« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

BCAA、いいみたい

 月曜日からプールの前後に飲んでいるBCAA(大塚のアミノサプリバリュー)、いいみたいです。
 これまでずっと、首、左右の腕、肩と、筋肉痛とまでは言わないまでも微妙なチリつきのような痛みが続いていました。
 水泳をやらないと本来の加齢による筋肉痛のようなものが顔を出しますから、その引き換えと考えればいいか、とずっと納得していました。
 が、BCAAを水泳の前後に1000mgづつ採るようにすると(本来は2000mg採らねばならないらしい)、翌朝には全く痛みが残りません。

 そんなに早急に結論は出るわけないだろう、と敢えて木曜日にドタバタと泳いでさらに肩に負担をかけ、痛みを作ってみたところ、それでも翌朝以降に持ち越すことはありませんでした。 最近常態化していた毎朝の軽い寝違いのようなものもありません。
 それ以外には肩から首を経て反対側の肩に至る筋肉の辺りに妙な充実感。 筋力アップにも貢献している?

 めっちゃ効果あるでぇ、と友人に言ったら「ビタミン剤と一緒で最初は良く効く」と言われ、納得。
 薬局にはアミノサプリの数倍の値段の粉末BCAAがありましたし、さらにはプロテインまで行ってしまう人はそのビギナーズ・エフェクトの効能切れに我慢できなくなってしまう人なのかも知れません。

 ただ、このアミノサプリ、ゼロカロリーじゃないんですよ。 まぁ、スポーツ前提で飲む分にはいいけど、常日頃水的に摂取するにはもっとカロリーの低いタイプでないと嫌ですねぇ。 ところが、自動販売機で売られているBCAA配合スポーツ飲料(伊藤園とかカルピス)はもっとカロリーが高い。 (ただしキリンのアミノサプリは結構低い)

 んで、この話を学校の教員にしてたらみんなBCAAについて良く知ってる。
 「一箱1万円する粉末がある」「○と×というタイプがあって○が良く効く」等々...
 なんや、全く知らんかった私がアホかいな。

 とはいえ、知ってしまった以上、もう少し研究してみます。

| | コメント (3)

勝手に蘇生したiPod 2Gの電池

 最近このblogにもちょくちょく出ている私のiPodは第二世代(2G)です。
 買ったのは7年前。 まだ大きな箱に純正のキャリングケースやリモコン。インストールCDなどが一杯詰まっていた頃の話です。
Ipodbox 
 例に漏れずバッテリーがひん死状態で、四年目位を迎えると、満充電しても一時間持たないまでに劣化しました。(最短記録は20分)
 基本的に学校への往復にしか使わないので、夏休み等で長期放置するとバッテリーが完全に干上がり、その後はリセットが利くのか少し復活して、また一時間程度は使えるかな、というくらいにはなります。
 
 ここ数年そんな感じで、かといって他に不具合は無く、Macがスリープしている間に充電ができないUSBモデルには食指も動かず、動画を見る趣味も無く、交換用バッテリーがショップで販売されている間に一度交換しなくちゃ、とずっと思っていました。
 
 ところが。
 ここ暫く、嘘のようにバッテリーがギンギンに。
 先日来からの公園での肌焼きに2〜3時間程度使用しても、まだバッテリーインジケーターは三本も残ってます。
 
 思い当たるのがここ暫くでのMIATAでのDC12Vアダプターでの使用。
 これに接続している間はずっとバッテリーは充電されているので、この直流波形がいいのか、あるいは単純にMacからの充電より電圧が高いとか、とにかくこれしか原因が思い当たりません。
 
 壊れるまで使う、を流儀としている私としては嬉しい限りですが、物理的にはちょっと眉唾状態なので、老人にドーピングしてるようでもあり、だとすると、ろうそくが消える最後の燃え上がりはないかと少し不安でもあります。

 
 壊れるまで使う、で思い出しました。 7年使っていた電器炊飯器が壊れたようです。
 6/1になったらJoshinが"お誕生日月割引"してくれるので、それまでは圧力釜でしのぎますが、これも石釜とかピンからキリなんですねぇ。
 生活家電とは言え、以前のオーブントースターの経緯が有るので極端な安物は買わないとしても、どのレベルで手を打つのか、ささやかな悩みです。(でも、新しい物を買うのは何にせよ楽しみ)

| | コメント (0)

半月ぶりの水泳再開

 昨日、半月ぶりに水泳を再開しました。
 
 もとはと言えば、まず一週間プールのボイラー点検で休館。 明けてやっとと思ったら、インフルエンザで閉鎖と続いた結果です。
 その間、特に体に変調は来さなかったものの、なぁんとなく不安というか、逆に「あぁ、今日も行かなくていいという」安堵感とか、精神的には微妙では有りました。

 んで、こういうのはすぐさま再開しないと最悪それっきりになる可能性があります。 
 ただし、久しぶりなので以前ここでのコメントでアドバイスを貰ったBCAAという必須アミノ酸のサプリメントを近所のディスカウント薬局で購入。 それを摂取してからにしました。

 いやしかし、さすがに泳ぎを忘れて溺れこそしませんでしたが、即刻腕痛い。息続かない。
 特に右腕は前日に変な姿勢で寝たのか、両手クロールが苦痛な程。 二週間のブランクって怖い。
 途中で5分休憩取った後は、体が水に馴染んで、さらに右腕も少しは力が入るようになりましたが、これが本来の老化状態なんですかねぇ。 恐ろしい。
 
 自分で10分くらい泳いだかと思ったら、実際には5分で、とにもかくにも思ったよりも疲れました。
 いつも同時間に来るじいさんに聞いてもやっぱり息が上がる、とのこと。
 意地になって体にトラブルを起こしたくもないので、いつもより10分短縮で切り上げ。
 
 BCAAはプール前30分に250cc、帰ってから250cc。 大塚製薬のサイトによると、500cc(BCAA 2000mg)を運動前30分に摂取するのがいい、と有りましたが、一気に飲むとお腹か緩くなりそうで、この辺りはまだいろいろと工夫する余地がありそうです。
 さて、これによってどれだけ筋肉痛が緩和されるかですねぇ。 左腕だけ筋肉がついてくれたらいいんだけど、そうは行くまいな。
 
 水や麦茶的にいつも飲んで良いものかどうか>BCAA

| | コメント (0)

目覚めよと呼ぶ声あり

 昨日触れた「覚醒」について。
 四年ぶりにMIATAの車検を取って一ヶ月弱。
 四年経って改めて感じたというか、確信めいたものがあります。
 
 ボケたくなければ、オートマチックのらくちんな車に乗っちゃダメだと言うこと。
 
 ここ数年、何というか頭の中が今ひとつすっきりしないというか、ぼーっとしていることが多くなりました。 もちろん仕事だとか、時間がくればそれなりにスイッチが入り、いつのまにか何とかなってはいるので、こんなもんかと捉えていました。
 
