« 6年ぶりのヴィトン | トップページ | 郵便料金不正報道の謎 »

Safari 4.0

 Safari 4.0がリリースされ、ソフトウエアアップデート経由でダウンロードしました。
 OS X 10.4(Tiger)のユーザーとしては、何よりも例の暴走が止まったのでまずはひと安心。
 このblogの更新はタグを埋め込む場合はSafariを使用しており、その間も少しもたもたしている間に暴走が始まって推敲どころじゃありませんでした。
  
 ただ、それ以外にどんなメリットがあるのかは良く解りません。 というか、AppleがTiger上でのSafariの原因不明の暴走を放置している間に、私のデフォルトブラウザはFireFoxに移ってしまい、興味を失った、というのが正直なところ。
 暴走さえ止まれば別にSafariに恨みは無いものの、FireFoxに移ってからの新しいブックマークの移転や、Google以外に選択肢が多数用意されている検索ウインドウなど、結局Safariはデフォルトには戻れないままとなっています。
 
 Safari 4.0はリリース後3日間で1,100万件を突破したとかネットで見かけました。
 これがiPhoneを含むかどうか等は不明ながら、一方でこうして地道にシェアを失っているということをAppleは認識して欲しいと思います。

|

« 6年ぶりのヴィトン | トップページ | 郵便料金不正報道の謎 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6年ぶりのヴィトン | トップページ | 郵便料金不正報道の謎 »