« 半月ぶりの水泳再開 | トップページ | BCAA、いいみたい »

勝手に蘇生したiPod 2Gの電池

 最近このblogにもちょくちょく出ている私のiPodは第二世代(2G)です。
 買ったのは7年前。 まだ大きな箱に純正のキャリングケースやリモコン。インストールCDなどが一杯詰まっていた頃の話です。
Ipodbox 
 例に漏れずバッテリーがひん死状態で、四年目位を迎えると、満充電しても一時間持たないまでに劣化しました。(最短記録は20分)
 基本的に学校への往復にしか使わないので、夏休み等で長期放置するとバッテリーが完全に干上がり、その後はリセットが利くのか少し復活して、また一時間程度は使えるかな、というくらいにはなります。
 
 ここ数年そんな感じで、かといって他に不具合は無く、Macがスリープしている間に充電ができないUSBモデルには食指も動かず、動画を見る趣味も無く、交換用バッテリーがショップで販売されている間に一度交換しなくちゃ、とずっと思っていました。
 
 ところが。
 ここ暫く、嘘のようにバッテリーがギンギンに。
 先日来からの公園での肌焼きに2〜3時間程度使用しても、まだバッテリーインジケーターは三本も残ってます。
 
 思い当たるのがここ暫くでのMIATAでのDC12Vアダプターでの使用。
 これに接続している間はずっとバッテリーは充電されているので、この直流波形がいいのか、あるいは単純にMacからの充電より電圧が高いとか、とにかくこれしか原因が思い当たりません。
 
 壊れるまで使う、を流儀としている私としては嬉しい限りですが、物理的にはちょっと眉唾状態なので、老人にドーピングしてるようでもあり、だとすると、ろうそくが消える最後の燃え上がりはないかと少し不安でもあります。

 
 壊れるまで使う、で思い出しました。 7年使っていた電器炊飯器が壊れたようです。
 6/1になったらJoshinが"お誕生日月割引"してくれるので、それまでは圧力釜でしのぎますが、これも石釜とかピンからキリなんですねぇ。
 生活家電とは言え、以前のオーブントースターの経緯が有るので極端な安物は買わないとしても、どのレベルで手を打つのか、ささやかな悩みです。(でも、新しい物を買うのは何にせよ楽しみ)

|

« 半月ぶりの水泳再開 | トップページ | BCAA、いいみたい »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 半月ぶりの水泳再開 | トップページ | BCAA、いいみたい »