 ところが、MIATAを常にオープンで乗るようになって、気がつくと頭の中がソリッドな感覚になっていることに気がついたのです。
 
 理由は明らかで、MTオープンカーの視界、風、音、振動、気温などの情報が一気に増えて脳に流れ込んだせいだと思われます。 これ以外にもMTゆえのギア選択や微妙なペダル操作、昨日のように天気の確認と予想、服装など、普通の乗用車に乗るだけであれば不要な思考が多数必要となります。 これが「覚醒」。
 
 適度な刺激を与えないと老化が早まるのは脳も同じで、「気合いを入れる」「カツを入れる」と言い換えてもいいかもしれません。
 だからといって今後私が大発明をしたり、凄い小説を書き上げたりというような実を結ぶかどうかはわかりませんが、とにかくは「おれの感性、このまま日々鈍化して行くのかな」という類いの不安は、かなり軽減されました。
 
 つまり。
 定年を迎えて「自分へのご褒美」とか言って、ずっと我慢していた大型ラグジュアリーセダンなんかを上がりの車になんかにしては絶対にいけない、ということ。
 静かでパワーがあって、完全空調、豊かなオーディオなんてものに常に囲まれてると確実にボケます。
 
 最近は上がりの車としてフェアレディZやRX8なんてのを選ぶ定年組もおられるようですが、ATじゃダメ。 さらに五感に与える刺激を考えるならオープンカーで、それも所有することで満足するのではなく、可能な限り幌を開ける。 春夏秋冬、なんとなかります。
 いや、私の義父のように軽バンのMTで窓全開のほうがいいのかな?
 この仮説で行くと、AT限定免許ってのは確実に認知症を増加させるということになります。
 
 ただ、あまりに刺激が多すぎて、長距離は不必要に疲れるのも事実。 そう言う時には外の情報を抑制した車の方が絶対に疲れません。
 ということで、もし車が二台(家族との共同使用も含む)以上持てるのであれば、似たような安楽車で揃えることだけは避けた方が宜しいのではないかと自信を持って進言致します。
 
 え? 事故が心配?
 クレーンやコンテナ相手だとどんな車でも助かりません。

| | コメント (0)

降ってきた降ってきた

 本日、ちょっと覚醒したくて、昼過ぎから雨が降ると知りつつMIATAでちょいと一回り。
 
 いや、いい時代ですね、ネットのレーダーで西から迫り来る雨がどうなっているのか手に取るようにわかる。 んで、私の予想では15:00までに帰ってくればなんとかギリギリかな、と14:00に家を出ました。 もちろんトノカバーシングルシーター状態。
 
 その時は曇り時々夏的日差しで、ぐるっとミナミの方を走って14:40くらいに梅田通過。
 信号待ちの時に、そろそろかなぁ、と空を見上げてたら、新御堂で大粒の雨がベチベチ。
 あらら〜、予想より早いやん、と若干後悔しつつ、幸運なことに新御堂下の右折レーンで赤信号。
 
 へいへい、さいですかぁ、ってなもんで、幌立て敢行。
 実はこのトノカバー、全てのホックとファスナーを緩めて内側に落とし込んでしまえばすぐに幌が立てられるのです。 少々長めのこの右折信号が青になる時には幌立て完了。

 以前、中国道の対面通行部分でトンネルを抜けたら大雨だった事件、に比べれば何でもないです。 
 
 あ〜あ、もう少しで家だったのについてないなぁ、と思いましたが、さらにその後雨足が激しくなって、路面に水煙が立つくらいになりましたから、むしろ高架下のベストタイミングで信号に引っかかったのがラッキーだったかと思い直しました。
 
 家で一時間じっとしてて「あ、やっぱり大雨降ってきた」と安堵するより、ちょっとヤバいながらも、晴れた大阪市内をサクっと走れた方がすっきりしますもんね。 もちろん覚醒しましたよ。(この覚醒についてはまた後日改めて)
 
 てなことで、常時オープンカーは、こうしてバイカーなみに天気を睨みながら走らせるのでした。

| | コメント (2)

2009年アニメ考

 昨年の同時期に比べるとアニメがつまらないですねぇ。
 一応春の改変時に各放送局の新しいアニメ番組を見てはみましたが、その中で今でも毎週(録画ながら)見ているのはNHKのアリソンとリリア位です。 でもこれも絵が下手。
 録画しておきながらライブでも見ていたコードギアスR2が懐かしい。
 
 ということで、惰性も含めて今習慣的に見ているのは上記アリソンとリリア以外にはぜんまいざむらいとおじゃる丸。 ぜんまいざむらいはもう殆ど新作がなくて、最後の天蓋男のシーン以外は早送り。
 
 てなことで、数日かけてまともな有料サイトで鉄腕バーディーDOCODE(通称:01)を通しで見ました。
 もともとはこれ、年頭に「野球シーズン以外は殆ど見ない」サンテレビで02のプロモーション番組をたまたま見たのが始まりでした。
 今時珍しいバーディーの太くてきりっとした眉、そしてつとむと二心同体にもかかわらずお互いが簡単に恋に落ちない硬派なところなどが気に入り、02は全部見たのでした。
 バーディーがムチムチの体にもかかわらず、それが必要以上に油濃くないところは、ゆうきまさみ作品の特徴的な良さかも知れません。 あと、デッサンが非常にしっかりしているところも含めて絵が良い。(ただし02は明らかに人手・時間不足の酷い手抜きが見られました)
 で、お決まりの「前作はどうなってるの?」ということで気になっていた01を全部見た、というわけです。
 
 いやぁ、男性ですから、やっぱり02のバーディーとナタルより、01のつとむと中杉さんの方がのめり込めます。
 地面を殴って穴をあけるという嘘っぽさはナルトなんかと同じなわけで、なのに見てしまったのは、つとむが突然覚醒などしたりせず、あくまで普通の人間能力しか持ち得なかったからかもしれません。
 とすると、私がはまるファンタジーってのは99%嘘であっても1%のリアリティがあれば良いということなのかもしれない、と考えたりもしました。
 
 どうやら03も製作中だそうですから、鉄腕バーディーには結構これからじっくりとはまりそうな気がします。
 
 それ以外はCATVでぼのぼのとかんなぎの再放送見る程度で、ほんと、テンション低い2009年前半です。
 
 そうそう、もう一つ気がついたのは、アリソン、中杉小夜香、なぎ、の三人の描画処理。
 目の上をフルで二重まぶた線を引くのではなく、中央部に短い線が置いてあるだけ。
 そ〜か〜、こういう目が好きだったのか>おれ

Eye

| | コメント (2)

トノカバーライフ

Miata200901 これが修理が終わった純正トノ・カバーを装着した図です。
 ユーノス・ロードスターの純正オプションでも設定されていたのを覚えている方もいらっしゃるでしょう。 その左ハンドルバージョンで、幌収納部の辺りには例の筆文字で"Miata"とホットスタンプされています。
 
