« (今頃)行ってきました阪急Men's館 | トップページ | さて、こいつをどうするか »

nは体感的にも速い

 例のパソコン教室のネットワークは順調に動いているそうです。
 やれやれ...
 
 それを聞いてのんびりと書けることですが、最近の無線LANの新技術である"IEEE802.11n"、思ったより速いことが分かりました。
 
 もともとこの教室でのテストで持ち込んだ自宅のAirmac Expressは初期の製品でb/g対応。
 実際に購入して設置したのは最新型でa/b/g/n対応になっています(外見の変更は無し)。 
 無線LANはgの理論値54Mbpsでもう必要充分と思っていた私は速度よりもなによりも安定した接続を重視していたのでnかどうかというのは全く考えていませんでした。
 
 ところが、実際に新品を導入してBonjuor for Windowsで登録したプリンターのテストプリントをすると反応が速いのです。
 旧製品の時に必ずPCのタスクバーに出ていたプリントステータスウインドウが出ません。出ても一瞬で消えてしまうのでクリックできません。
 
 もちろんプリントは普通に出てきますので、あれ?と思ってメインの無線アクセスポイントとなるAterm WR4500Nの説明書を見たらこちらもn対応。
 WR4500NとAirmac Expressが勝手にnで通信した結果がこの速さになっているようです。
 
 厳密にはドラフト段階でありながら、理論値300Mbpsというのは相対値としては、あながち嘘じゃないと普段自宅でgを使っている私には映りました。
 セキュリティや、a/b/gが割り込んできた時にどうなるかなどの細かい問題もありますが、これに対抗する有線LANはギガビットEtherしかなくなりますねぇ。 と、言っても私の手持ちの機材でギガビット対応なのはPowerMac G5だけなので通信相手がいませんが...

|

« (今頃)行ってきました阪急Men's館 | トップページ | さて、こいつをどうするか »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (今頃)行ってきました阪急Men's館 | トップページ | さて、こいつをどうするか »