« もうやめてよ>バラマキ | トップページ | 風邪ひかなかった »

止まらぬSafariの暴走

 昨日、ネットでMac OSX 5.7へのアップデートがリリースされた記事を見つけ、念のため10.4.11のPowerBookでソフトウエアアップデートをかけてみると、こちらもセキュリティアップデートが利用可能になっていました。
 
 貼られているURLをクリックすると、"Safari 3.2.3"というアップデータもリリースされていることが判明。
 取りあえずセキュリティアップデートをあてて再起動、再度ソフトウエアアップデートをチェックすると"Safari 3.2.3"が利用できるような流れになっています。
 
 ドキュメントにはセキュリティ関係しか書かれていないものの、これで秘密裏にいつのまにか大暴走して、純正アプリケーションなのに強制終了するしか手が無いSafariの問題がフィックスされているのでは?と期待するのが人情ってもんでしょう。
 
 が、結果は相変わらずの野ざらし
 新しくなったSafari 3.2.3を立ち上げ、何もせずに放置していると、約3分程でアクティビティモニターのバーが急上昇し、ファンの回転数が急上昇。
Safari1
 この時点でSafariを終了しても全く反応無し。
 やがてCommand+option+escの強制終了メニューに「応答無し」のサインが出て、これまで通り「強制終了」のボタンを押すしかありません。
 
 Firefoxに移行してるんだからいいじゃないか、と思われるでしょうが、これはこれでこのblogを更新する時、文中にタグを入れ込んでいるとどうも使い勝手が悪いのです。
 だから、blog更新時のみSafariを立ち上げ、保存する頃に暴走しだすので、それまでに更新。 強制終了かまかしてFirefoxでチェック、という非常に情けない手順を強いられています。
 そんな理由で期待したんですが...
 
 まさかAppleはSafari4に移行しろ、って言いたいのでしょうか。
 でもまだパブリックβ版だよ...
 
 強制終了しか手が無い純正webブラウザって...
Safari2

|

« もうやめてよ>バラマキ | トップページ | 風邪ひかなかった »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

今日、学校で確かめてみたところ、10.5上ではこのSafariの暴走は起きず、10.4のiMacでは私と同様に暴走します。

やっぱり純正アプリケーションとはいえ、現役OS以外はたとえ一世代前でもAppleは実質サポート外のようです。
と言っても10.5+Safariって暴走は無くても遅いし...

投稿: あやおば | 2009年5月15日 (金) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうやめてよ>バラマキ | トップページ | 風邪ひかなかった »