 基本的に春夏秋冬オープンで乗りますから、幌をいちいち開閉するのが面倒で、これだと、数カ所のファスナーとホックを操作するだけで済みます。
 20年前にこの車を逆輸入した時は青空駐車場で、さすがにセキュリティと雨が心配で、なかなか装着できなかったのですが、現在のような地下立体駐車場であれば悪戯される可能性は他の駐車場契約者が絡まない限り不可能です。 その場合、防犯カメラの映像で犯人は特定できる、と。
 ということで、ブレーキペダルとステアリングを結合するステッキ型のロックを噛ませて、この状態で駐車。 もちろん、金目のものは一切搭載せず。

Miata200902 
 下の写真では背景がうるさくて今ひとつ見えないと思いますが、シートバックが片方しかない、なんちゃってシングルシーター仕様。 マッハ号のヘッドレスト兼用リアカウルが運転席側にしかなかったアンシンメトリックな魅力が未だにどこか頭の隅に残っている世代としてはちょっと嬉しい。
 助手席を取り払ったわけではなく、カバーの下にうまく畳み込まれるようになっていて、フルカバーするときには運転席も同じ状態で畳みます。
 おかげで、カバーを開いて乗り出した直後は微妙にシートの前後、傾斜を調整しなくてはなりません。 ケツの位置を暫く探るバイクみたいなもんです。
 
 感心するのはセンターの分割ファスナーが中央に位置するのではなく、若干運転席側が広くなっていることで、おかげでシングルシーター状態のときに窮屈さを感じることはありません。 通常の運転操作はもちろんのこと、例えば、厳しい車線変更時に右手をさっと出すのがカバーに邪魔されるということがないのです。
 この辺り、当時のマツダ開発陣には相当のオープンカー乗りがいたことが想像できます。
 
 外出先で駐車している間に通り雨があった程度では雨仕舞も問題なく、雑巾で上に乗った雨水を軽く拭き取るだけです。 この辺もバイクと同じ。
 細かいところでは通常のオープン状態で走行時に助手席に置いた書類が飛んで行くとか、逆に渋滞時に鞄等をスラれる(抜き取られる)心配もありません。

 心配と言えば、最悪転覆した時にせめてもの支えとなる助手席ヘッドレストが役に立たないことが考えられますが、どのみち転覆時はまず無事では済まないでしょう。
 あと、目立つというか、通り越して「なにこれ」的な奇異の目を向けられることでしょうか...
 ここまで奇異だと、逆に悪戯されることもこれまではありませんでした。
 
 怪しいおっさんの怪しい車です。

| | コメント (2)

惨憺、もといSuntan

Suntan
 休校になったぶんの授業は夏休みに行う、という連絡が学校から来ました。 不労所得は無くなったけど、まぁ、それが道理でしょう。
 
 ということで暇というわけじゃないけど、私の仕事は夕方以降がメインなので昨日は公園でサンタン。
 天気のいい日はMIATAに乗りたいのはやまやまなれど、気に入った半パンを買った以上、今年の夏はこれがメインとなります。 いや、実際に履いてみると楽です、これ。
 
 しかしそこから生える脚が生白いと気持ちが悪い。
 大阪の梅雨入りは例年6月初旬ということで、この季節の大好きな日差しを利用するなら今の内。
 MIATAに乗るのは楽しい、だけど降りた時に気持ち悪いのは楽しくない、ということでプールの袋の中身を入れ替えて公園へ。
 
 まずはダイエーに寄ってコパトーンのウオータースプレータイプを購入。 そうそう、有害な紫外線さえカットすればいいのよ。 ビタミンD生成。 カルシウム強化
 次にJRと地下鉄を乗り継いで公園へ。 どこでもいいようなもんだけど、不審者と間違われるような場所や、休校中の子供のボールが飛んで来るところは避けたいし、単に気分の問題。
 駅のトイレでTシャツと半パンに着替える。 怪しい〜。
 
 残念ながら昨日は太陽が顔を出したのが二時過ぎで、一時間半程適当なベンチで過ごして終わり。 まぁ、初日はこれくらいがいいでしょう。
 その間の暇つぶしは愛用の2G iPod。 シャッフル再生だから音楽と英語教材がごちゃませ。 これ、いつも新快速で聞いているのと同じです。
 
 日が傾いてきたので歩いていつものカフェに寄ってビールを一杯。 ここはいつも車で来るのでビールを飲むのはホント珍しい。
 さらにそこから阪急の駅までの間にある銭湯へ。
 オイルを落としてからひと浸かりして410円は安くないけど、まだ日が高いうちの銭湯はプチ極楽。
 
 JR>地下鉄>阪急と乗り継いだ電車代は510円。 車で行ったら駐車場代がかかるしビールも飲めないし、まぁ、いいでしょ。
 
 今朝は朝5時に目が覚めて、おかげで資源ゴミ出しに間に合いました。 昨日とは違ってすでに晴天ですから、今日も怪しいおじさんは公園へ行きます。

| | コメント (0)

休校の風景

 本日から金曜日まで、私が非常勤をしている専門学校がインフルエンザ対策で休校となりました。
 とは言っても、不謹慎ながら働かずしてお手当が頂ける(はず)ことになり、さらに週一の高校での授業はもともと今週が中間テストでお休みでしたから、今週は全く授業無し。
 正直なところ、思わぬ大型連休という感じです。

 不覚は、そのことを同居人に漏らしてしまい、結局平日の間ずっと炊事当番を押し付けられました。

 まぁ、それでも朝からのんびりできるさ、と思ってたら、娘の中学も休校。 さらに今日のみ息子の大学も創立記念日でお休み。 なんだ、同居人を除いてみんなおるやんか、の風景。
 さらに先ほど確認したら、ボイラー点検が終わってやっと再開した市営プールもさらに一週間休みになったとかで、これで二週間水泳無し。 最長無泳記録。 そろそろ体がきしんできたというのに。

 とはいえ、天気もよくなったし、またまたジーンズとかまとめて洗おうとしたら洗剤が切れてる。
 仕方ないのですぐそばにあるディスカウント薬局に行ったら主婦と老人で一杯。次に寄ったスーパーも同様。 う〜ん、緊急事態どこ吹く風。
 ただ、スーパーでは店員のみマスク着用で、レジでは馴染みの客が「どこで買うたん? 私買おう思たらどこも売り切れやねん」と話しかけています。 店員用は店からの支給だそうで「今、どっこも売り切れやで」とか。
 そんなもんやねんなぁ...、と立ち聞きしつつ、私もマスクをしていません。

 気になるのは、市が休みを呼びかけた施設のうちの保育園。
 確かに人が多数集まるとはいえ、共働きの親は実家に走ったり、休みを取れた家庭に預けたりと、かつて保育園に二人の子供を預けていた身としては同情してしまいます。
 会社まで休んでくれれば別ですが、このフェーズのずれが問題なんです。

