者故に憎悪すら感じます。
 ただ、喫煙コーナーを利用している人を迫害しても、もともとそういうルールを守る気が無い非常識な喫煙者が減るわけではないことにそろそろ誰か気づけよ、と。
 そしてそれはもう喫煙者というくくりではなく、文化財に落書きをしたり、酒を飲んでは大暴れするバカの方に組み入れて下さい。

 最も私が怖れているのが、冒頭のいじめ。
 いじめは他人より優位な立場に立ちたい、という誰しもが持つ本能で、それをどう押さえ込むか、あるいは発散させるかが現代社会で大きな課題になっているのはご存知の通り。
 上記「言い換えてみましょう」の言葉を他人に浴びせるのはタブーです。 が、喫煙者に対しては今、社会全体で言いたい放題、いじめ放題。
 恐らく数年のうちに非喫煙者が「タバコを吸っていたからムカつく」という理由で人を殺す時代が来るんじゃないか、とも危惧しています。(笑いごとではありません。私の教え子が実際に「煙草を吸っている人間は殺したくなる。殺してもいい法律を作ればいいのに」と真顔で言ってましたから)

 ナチスがユダヤ人をドイツ人社会全体で蔑むことで社会不安のガス抜きをさせたこと、日本でも封建時代の身分制度を巧妙に作り込むことで政治に都合の良いシステムを作り上げたことをも思い出させます。
 何を突飛なことを、と思われるかもしれませんが、要するに公認のいじめですから、その間、人はひとときの快楽に浸り、不満を忘れるという構図は同じです。

 たまたま私は喫煙者ですが、そうでなかったとしてもなんで世界中こんなにヒステリックに同じ方向にばく進して行くのかには疑問を持ったと思います。
 他人と無意味に同じであることに安心を覚える人ばかりではないことをお忘れなきよう...

|

« 君が代と日の丸 | トップページ | バカがいた »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

 発症の原因に謎が多い癌、それも見ず知らずの他人の症例に対してよく断定できますね>東京からアクセスの名無し220.158.xx.xxxさん

 「喫煙者いじめ」というキーワードで検索し、短いコメントを吐き捨てる、そういう独善性こそ私が嫌煙原理主義者を嫌う理由です。

投稿: あやおば | 2009年10月 5日 (月) 11時44分

姉が胃がんになったのはあなたがタバコを吸ってたからです
受動喫煙というものがありますよ

投稿: | 2009年10月 5日 (月) 00時43分

 刺されたとき、反撃できるんでしょうかねぇ...>DS

 新しい発言に書いた藤沢周平の小説読んでると、なんだかとんでもない痛みと間抜けなほど現実離れした思考とかがあるようで、どこまで冷静に対応できるやら。
 新聞報道を見ると数カ所滅多突きされても命に別状ないケースもあれば、一差しアウトもあり、まさに運ですねぇ。
 腹回りに皮下脂肪はほどんどないから、あっさり穴が開いて、加えて痛いんだろうなぁ...
 赤黄色の筋肉が切れてバラバラと赤黒い血と共に皮膚から顔出して... あぁ、なんて恐ろしい想像。

投稿: あやおば | 2009年7月11日 (土) 22時57分

モータースポーツファンとしては、タバコメーカーがレースから撤退したことでスポンサーが減ったのが痛いです。
このところパチンコ業界もかなり落ち込んでいるし、サラ金も金利規制でダメダメ状態なので、ほんとレース活動は下火になりました。任天堂あたりがレースのスポンサーになってくれると未来は明るいんだけどなぁ。

トイレで滅多刺しされた時は少なくとも相手のDNAが残るような反撃だけはしましょう。
ぼちぼち命が惜しいような年でもなくなってきましたが、危険な人は道連れにしておいた方が世のためですから出来るだけ証拠は残しましょう。

