« 何でもかんでも洗う | トップページ | 水泳がやっと快感に? »

小沢の進退

 地方選で民主党の連敗が続き、アンケートでは自民の支持率が上向く等、小沢の献金問題はやはり影響がありましたね。
 もし、あれが誰かの差し金だったとしたら狙い通り。

 ま、それはともかく、本当に政権交代を目指すなら小沢は党首を辞任するしか無いでしょう。
 てなことは本人も百も承知で、恐らく同じ散るなら最も効率的かつ今後も党をコントロールできるようにするかをじっと狙っている筈。 と思いたい。
 よもや総理大臣になる夢にしがみつくことはないだろう、と。

 ん〜、でも何となく頭の先からつま先まで清廉というイメージ(あくまで大昔の青春ドラマだけからですが)だった森田健作もあれこれ金がらみでいつのまにか汚れていたみたいですし、ほんと政治と金って永久に切り離せないんでしょうかね。

 一方で自民はこの民主凋落の機を逃さずに今こそ解散総選挙を、という動きもあり、それを待って小沢は辞め、仮にそれまで総選挙に不利な材料が出てきたとしても全て自分が被るつもりになっているのか。
 どちらにせよ、これまで日本の政治の、結果はともかく節目節目で存在感を示した小沢がどう動くのか、自民も民主もみんな気になって仕方がないと言うのが本音でしょう。

 私としては、とにかく一度は政権交代を実現してほしいと願っています。
 小沢(の秘書)の金問題とあわせて矢継ぎ早に打ち出した自民党の経済刺激策は、車を持たないもの、家電を買い替えられないもの、子孫に譲る資産がないもの、つまり経済的弱者には全く恩恵がありません。
 それでも古い車を買い替えると最大40万程国が補助してくれるのを聞くと、心が動く国民は少なからずいるでしょう。

 国債が税収を超え、かつてはひた隠しにして温存していたいわゆる埋蔵金をじゃぶじゃぶ使ったばらまきが次回選挙で功を奏すると、この作戦が必要悪として政治屋に染み付いてしまいます。 そしてなんの節約もせずに将来の増税の担保を握って裏でほくそ笑む官僚達。

 自民にすれば民主に政権が移ったら財政立て直しの失敗をそのせいにするだろうし、一方の民主も最初に自民の放漫運営あり、と言い訳にするだろうし、どのみち日本がさらなる経済破綻国家に向かうことは間違いなさそうです。
 しかしだからといって雀の涙のような給付金を手にして「ありがたやありがたや」と現体制を追認してしまうことはやがてレミングの列に並んでしまうことになると私は恐れています。

 これでもし解散総選挙で自民が勝利したら、麻生のクリンチ勝ちだなぁ...
 化け狸小沢 vs 泥亀麻生の死闘。 特撮映画かい?

|

« 何でもかんでも洗う | トップページ | 水泳がやっと快感に? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何でもかんでも洗う | トップページ | 水泳がやっと快感に? »