 一方で大阪市はそれも含めた実社会への影響を冷静に考えたい、と敢えて市営関係の営業を行っているようです。 休業を指示した自治体も、特に今回のような弱毒性の場合、国の方針が今のままでいいのか、という疑問の声をあげていますね。

 学校関係にしても、たまたま定期テストの時期に重なったので、それが来週に延期され、修学旅行や遠足等の再手配やキャンセル料等、関係者の苦労も想像できます。
 セコい話で言えば、定期テストが延期されるために、恐らく来週の私の高校の授業も影響を受ける筈で、あぁ、時間給×nが...という影響もあります。

 もっと低次元の話をすれば、インフルエンザやマスクというのはどうしても冬期のイメージが有り、一年で最もさわやかなこの季節に、見えない敵のために人が右往左往するこの現状がなんとも違和感があります。
 全国の子供達は「うちの地域にも感染者を」なんて無邪気な願いをしていることとは思いますが、まっただ中にいると、いや、これはやっぱり異常事態だ、と改めて感じます。

 と、言いながら、私は修理が終わったMIATAのトノカバーを引き取りに外出予定。
 不急不要の外出は控えましょう...

| | コメント (0)

半パン買ったよ

 昨日、友人から携帯に「探してる半パンがレディースだけどユニクロに出てたよ」とメールが。
 
 そうなのです。 私は今のダボッとした膝上までのメンズの半パンがどうも気に入らないのです。(短い方が涼しいがな)
 もともとテニスをしていたので半パンには抵抗が無く、ところがこの世界も錦織を見るまでもなくダボッとシリーズ。 今頃テニスショップ行っても短めの半パンなんて手に入りません。
 F1やmotoGP見てるとバーレーンなどでピットクルーが実に良いフィット感と長さの半パンを着ているのに、なんで日本はみんなヒップホップな半パンだけやねん、てな話を聞いていたのがそのメールをくれた友人でした。
 
Shopping
 早速昨日、夕食の買い物に出掛けたついでに同じビル内にあるユニクロに行ってきました。
 レディースコーナーの中での視線を気にしつつ、現物をチェックすると、裾丈がなんとかカマっぽくない限界のようで、MIATAに乗るときはもちろん、最悪でも家着で充分使えそうでした。
 
 そこで気がついたのが店内のあちこちにある「期間限定価格」の札。
 いつまでなのかわからないので、家に帰ってwebを見てみると5/17。 つまり今日限り!
 他にも股上浅めのカラージーンズや、例の企業コラボシリーズTシャツの気に入ったのを見つけたので、悩んでいる暇はありません。
 レディース用サイズのページを見ながら、今一番体に馴染んでいるジーンズをメジャーで測りながら「24か25かなぁ」と推測。
 
 なにせレディースもんだから、試着の時に恥ずかしいなぁ、と悩んでましたが、今日店に行ったら何事も無く試着完了。 ユニクロでボトムを買うのは始めてでしたが、ともにちょっとゆったり目でジーンズは29、半パンは25であることが判明(と、書いておかないと自分で忘れてしまう)。
 
 企業コラボシリーズTシャツは、最初狙っていたでん六豆が今ひとつで、結局、佐藤卓デザインのロッテクールミントとグリーンガムに。 これもいつもの1,500円から期間限定で990円。
 クールミントと黒の半パン、グリーンガムにグレーの半パンは着てみるとなかなかいい感じです。
 
 写真に写っている四枚以外に裾直し中のカラージーンズをあわせてそれでも8,500円程。

 メチャ安い!!
 そこそこの服を一枚買うより安かったりして。

| | コメント (2)

風邪ひかなかった

 風邪というのは先の冬の話です。
 インフルエンザは別の話で、おかげで来週の授業は全て休校=キャンセルになりました。 学校都合なので多分給料は有る筈で、夏の台風、冬の積雪と同じく不謹慎ながら不労所得になるかと...

 んで、何が言いたいかというと、結局冬の間一回も風邪を引きませんでした、というお話。
 毎年シーズン頭と終わりに、ゴホッと咳き込んで翌日に発熱というパターンが常態化していました。 ところが昨シーズンはゴホッと来ても、翌朝には直っていました。
 学校が続く日程で寝込んでしまうと、時間給×nで数万円が飛んでしまうので、これは有り難いこと。

 多分これも水泳のお陰なんでしょう。 血行促進>免疫強化という。
 昔、祖母が水泳嫌いだった私に「夏の間プールに入ったら、冬に風邪引かないのに」とこぼしておりまして、当時私は「なんで半年後にご利益があんねんな」と聞き入れませんでした。 しかし、確かにスポーツ万能だった姉は冬も元気だったような。
 祖母よ、あなたは偉かった。

 血行と言えば、最近手と足の甲がふっくらしています。
 もともと私は若い頃から老人的な程手の甲が骨丸見え、血管浮き出しだったのですが、最近以前程ホネホネしていません。 多分毛細血管が広がったんじゃないでしょうか。
 そう言えばこの冬は布団に入って足が冷たかったりしませんでしたし、手袋は一度も使わずじまい。
 かつて苛まれた腰痛とも無縁。 原因不明の大腿骨あたりの痛みも再発していません。

 また、MIATAに乗るようになって、以前より左腕が使えるようになりました。
 それまでは右腕をシフトチェンジとハンドル操作で酷使していたのが、気がつくと左腕メインでハンドルを切っています。 おかげで左の胸筋と背筋が筋肉痛に。

 実は通っているプールが一週間、ボイラー点検のために休館中。 行かなくて良い安堵感と、行かなくて良いのかという焦燥感と微妙に揺れていますが、そんなこんなでまだまだ通います>プール

| | コメント (0)

止まらぬSafariの暴走

 昨日、ネットでMac OSX 5.7へのアップデートがリリースされた記事を見つけ、念のため10.4.11のPowerBookでソフトウエアアップデートをかけてみると、こちらもセキュリティアップデートが利用可能になっていました。
 
 貼られているURLをクリックすると、"Safari 3.2.3"というアップデータもリリースされていることが判明。
 取りあえずセキュリティアップデートをあてて再起動、再度ソフトウエアアップデートをチェックすると"Safari 3.2.3"が利用できるような流れになっています。
 
 ドキュメントにはセキュリティ関係しか書かれていないものの、これで秘密裏にいつのまにか大暴走して、純正アプリケーションなのに強制終了するしか手が無いSafariの問題がフィックスされているのでは?と期待するのが人情ってもんでしょう。
 
 が、結果は相変わらずの野ざらし
 新しくなったSafari 3.2.3を立ち上げ、何もせずに放置していると、約3分程でアクティビティモニターのバーが急上昇し、ファンの回転数が急上昇。
Safari1
 この時点でSafariを終了しても全く反応無し。
 やがてCommand+option+escの強制終了メニューに「応答無し」のサインが出て、これまで通り「強制終了」のボタンを押すしかありません。
 
 Firefoxに移行してるんだからいいじゃないか、と思われるでしょうが、これはこれでこのblogを更新する時、文中にタグを入れ込んでいるとどうも使い勝手が悪いのです。
 だから、blog更新時のみSafariを立ち上げ、保存する頃に暴走しだすので、それまでに更新。 強制終了かまかしてFirefoxでチェック、という非常に情けない手順を強いられています。
 そんな理由で期待したんですが...
 