投稿: DS | 2009年7月11日 (土) 21時20分

 確実に若い人の喫煙は減っていますね>DS
 学校全体はともかく、自分が教えているクラスの喫煙率は今ではほぼゼロです。
 
 とはいえ喫煙所自体が閑古鳥かというとそうでもなく、言っては何ですがそこにいる連中は(私も含めて?)「あぁ、いかにも」って感じです。
 それはともかく、相変わらず平気で床に吸い殻を捨てる奴が多いのにはうんざりです。 知っている学生なら注意しますが、他コースの「あぁ、いかにも」に注意して暴力沙汰になるのはごめんですから。
 親や育ってきた環境ってのも大きいと思いますね。
 
 うちの息子も煙草には興味が無いようです。 酒には手を出していますが...

投稿: あやおば | 2009年7月11日 (土) 12時22分

 う〜ん、アドバイス虚しく、最後の一行どころか丸ごと捨て台詞で終わりましたか。
 煙草問題よりも教師失格という言葉の方が今や気になりますね。 
 
 cocolog標準のアクセス分析ツールから考えると数年前の卒業生のようですから、なおさら。 あの頃の生徒に恨まれるような事件と言えば...と思い起こしても、きり無いですね。
 誰かを意図的に落とし込むようなことはしていないつもりですが、どこで誰に憎まれているかわかりませんから。
 
 逆に卒業生なら意図的に席に呼んでもらうことが無い限り、今後会うことも無いわけで、タバコ臭い口臭と服も今後指摘してもらえる機会はなさそうですね。 現役の学生達にそう思われないよう気をつけます。
 
 と、冷静にここまで書いて、これで私が学校のトイレで滅多突きにされたり、ホームから突き落とされたりしたらこのログが重要参考物になるんだろうなぁ、とふと思いました。

投稿: あやおば | 2009年7月11日 (土) 12時15分

ん?
これでお終いですか?
もうちょっと頑張って激論戦わせてほしかったです。
あんまり書くと自分が誰なのか分かってしまうからかな?
でも、これじゃ怪おばも不完全燃焼でしょう。
ちと残念。


ただ、ひとつだけ
「煙草は本人の意思でいつでも止められる筈です。」
この認識は間違ってるように私は思います。
やめられる人もいればやめられない人もいるようです。
カロリーの過剰摂取さえやめれば肥満から脱出できるのに自分の意志では食欲を抑えられない人がいるのと同様。
一部の人にとっては、肥満も喫煙も病気みたいなもんでしょう。
小学校の授業参観。1時間弱の授業が終わった途端に校庭へ出てタバコを吸う人、男女を問わずいます。ほんとは校庭でもタバコ吸ってはいけないんですが家まで我慢出来ないんでしょうね。
嗜好品でここまで習慣性が強いものは他にありますかね。コーヒーが好きとかお酒が好きとか言ってもカフェインやアルコールが切れた途端に探し回るようなことはないですもんね。
だから、健康に悪いとか他人に迷惑とかは別にして、習慣性が強すぎるということで若い人はタバコには近づかない方が無難に私は思います。

投稿: DS | 2009年7月11日 (土) 01時13分

あ、言い忘れてましたが、「不出来な」は「アンタが言った」には掛かってませんから。悪しからず。
紛らわしい書き方をしたのは失礼しました。

投稿: phantom | 2009年7月10日 (金) 20時42分

間違いなくアンタのことを嫌ってる人間だという事だけ伝わってりゃ結構です。

では言わせて頂きますが貴方、口も服もタバコ臭いですよ。
今回の事以外も踏まえて教師失格だとつくづく思ってます。
どうしてもそれだけ伝えたかったんです。

憎まれてますよ、ってことだけ。

投稿: phantom | 2009年7月10日 (金) 20時33分

 まず、こういう話をする時に総論と各論とをある程度仕切らないと話が進まないんですよね。
 デブについては必ずこういう反論が来ます。 「代謝異常で直し様の無い病の人がいる」とか。
 でもそれじゃ話が進まない。 これが各論。

