« 泣きっ面にギター | トップページ | 小沢と草なぎ »

ヘッドライト洗浄

Double_cleaned
 ということで、オークションで落札したビンテージもののマーシャルW反射、まずは洗ってみました。
 
 と、言っても特に変わった洗剤を使ったわけではなく、バケツに水を入れて普通の台所洗剤を少し多めに溶かしただけです。
 ここで変に強力すぎる洗剤を使うとリフレクターのメッキが溶けてしまいます(過去の自分の経験から)。
 
 あとはライトユニットをバケツにザブっと入れて上下左右揺するだけ。
 驚く程短時間でレンズはもちろん、リフレクターの曇りも取れました。 あっけないくらい。
 その後しっかりと濯ぐのはもちろんですが、ここでかつてのバイト先の社長のアドバイス。
 「水道水やと塩素が残るから、最後に蒸留水で濯いだ方がええで」
 
 なるほど、とあらかじめ量販店で買い求めたバッテリー用精製水300ml×2をそれぞれ片方づつに注入してさらに揺する。
 
 結果は写真の通り。 前から見る限り新品同様です。 30年の月日が全く嘘のよう。
 
 いやぁ、こうして見るとガラスと金属のヘッドライトって素晴らしいですね。
 近頃流行のポリカーボネイトレンズのヘッドライトが紫外線等で醜く茶濁化しているのを見ると、少々重くてもガラスと金属のライトが一番だと改めて痛感します。
 
 しかしこれだけ綺麗になると、経済的にブレーキをかけては見たものの、一刻も早くキセノン化してみたくなります。 聞くとアジアメイドのバルブ(バーナー)で2万円強、国産のしっかりしたもので4万円程だそうで、これに工賃が加わって... そっか、Lo-Hi同時点灯化も施さないとなぁ。
 
 いやいや、しばらくはこのクリスタルな輝きを取り戻したユニットを眺めて満足することにしよう。

|

« 泣きっ面にギター | トップページ | 小沢と草なぎ »

」カテゴリの記事

コメント

お力になれそうでなによりです>Hiroさん

筆は私も昔やったことがあります。 どうしても届かないところがあったりであまりうまくゆきませんでした。
あと、細かい砂を入れたり、労働者用(?)の荒いピンク色の石けんを入れたりと試しましたが、いずれもレンズをとことん奇麗にしようとするとリフレクター表面を痛めることがわかりました。

ということで、洗剤は優しいのを適量ということで...

投稿: あやおば | 2011年12月30日 (金) 18時38分

初めまして こんにちは。

私、W反射ではありませんがマーシャルのヘッドライトの曇りをどうしたら良いのか長年悩んでいました。

お陰さまで綺麗になる事が分かりました。

絵筆のような物を突っ込んで拭こうかとも思っていました…

洗剤を入れて揺するだけなんですね(^^)

時間があるときに私も試してみたいと思います。

どうもありがとうございました。   Hiro

投稿: Hiro | 2011年12月30日 (金) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 泣きっ面にギター | トップページ | 小沢と草なぎ »