 まさかAppleはSafari4に移行しろ、って言いたいのでしょうか。
 でもまだパブリックβ版だよ...
 
 強制終了しか手が無い純正webブラウザって...
Safari2

| | コメント (1)

もうやめてよ>バラマキ

 渋滞が大幅に増加した千円高速道路、今度はお盆期間中の平日も実施が検討されているようです。

 まぁ、この未曾有の不況時代、このお陰で家族をミニバンに満載して田舎の祖父母に子供を見せられる、と喜んでいる人もいるでしょうし、それを考えると頭から否定することもできません。 
 が、もともと建設費と維持費の償還がどんどん遅れいている中で、こんな大盤振る舞いしていいのでしょうか。
 「昨今の不況、我々の責任である!」と自民公明の政治屋が資産を処分してやってくれているのならともかく、結局我々と我々の子孫が払うんでしょ。 他人の銭で善を施すほど楽なことはありません。

 例の給付金、先日我が家の口座にも入金されました。 これで将来の消費税アップを認めたと看做されるわけです。
 仮に税率が10%になったとして、増加した5%分で割ると24万円の出費分で今回の1万2千円の給付が帳消しになります。 24万円というけれど、毎日の食費や交通費、ガソリン代や車検代などを考えると、すぐに覚める麻酔のようなものです。
 そして給付金分が終わっても、消費税の徴収は続き、恐らくじりじりと税率も上がって行くことかと思います。

 自民の政治屋が野党に下るのがどれほど嫌なのかはよくわかりますが、その保身のために税金を湯水のように使うってのはどうにも理解できません。
 その金額を考えたら、老いて尚エロ盛んなジジイのJR代なんて可愛いものです。

 で、この政府、以前にもここで書きましたが、ガソリン暫定税の時に「ガソリンの値段が下がればマイカーの使用が増え、CO2増加にも繋がる。世界から笑われる」と主張していました。
 経団連の掲げたCO2削減目標があまりに低くて、これじゃ世界に笑われる、と言った環境大臣、国交相に同じ台詞を言いなさいよ。

 何事につけて100年に一度の大不況と言う枕詞をつけて税金の樽をボコボコ開けて行く政府。
 エコエコアザラクと呪文を唱えて家電と車買い替えにこれまた税金でペイバックする政府。

 高速代、家電買い替え、車買い替え。 100年に一度の大不況で車も無く、家電も車も買えない人にとってこの税金垂れ流しの恩恵はあるんでしょうか。
 最低でも1万2千円恵んでやったんだから感謝しろ? 

 ほんと、いい加減にして下さい>家業を継ぐことしか頭に無いバカ政治屋

| | コメント (0)

この時のために生きている

May フリーだと毎日の拘束時間がバラバラで、この季節の楽しみは早めの風呂上がりにベランダで飲むビール。
 もう病み付きです。
 
 食事当番の日も炊事を一旦中断して風呂に入り、ベランダで一缶開けてから、少し伸びてきた髪にドライヤーを当て、それから再開します。
 風呂では当然インターネットラジオのjazz。
 
 梅田の高層ビル街から六甲山系に沈む夕日。 空には伊丹空港に降りる飛行機。
 特に今日みたいに天気が良い日は極楽で、今頃から間に梅雨を挟んで晩夏までの季節限定メニューです。
 気分はワンカップ大関
 
 大げさに言えば、この時を過ごすためだけにこのマンションに住み続けているような気もします。
 特に梅雨までの今の時期は一年で最も好きな季節です。

 ところで質問です。
 缶ビールを飲み干すとき、リングプルが鼻の穴に入りませんか?
 あ、私だけですか。 そうですか。

| | コメント (0)

小沢と草なぎ

 民主党の小沢が党首を辞任しました。
 まぁ、これで次期衆議院選の民主党の不安材料がこれ以上悪化することはなくなったわけです。
 にしても、自民は一定の成果を挙げたわけで、検察に裏で巧妙な圧力をかけた甲斐はありました(と、私は信じ込んでいます)。
 民主にしても、参院選大勝の恩があるとは言え、旧態依然とした自民党的政治を引き継ぐ小沢をどさくさに紛れて処理できたわけで、少なくともイメージ的にクリーンな衆議院選を戦うためには、むしろ自民に塩を送ってもらったようなものかもしれません。
 
 また、この件に対する自民関係者のコメントの言い様に、お前らが他人のこと言えた義理か、と思いつつ、既に彼らは野党気分になっているのかも、とも感じました。
 
 で、これとは全く別の話で、草なぎの逮捕事件。
 これはこれで検察と国がもめているという噂を耳にしました。
 あの程度の乱痴気騒ぎでなぜ家宅捜査?という疑問は当初から様々なところで聞こえてきていましたが、検察は100%麻薬だと思い込んでいたそうです。 まぁ、昨今のあちらこちらでの麻薬汚染を考えると、日本のトップアイドルの麻薬使用ってのは、いかにも大ホームランの甘い香りがしたのでしょう。
 が、ご存知の通り、草なぎは麻薬の線は全くのシロ。
 逮捕はしてみたものの、起訴猶予で釈放。
 
 彼はあの事件で地デジの仕事を失い、鳩山総務省もここぞとばかり罵倒したわけですが、単に草なぎを降ろしただけでは済まないのですね、これが。 地デジ移行は誰をイメージキャラクターに使おうが今後も国策レベルで進めて行かなくてはならないわけで、草なぎ交代で億単位の金が余計に必要となります。
 そこで出てきたのが「なんで泥酔ぐらいで逮捕した? 厳重注意に留めておけばキャラクター交代までせずにすんだのに(余計な出費もせずに済んだのに)」という軽率な検察への不満です。
 これにより、今回の事件の検察責任者は左遷確実という噂もあるそうです
 
 この辺りの見込み違いの度合いが小沢の秘書と同じなわけです。
 すでに週刊誌では昨今の検察の情けなさを非難している記事もあるようですが、政府に横やりを入れられたり、頑張ってみれば空振りだったりと、確かに巨悪を戒めるという鬼平的なイメージは揺らいでいるのは事実です。

| | コメント (4)

ヘッドライト洗浄

Double_cleaned
 ということで、オークションで落札したビンテージもののマーシャルW反射、まずは洗ってみました。
 
 と、言っても特に変わった洗剤を使ったわけではなく、バケツに水を入れて普通の台所洗剤を少し多めに溶かしただけです。
 ここで変に強力すぎる洗剤を使うとリフレクターのメッキが溶けてしまいます(過去の自分の経験から)。
 