 いじめについての定義がそれぞれによって違うのも認識しておりますし、使い方が難しいのも心得ております。 しかしその各論に引っ張られて総論を萎縮させてしまうのであればそれは私にとっては一種の言葉狩りなんですよ。

 少なくともいじめという言葉を使わざるを得ない精神状態に喫煙者は追い込まれているということ。
 そしてデブもブスもうざいのも自分で努力すれば少なくとも一歩は前進できること。 これは誰しもが持っているコンプレックスと同じで、卑近な例を挙げると私の左腕の障害と、それに対するここ一年足らずの水泳で証明できます。

 ただ、みんなちょっとおかしいだけ。
 タバコ臭いのも顔も体型もしぐさも。

 そういう「ちょっとした差」に対して、ここ暫く「ひとそれぞれ、いろいろあるんだから、自分の定規だけでモノを見るのは止めようよ」という風潮が定着しつつあるのに、対喫煙者だけにはそれがなく、非常に野蛮で危険なものを感じるのが、反論が来るだろうとは覚悟しつつも本文を書かざるを得なかった動機です。

 煙草の問題が万が一解決したら香水おばさん、死臭爺さん、にんにくおじさんが次のターゲットですか?
 恐ろしい世界だと思いませんか? 私は確かに彼らを迷惑だとは思いますが、弾劾されるべきまでとは思っておりません。 もちろん、自発的に気がついて一歩前に進んでもらえたら嬉しいですけどね。

 総論/各論で話を進めるなら、phantomさんが持たれている総論としての嫌悪感は、私も理解しております。
 だから、嫌われている当事者として一歩進んでマナーは死ぬまで守り通します。
 もしお会いすることがあって、例えば服が臭くてたまらない、と思われることがあれば、遠慮なくアピールして下さい。 悲しいことに自分の臭いは自分では非常に気づきにくいもので。
 そうしてもらえれば私は感情的になることなく、上着を脱ぐか、その場から立ち去ります。 それが私の総論ですが、phantomさんにとっては各論にしかすぎないでしょう。

 要するに価値観の大幅な相違です。
 その相違を埋めて行くのか、看過するか、戦うか。
 私としては議論は時間の許す限り歓迎しますが、戦うのはご免被ります。

 最後に、どなたか存じませんが、私はネット上で特定の生徒を想定して出来が悪いと書いた覚えはありませんよ。 この一行がなければ気持ちの良いディベートになったと思います。

 もしあなたが本当に私の教え子であるなら、一つだけ自分の経験から来るアドバイスを。
 ネット上に限らず、最後の一言は気をつけましょう。 それが昔から言う捨て台詞になり、要らぬ摩擦の元となりますよ。

投稿: あやおば | 2009年7月10日 (金) 00時30分

タバコを吸う人が、ほんと少なくなってきましたね。
仕事関係の来客でみると3割ぐらいかな。
以前は年輩者の喫煙率はかなり高かったですが、
最近は還暦過ぎてからタバコやめるって人もチラホラ。
やっぱ、自由に吸えないぐらいならいっそ止めようということですかね。
そんなわけで、私も自分の娘たちには「大人になってもタバコは吸わない方が将来苦労しないよ。」と言ってます。
長女は大学生ですが、いまのところ喫煙はしてないようです。

投稿: DS | 2009年7月 9日 (木) 22時31分

この手の話題は白熱しがちですね。

煙草が周囲に与える不快感とか、健康上の不利益とか、または得られる税金、精神衛生上の効果等、喫煙者・非喫煙者のそれぞれの言い分やメリット・デメリットを鑑みて現在の法律やルール、或はマナーというのが産まれてきてるのだろうから、ある程度時代に伴って変動したりもするでしょうね。

喫煙者もマナーなりルールに外れれば公的に糾弾されるし、非喫煙者は相手がマナーなりルールの範疇で吸っているのであれば、苦々しい想いのもとで容認せざるを得ないという所ですね。

