« 深夜の同胞にさよなら | トップページ | 私的春一番 »

レイズ・ザ・カーネル・サンダース

 もう全国の方がご存知のように、24年ぶりに道頓堀川からカーネル・サンダースが救い上げられました。(掬い上げ?)
 
 報道以後暫く考えていたのですが、普段滅多に縁起をかつぐことを考えない私でも、ちょっと期待を持ってしまっていることに気付きます。
 何せ、昨年は穴があったら入りたいような結末に終わった阪神タイガースのおかげで、今年は全くオープン戦には興味なく、ひょっとこから男前に監督が変わって何がどうなんねん、と拗ねモード。
 
 加えて、リーマンショック以前から大阪は不景気で、な〜んにも希望は無いわい、と思ってたところに見るも無惨な姿になりながらも笑顔で道頓堀から浮き上がってきたおじさん。 何かを感じざるを得ません。
 
 いやぁ、300mも下流に沈んでいたんですね。 24年前に投げ込まれ、暫くどんぶらこっこと流されたあげくに沈んだ結果がそこなんでしょう。
 よく、完全に隠したつもりの死体が、考えられないような偶然が重なって現れることがあります。 人はそれを「やはり死体になっても無念を伝えたいねんで」とか言いますが、カーネルおじさんも悔しかったんでしょう。
 にもかかわらず、笑顔で揚がってくるところは偉い。
 小さい頃から鶏の唐揚げをずっと作ってたという逸話を聞いて「なんちゅう暗い子供や」と馬鹿にしていた私は反省しました。

 「悟っとるがな」
 
 という感慨は私だけではなく、大阪市長や様々な人々も、これをきっかけにタイガースの優勝はもちろん、大阪の経済浮上にも願掛けしているようです。
 普段ならこういう出来事を鼻で笑うひねくれ者の私も、さすがに今回だけはちょっと信じてしまいそうな浮上劇でした。
 
 橋下知事の悲願、大阪府庁のWTC移転が叶ったら、屋上におじさんのレプリカを飾る?

|

« 深夜の同胞にさよなら | トップページ | 私的春一番 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深夜の同胞にさよなら | トップページ | 私的春一番 »