 あとはライトユニットをバケツにザブっと入れて上下左右揺するだけ。
 驚く程短時間でレンズはもちろん、リフレクターの曇りも取れました。 あっけないくらい。
 その後しっかりと濯ぐのはもちろんですが、ここでかつてのバイト先の社長のアドバイス。
 「水道水やと塩素が残るから、最後に蒸留水で濯いだ方がええで」
 
 なるほど、とあらかじめ量販店で買い求めたバッテリー用精製水300ml×2をそれぞれ片方づつに注入してさらに揺する。
 
 結果は写真の通り。 前から見る限り新品同様です。 30年の月日が全く嘘のよう。
 
 いやぁ、こうして見るとガラスと金属のヘッドライトって素晴らしいですね。
 近頃流行のポリカーボネイトレンズのヘッドライトが紫外線等で醜く茶濁化しているのを見ると、少々重くてもガラスと金属のライトが一番だと改めて痛感します。
 
 しかしこれだけ綺麗になると、経済的にブレーキをかけては見たものの、一刻も早くキセノン化してみたくなります。 聞くとアジアメイドのバルブ(バーナー)で2万円強、国産のしっかりしたもので4万円程だそうで、これに工賃が加わって... そっか、Lo-Hi同時点灯化も施さないとなぁ。
 
 いやいや、しばらくはこのクリスタルな輝きを取り戻したユニットを眺めて満足することにしよう。

| | コメント (2)

泣きっ面にギター

 今日もいい天気〜♪ 今日はMIATAで幌とトノカバーに塗布するケミカル剤を買いに。
 両者とも長年の使用で白濁+硬化しているので、少しでもこれで綺麗になって長持ちしてくれたらと願う限り。(トノカバーは修理からまだ上がってませんが)

 その前に家の近所の楽器店に娘と買い物。
 中学でブラスバンド部に入って担当がフルートになり、その手入れ用クロスが要るということがことのおこり。
 どれぐらいするんだろう、と銀行に寄って1万円卸して行ったら、福音の680円。 ラッキー。

 んで、以前から娘がギターに興味を持っていたのでついでに見ていたら、最低価格のフォークが1万円前後。 これにケースやDVD付教則本なんかがセットになって1.2万とか1.4万。
 いや、ほんとに見るだけのつもりだったんですが、娘は買ってもらえると信じ込んでいる様子。

 まぁ、車検代やヘッドライト代からすると安いのですが、この娘、同居人に似たのか飽きっぽい。
 ピアノしかり、新体操しかり。 多分ギターも半年後には全く触らなくなる可能性大なのです。
 待望の源泉徴収税の還付金も使い果たした今、1万数千円とは言え、無駄金になる予感。

 が、この下の娘は上の兄に比べるとあまり金がかかっていません。 上の息子が二泊三日+帰りは今はなき100系二階建てグリーンでTDLに連れて行ってもらったのに比べ、娘はUSJどまり。
 いやぁ、あのころは儲かってたのさ、と言ってもちょっと娘に対して後ろ暗い気がするのも事実。

 息子と言えば6年前、彼が中学に入った時に、同様にギターに興味を持ち、この店に来たことがありました。 その時は私が買う気バリバリで、数本試し弾きをしたりしてたら、その姿を見て息子が要らないと言いだしたことがありました。
 なんでも「引いてしまった」とか。 どういう意味やねん!

 てなことも思い出しながら、その時財布に残っていた12,200円で収めてくれるなら、と商談して結局購入。

 チューニングとかコードは覚えてても、数十年弾いてないから指がやわらかくて、かつ爪も長くて全く良い音が出ません。
 かといって娘そっちのけで練習するわけにも行かず、ちょっと残念な親父。

 あぁ、これで今月は2,400円/日で過ごさなくてはならなくなった...
 小遣いじゃないですよ。 週に三日の家族の夕食費込みでっせ。

| | コメント (0)

SSDの本来のメリット

 自分で書いたPowerBook G4のSSD化の記事、肝心なことが抜けていました。
 
 それは耐ショック性と消費電力。
 これはモバイル機には重要ですよね。
 
 にもかかわらずこれらに触れなかったのは、実は私のPowerBook G4は最近殆ど持ち歩いていません。
 外出先でメールのチェックなら携帯電話からリモートメールというサービスで確認できるし、重いwebチェクが必要ならデータカードと一緒にVAIO typeUを持参するからです。
 
 何せPowerBook G4のバッテリーは5分持てばいいところ。 たまにメニューバーのバッテリーアイコンに「×」マークがでるくらいです。
 もちろん新品バッテリーはまだ販売されていますから、これに替えればいいだけですが、何せその必要性が無いという。 だから持ち歩くとしても100vがあるところで、一般的にこういう場所での使用は衝撃を与えることも少なく、当然消費電力も気になりません。
 
 だから自分にとっての今回のSSD化は、単にHDDの経年劣化に備えたリプレイスと、MLCを起動ディスクに使う耐久性への好奇心くらいしかないわけでして...
 自宅で使っているこのノート、実に頻繁にスリープとウェイクアップを繰り返します。
 その度にHDDと光学ドライブは機械的に起動されるわけで、おかげで先に光学ドライブが昇天しました。
 事務所のPowerMac G5のHDDは三年を待たずに死にましたから、ほぼ同時期に買ったPowerBook G4のHDDがこれまで無事だったのがむしろ幸せだとも言えます。
 
 あと、やはりHDDに比べて発熱が少ないのは意外なメリットかも知れません。
 このマシン、冷却風はHDDベイを経由していますから、ファンが回っても吸入エアが既にHDDで熱されていると非常に効率が悪く、よって真夏など相当な高回転でファンが回り続けていました。
 もちろんSSDとて全く発熱しないわけではなく、むしろUSBメモリからすると発熱量に驚くくらいです。 にしてもHDDよりはずっと低温です。
 また、ユーティリティでCPU温度を見ていると、仮に熱くなっても温度が下がるのが速いことがわかります。
 
 あとは音ですね。
 ウェイクアップして暫く作業をする程度ではこの季節は全くファンが回らず、もとよりSSDは完全無音ですから、静々としています。 たったそれだけのことながら、気分が落ち着きます。

| | コメント (0)

来てもうたぁ〜

Double
 はい、これが浮いたと思い込んでいたC200の車検予算で落札した商品です。
 はなたれ小僧の車好きにはわかるまい。 マーシャルのW反射ヘッドライトです。
 もちろんMIATA用。
 
 今でもMIATAにはイギリスから個人輸入したLUCASのハロゲンH4ヘッドライトがついていますが、時代はキセノン。 ところがMIATAにはライト後部のスペースが無く、世間のH4互換(上下切り換えタイプ)のキセノンバルブは装着できません。
 もとより、通常のリフレクタータイプをキセノン化しても乱反射が増すばかりで他車の迷惑でもあります。
 が、このW反射なら上方向の光は全てハイビーム用の独立したリフレクターが遮断しますから、丸二灯をキセノン化するにはこれしかありません。
 