煙いから嫌い、健康に悪いからやめろというのは
まぁ、煙草吸ってる人が嫌いだという宣言の様なものなのかなぁと思いますねぇ。

なので吸う方も吸わない方も、お互い嫌いだと思いつつ、ルールマナーの範疇で渋々手打ちにしましょうやという事ですね(゚ー゚;

投稿: たけ | 2009年7月 9日 (木) 19時33分

「ブスをみる」
「うざいやつをみる」
「体が臭いやつといる」
「デブといる」
いじめやんか。

当然です、それは本人の努力でも変えようの無い事象。
当人に取ってどうする事も出来ない(デブは痩せる事も出来るかもしれませんが遺伝的に生まれつき太っておられる方もいらっしゃいます)事柄を責めるのは不当な言いがかりです。

煙草は本人の意思でいつでも止められる筈です。
金を払ってまで嫌われる事をしているのです。
煙が出る、においが臭い、ゴミが出る。
様々なマイナス要素を踏まえた上で、喫煙者は精神安定剤的に煙草を購入し、喫煙します。
「ブス」や「うざい」と違うのは、実害が及ぶと言う一点につきます。
非喫煙者はひたすらにそれが嫌なのです。

風に乗って流れてきた煙が顔に掛かった。良い気分はしません。
隣に座った人間のタバコ臭さが服に移った。ファブリ◯ズ買ってくれます?
雨上がりの道でぐちゃぐちゃになった吸い殻を踏んだ。景観も悪いですね。


最後のは規則を守れてない人しか当て嵌まりませんがね。
非喫煙者の健康がどうのこうのとは言いません。
「健康なんて二の次」というのには同意します。
恐らく多くの人が、実際発病するか否かはどうだって良いのでしょう。
ただ「健康が〜」という事を主張する非喫煙者に取っては、
「他人の喫煙で発ガン率が上がる」という事が既に嫌悪感の対象に含まれている事をお知り置き下さい。

「喫煙コーナーを利用している人を迫害しても、もともとそういうルールを守る気が無い非常識な喫煙者が減るわけではないことにそろそろ誰か気づけよ、と。」

規則を守れない喫煙者はそれこそ腐る程居ます。
喫煙コーナーを撤去した所で、直接そういった喫煙者への牽制には確かになりません。
ただ、そうすることで「喫煙者が喫煙者に対して不満を抱く」ことになります。
「むしろ喫煙者故に憎悪すら感じます。」と言った貴方のように。
そういった人々が、規則を守れない人間を促してくれる事を、望んでいるのでは無いでしょうか。
またそれにより、規則を守らない人間が、吸い難い環境を作りたかったのでは無いでしょうか。

…何れにせよ、規則を守らないような人間に、この程度の対策で大した効果が見られるとは到底思えませんが。


禁煙区域の増加、喫煙者・非喫煙者の差別化、煙草自体の値上げ…
ここまできて止めない喫煙者は、恐らく本当に煙草が好きで、
一生止める事は無いのだろうと私は思います。
これまでの対策で、大分ふるい落とされて禁煙した人も多く居ます。
だからこそ、「マナーを守って喫煙」ではなく、
「禁煙」して欲しい為の、喫煙コーナーの撤去なのではないかと。


マナーを守って一生喫煙、結構です。
それならそれで、今後も与えられたマナーを守って下さい。

「こちらが咳き込み続けるほどの香水を被ったおばはん、新快速の中でだらしなく口を開いて寝る爺さんの死臭混じりの口臭、宴会帰りのおっさんのニンニク臭の混じった体臭も弾劾されてしかるべきでしょう。」

因みにお判りとは思いますが、これらを上げた所で煙草如何の問題が消える訳ではありません。
これらと煙草の違いは絶対量の違いでしかありません。
煙草の問題が百万が一消えたとしたら、次に取り上げられるというだけの話です。

Aくんが怒られている最中に「Bくんだって悪い事をしてた」という言い訳が通用しないのと同じです。
煙草だろうが香水だろうが両者共に嫌がられている事に違いはありません。
ただ煙草の方が規模がデカイと言う話で、どちらも弾劾されてます。