 ところがヤフオクでは二灯で6万円から開始ってのが平気で、いくらなんでも、と思っていたところに二灯セット、さらに私は使わないけどドライビングライト化するライトケースとリレー、スイッチまでついて4万円を切る価格。
 ライバルだったCIBIEも検討したのですが、どうやらこちらはH2らしく、対応するキセノン互換バルブはありません。 
 マーシャルがLo=H1であることと、左側通行用であるのを確認して落札した次第です。
 ただし、実際にキセノン化して装着できるかどうかは現物合わせをするまでわかりません。
 
 レンズ面を見ると有名なネコマークはなくてMarchalと筆記体で書かれています。 ということは30〜35年前のものの筈。
 レンズはお約束の曇りがでてますから、キセノンか云々の前に洗浄を施さなくては。
 
 写真は洗浄に向けてバラしたところ。 到着時には丁重に梱包されていました。
 このライト、前オーナーはマスタング マッハ1の7リッター、そう、あの一番マッチョだったタイプに装着されていたそうな。 由緒あるがな...
 
 肝心のキセノンキット探しは、いや、さすがに経済非常事態に陥ったので先になるでしょう...

| | コメント (0)

神戸市営地下鉄デビュー

Myodani_stn
 昨年度まで教えていた高校が、同じ区ながら、山の上の名谷(みょうだに)に移転しました。
 交通機関もそれまでの山陽電車から神戸市営地下鉄に。
 
 今まで神戸の地下鉄に乗ったのは二回程で、名谷は始めて。
 山陽電車は行きも帰りもガラガラで座れなかったことはただの一度も無かったのに、地下鉄西神・山手線は三宮から学園都市に向かう学生達で、帰りは三宮方向に向かう人でこれも結構混んでます。
 長田まではほぼJRや高速神戸と並走し、そこから妙法寺に向けて急に山を登って行くのが体感できます。
 妙法寺で一瞬地上に出て、そして次の名谷で本格的な地上路線となり、なんか地上に上がったところが目的地ってのは山陽電車時代と同じで、妙におかしかったです。
 
 元鉄としては高速神戸の阪急・阪神・山陽なんでもありのバラエティがなくなって、古くさい車両ってこともあってテンションは上がりません(走行性能は悪くないみたいだけど)。
 三宮から沢山乗り合わせる大学生を見ながら、あぁ、うちの息子も神戸外大通ってたらこの中にいたのになぁ、というのは言うまい思うまい。
 
 名谷という地名は今まで学生の口からよく聞いていたのですが、利用するのは始めて。
 で、この駅周辺の施設が楽しい。
 デパート、スーパー、大型電器量販店、銀行、それを取り巻く飲食店などが数グループに分かれて多数存在し、人も多い。 同じようなシチュエーションの大阪の千里ニュータウンが寂れているのを知っているだけに、非常に懐かしい活気を感じてしまいます。
 千里の方は交通機関が阪急と北大阪急行の二つに分かれているせいもあるとは言え、年寄りが少なくないのに、シャッター一つ閉まっていない風情は感動すら覚えました。
 
 山陽時代は駅と高校の間に寄ってみたい飲食店が全くなかったのに(なんでも駅前のケーキ屋は有名だったそうですけど)、今覚えているだけでも、ドトール、スターバック(禁煙だから寄らない)、マクド、ケンタッキー。 それに負けじとカフェやレストランなどもあり、授業終わりが12:30であることもあわせて、これからはここで昼食をとることになりそうです。
 まぁ、これにユニクロがあれば毎週何か買ってしまって大変だったかも。

 学校自体も新築で気分が悪い訳がありません。
 困ったことといえば、授業で使うイントラネットが以前より使いにくくなりました。
 これは教師用マシンから学生用マシンを一括してコントロールするという流行の方法なんだけど、学生個人のデータ保存の場所が無く、さらにアクセス権の設定もずさん。 まぁ、入札でどっかの三流会社が提案したプランに乗ってしまったんでしょう。 ずさんである証拠に、肝心の教師用のマシンでPhotoShop Elmentsが立ち上がらないという致命的なミスを放置。
 Mac OSXとは言わんが、バックボーンはUNIX/Linux系のソリューション使えよ。
 
 とはいえ、今日もあいにくの天気だったけど、これでスコーンと晴れたら最高でしょう。 この駅。
 広場のベンチで昼寝してしまうかも。

| | コメント (0)

あっさりSSD化

 結局、大型連休は朝唯一時間を気にせずに寝られるのが最終日の6日だけという流れで、むしろGWってあったの?って感じでした。
 
 天気も悪くてMIATAにも乗れず(乗る気になれず)、晴耕雨読よろしく、データストレージの改善を。
 
 事務所のPowerMac G5は外付けRAID(0:ミラーリング)HDDに一旦内蔵ディスクの内容を全て純正ディスクユーティリティでコピー。
 その後内蔵ディスクを一基加えてこれはソフトウエアRAID化し、外付けRAIDから書き戻し。
 そして外付けRAIDを再フォーマットしてパーティション分け、唯一のバックアップディスクから書き込んで、さらにムービー関連のデータを別パーティションに書き込み。
 個人的にはパーティションを切るのは、以前トラブルに遭遇して以来あまり好きではないのですが、ミラーリングであればいいじゃろう、と。 

 実質130GBのデータを移動させる度に2時間強の時間が費やされる以外は、思ったより簡単に済みました。 速度はあくまで体感的ながら、単独ドライブの時に比べてすこしもっさりした気がします。(webページのキャッシュ読み込み時等)
 
 次いで自宅のPowerBook G4(12in.)のSSD化。 PowerBook G4はIDE/PATAなので選択肢が極端に少なく、MLCの128GB
 OSを含む起動ディスクにはMLCではなくSLCを使うべし、という定説がある中で不安は不安なのですが、SLCはまだ高価で、この辺りを調べてみても最近は書き込みを分散させる技術などが進化してるし...などど自分を納得させての選択です。
 元のHDDが80GBで、2/3ほど使ってる程度ですから128GBも要らないと思っていたら、SSDは空き容量の余裕が寿命に影響するという説もあって、MLCであること以外は納得の買い物だったかと思います。
 
 取り付けは、以前の光学ドライブ交換の経験に比べたら簡単なもので、今回はネジの長さのチェックも忘れずに作業実行。
 ドライブ単体は両者共にほぼ90g。 軽量化のご利益はありません。
 取り外したHDDを外付けケースに入れ、これまたApple純正ディスクユーティリティでSSDに全コピー。 そしてSSDから立ち上げると、最初の数十分間はインデックス作成のためにCPUが盛大に働きます。
Ssd 
 速さは、別段HDDに比べてそう言えば心持ちすっきり動いてるかなぁ、という程度。 開発競争著しいSATAモノならもっとはっきりと速さを体験できるのかもしれません。
 発熱はかなり低減され、パームレストにおいた手のひらで明らかに感じ取れます。
 最大のメリットはHDDの回転音が無いということで、特にここ数ヶ月、徐々に「シャー」っという音が大きくなっているようでしたから、少し安心です。
 