いじめという言葉はあまり使わない方が良いと思います。
人が見た「いじめ」「いじめでない」と
いじめっ子が見た「いじめ」「いじめでない」と
いじめられっ子が見た「いじめ」「いじめでない」の定義は
全て違います。必ず。
今回の貴方のお話も、私から見れば全くいじめには見えません。
正統な「議題」に見えます。
やましさが無ければ反論の余地は十分にあります。
頑張って下さい。


以上、貴方の言う不出来な教え子の反論でした。

投稿: phantom | 2009年7月 9日 (木) 17時50分

 どもども。
>>対抗するつもりはないのですが...
 いえいえ、この手の発言を書く時にはあらかじめ覚悟しております。 ディベート感覚で行きましょう。

 他人の煙にはひときわ敏感(単なるわがまま?)な私です。 以前禁煙車とは知らずに見知らぬおっさんが新幹線の一番前で煙草をつけたのに程なく最も後ろに座っていて気づいていたくらいですから、臭いについては自覚しています。
 が、臭いだけで駆逐されるなら、同じく新幹線で前の席に座られただけでずっとこちらが咳き込み続けるほどの香水を被ったおばはん、新快速の中でだらしなく口を開いて寝る爺さんの死臭混じりの口臭、宴会帰りのおっさんのニンニク臭の混じった体臭も弾劾されてしかるべきでしょう。
 
 しかも喫煙コーナーは場所を明示の上、可能な限り最も人の少ない(辿り着くに不便な)場所に固定されているわけですから、不快に思う人の回避は比較的簡単じゃないかと思います。
 20m離れての煙の臭いを我慢しろ、というのがわがままなら、その為にさらに数m喫煙コーナーから離れるのが我慢ならん、というのもわがままのような気がします。

 逆に言い換えるとお互いの譲歩でその隔たりは埋められたのではないかと残念でなりません。
 
 習慣性についても何か問題があるとも思えません。
 その認識不足のために医療費がかさむ、というのであれば、浴びる程の酒、偏った食事、止められない糖分摂取、運動不足などの改まらない生活習慣による成人病の習慣性についても精査しなくてはならないでしょう。
 泉竹千代翁が「健康の秘訣は煙草じゃ」と豪語して百まで生きたことを思うと、個別論として否定できない煙草の害だけを材料に、万人の健康を論じるのはどこかにいかがわしさを感じざるを得ません。 そのきな臭さが消えない限り、喫煙者側に残るのは納得ではなく、社会公認の迫害という被害妄想の拡大のみになります。

 我田引水ついでに付け加えると、一種の尊厳死考と置き換えてもいいかもしれませんね。 私にとっては喫煙は人生の時間の句読点ですから、句読点も改行も無いべた書きテキストに勝手に他人に書き換えられるのは勘弁して欲しいです。

 もちろん以上、マナーを遵守するということが大前提です。
 その意味でt2さんの前御親族の父上の行動は弁護するつもりはありませんです。

投稿: あやおば | 2009年7月 2日 (木) 00時08分

こんばんわ
対抗するつもりはないのですが...

20m離れていても臭いは届きます
喫煙者の方は煙を気にされたりしますが、
煙はこなくても臭いで喫煙はすぐに感じられます
往々にして喫煙コーナーを離れて喫う方も多いですし


先生は常識を弁えている方ですし、真朋な喫煙者も
多くいるとは思いますが、そうでない方もいて、
更に乾燥大麻より習慣性が強いとなると全体では
規制の方向へ進むのは仕方がないかと思います


個人的には、前の配偶者の父親が、人間的にはよく
できた方と尊敬するほどでしたが、娘が喘息で
苦しんでいる横で我慢できないと喫煙してたのには
業の深さを感じ得ずにはいられませんでした

投稿: t2 | 2009年7月 1日 (水) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 君が代と日の丸 | トップページ | バカがいた »