 発熱が減ったせいでもう一つの耳障りな冷却ファンの頻度と回転数がどう変わるかについては、確かに回り出しも遅くなったものの、もう少し様子を見ないとわかりません。 真夏など、マシンを停止させるとほっとする位全開で回ってましたから、これが低減されると嬉しいんですが。
 
 元は言えば、PowerMac G5の純正ドライブが三年持たなかった事件がきっかけの、にわかストレージ改善、取りあえず一段落し、しばらくはトラブルフリーで仕事ができそうです。

| | コメント (0)

まぁ、そりゃそうか

 先ほどMacのストレージ関連をMIATAに乗せて事務所に持って行きました。
 仕事に必須のアイテムなので、楽しいだけじゃなく、ぼちぼちでも整備を進めなくてはなりません。

 で、ポストを見ると先日C200の車検を依頼したところから封書が。(これはMIATAの工場とはまた別です。いろいろ付き合いもありまして...)
 「はいはい、先日料金を振り込んだ検査代の請求書一式と領収書ね」
 と、思わず捨ててしまいそうになりましたが、外付けRAID HDにPowerMac G5のデータを丸ごとバックアップを始めて、することが無くなったのでおもむろに開封。

 確かに請求書が入ってましたが、なんだか雲行きが怪しい。
 要するに、請求金額が間違っていて別途7万円程いるということ。

 おりょ? おりょりょ? りょりょりょりょりょ?

 まぁ、考えてみればウオーターポンプとアイドラプーリー交換してるわけで、部品代と工賃考えたらトータル13万円(諸経費込み)で済むわけが無いかぁ... いくら近年メルセデスの部品が安くなったとは言え。
 さすがに二台の車検で40万円ってのはなぁ。 最悪の想定範囲としてはギリギリ収まったとは言え。
 いえいえいえ。 レナウン娘か。

 が、既に浮いたと思い込んでいた予算でMIATAの○○をオークションで落札しちゃったから、ちょと苦しい。 特にないと走れないもんじゃないので、先にこれを知ってれば落札しなかったのに... と思ってもせんないこと。

 社会人向けのレクチャー代と、あ、給付金があったか。 でもあれで洗濯機の風呂湯揚水ポンプ直すって約束したしなぁ。

 落札した○○が超出物だったと思うことにしよう。
 うん、そうしよう。
 そうしなければ... ればればれば... ば... ババンババンバンバン...

 酒飲も。 あ、よく回る...

| | コメント (0)

かぶってしまった

Storage
 MIATAの車検が上がったのは嬉しいけど、連休明けまでに間に合わないと思って注文したストレージ関連も到着しました。
 ところが今日明日は家内の実家との往復、五日は社会人向けの仕事、残った六日くらいはMIATA乗りたいし。 となると時間のかかるデータ移動を含む作業ができません。
 開けた七日からは高校での授業が増えて、ぐっと暇な時間が減る、と。
 
 皮肉だとかネガティブに捉えちゃいけなんですね、これ。
 楽しみが溢れてると考えなくては。
 
 写っているのは当初の計画通り、外付けRAIDディスク、PowerMac G5の内蔵ディスクをRAIDにする追加HDD、PowerBook G4用SSD、そして取付けに使う43個のビットがセットになった工具です。
 MLCのSSDがOSを含んだデータにどれくらい耐えられるか、など不安というか興味もありつつ...

| | コメント (0)

復活〜!

 はい、これが20年目のMAZDA MIATA。 埃の山から無事復活の図。
Miata2009 
 自動車税の境目を超えて5/1登録です。(自動車税一ヶ月分助かった)
 常備の予定だったトノカバーのファスナーが壊れていたので、連休明けの修理を依頼。
 幌を交換する予算が無いので、このトノカバーが常態となりますから、これが直ってからまともな写真を撮りたいと思います。
 ただ、何も無いのも寂しい、と藤井リナ目当てのViviを買いに寄った書店でスナップショット。
 
 ナンバーは製造年にしました。 アメリカでは90年モデルとなるのですが、まぁ、いいでしょ。
 フロントナンバーについては一部の古い知り合いはご存知のステッカータイプにする予定。 ただ、20年の間にフロントナンバープレートについての法規が厳しくなったから、実際に走るとどういうおとがめを受けるかちょっと不安です。
 
 予算は結構食いました。
 まぁ、税金等全て込みで20万を見てはいましたが、トータルでは19.8万のギリギリ。 実際にはこの他に新品バッテリーやナンバーや車庫証明の手配がありますから、正確には予算オーバー。
 C200(W202)の方が逆にトータルで13万円程で済んだのでなんとかなりました。(って、アイドラプーリーとウオーターポンプ替えてこの安さは何??)
 
 また、これを機会にカムタイミングを純正指定に戻しました。 実はこの車(多分)エキゾースト側のプーリーを裏返し、オーバーラップを多めにしていたのでした。
 その結果、これまでのベタっとしたエンジンフィーリングがカラっとしたものに戻り、低速トルクも改善されたように感じます。 逆に上の方の吹けは失いましたが、もうこの車でそういう走りをする気はありません。
 
 タイヤのフラットスポットは検査時に一時的に3kg/cm2に上げてあったせいもあってか、気にならないレベルになっています。 実は車高が落ちすぎてしまっていて、せめてタイヤハイトで稼がないとマズかったそうな。
 第二世代iPodも無事稼働して、流れの良い中環を走りながら念願だった藤井リナの"Bright like light"を聞くことができました。(まぁ、そんなオチです。すんまへん)
 
 点火時期も純正指定に戻したので、とりあえずレギュラーガソリンを満タンにしてみたところ、想像以上にカリカリ言います。 Festiva GTAの高圧縮ピストンに換装してあるので、やっぱハイオクでないと無理かなぁ...
 二台の車が共にハイオクってのは結構辛いっす。
 調子に乗ってオークションでとある部品も落としたけど、大丈夫かいな、こんなに金つこて。
 
 取りあえず、オープン最高! 五月晴れ最高! あとは働け!

| | コメント (4)

えへっ♪

 なんかギャルみたいな題名ですが、先ほどMIATAを預けている社長から連絡あり。
 検査通ったんだって〜〜

 いずれ全て報告しますが(誰も訊いてない?)、車検に通りにくい部品(違法部品とかではなく、検査官の判断が微妙に分かれる、という意味。 例えばリアサイドマーカーの点灯とか)とかがあって、それを戻す時間もいるから、と明日午後に引き取りとなりました。
 てっきり土曜日は工場休みだと思ってたもんなぁ。 一応ゴールデンウイーク中に間に合ったもんなぁ。

 取りあえず、明日引き取りに行って来るだよ。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »