« 葉わさび | トップページ | 5回目の車検 »

光プレミアムとAterm WR4500N

 はい、昨日の問題、本日解決してきました。
 何が問題だったかというと、NTT西日本から貸与されるルーター機能付CTUと、同じくルーター機能付無線アクセスポイントであるNEC Aterm WR4500N(PA-WR4500N)の初期設定IPアドレスが違うということ。
 
 NTT西日本の光プレミアムのローカルIPアドレスは192.168.24.xxx。
 対してWR4500Nは192.168.0.xxx。
 
 困ったことに、CTUの下にWR4500Nをポンと繋ぎ、WR4500Nの売りである初心者対策の「らくらく無線スタート」を押してしまうと、取りあえず簡単にインターネットに繋がります。
 この段階でどういう接続をしているかというと、ISPへの接続ルーター機能はCTU、WR4500Nは単に無線アクセスポイントとして動いています。 というのが恐らく普通の人にはわかりません。
 
 こういう場合、各設定を確認/調整するには各機器に内蔵されている設定用webページを活用します。
 ところが、簡単に接続できている状態ではCTUがDHCPで192.168.24.51以下のIPアドレスを配布。 当然ながら192.168.0.1のWR4500Nにはセグメントが違うので接続できません。 このままではネットワーク名の変更、電波強度、暗号方法の選択等、無線LANに関しては全く調整できません。
 
 Macに比べるとWindows VistaマシンのIPアドレスの手動変更は結構奥深いところにあって、やっと見つけて、そこからIPv4を選んでプロパティ>192.168.0.xxxとなります。 
 が、念のため再起動をしても192.168.0.1のWR4500Nに接続できず。
 四苦八苦して、結局WR4500N背面のリセットボタンを押し、さらに上流CTUへのケーブルを外してWR4500Nを再起動をすると、やっと接続できました。 推測ながら、冒頭の「らくらく無線スタート」をしてしまうとだめなのかもしれません。
 
 とにかく、これでやっとWR4500Nの設定ができます。
 進んで行くと、「NTT光の場合は(PPPoEルーターではなく)無線アクセスポイントとしてご使用ください」(実際にはCTUを設定すれば下流にをPPPoEルーターを設置することはできるようです)、「IPアドレスは192.168.24.211にセットして下さい」という非常に重要な情報が書かれています。 いや、それじゃ缶の中の缶切りでしょ。
 おまけに紙のマニュアルには「NTT西日本光プレミアムの場合は192.168.24.xxxが使用されます、WR4500Nに接続する場合は192.168.0.211とwebブラウザに入力して接続して下さい」という意味不明の記述が。 そんなんできるわけないやん。
 
 まぁ、でもこれでとにかく無線LANは各種設定が完了し、他の各マシンからも接続できました。 しかし今度はインターネットに繋がりません。
 これはVistaマシンのTCP/IPの設定で、IPアドレスをDHCPに戻したのに、DNSアドレス取得が手動入力のままであったことと、どういうわけかCTUが上流への回線を切断したままになっていたことが原因でした。 後者は192.168.0.1でCTUに入って「接続」ボタンを押して解決。
 なお、ここまで設定できればWR4500Nは192.168.24.211で接続できるので、設定の度にいちいちPCを192.168.0.xxxに変更する必要はありません。
 
 最後に付け加えると、このCTUの設定ページもタコで、ブラウザの戻るボタンが使えません。
 使うと「有効期限が切れています」というhttpsに良くあるエラーメッセージが出て、そこからどこにも行けません。 仕方が無いので再度CTUの設定ページに接続すると「既にログインしています。二重ログインです」と、まるでパソコン通信時代のようなエラーになり、一定時間使い物になりません。
 言いたいことはわかるけど、そんなにストリクトに設定すべき問題じゃないっしょ。
 
 あと、もう一つ、光プレミアムを契約したら光終端とCTU、VoiPルーター(ちなみにこいつは192.168.24.2でユーザー/パスはadmin/admin)がそれぞれ別個のACアダプタを引き連れて合計六つもアイテムが増えます。 本体デザインはそれなりに頑張っていても、ACアダプタは三つとも同く、でかくて醜悪。
 テレビでがんがんCMやってますが、こんなのが六つも増えるなんて工事の日まで誰もわかりませんって。 コンセント足りませんって。
 さすがにこれはNTTも認識しているようで、近くワンボディのものになる予定なんだとか。
 
 どちらにせよ、これまでADSLだとか単なる光でネットPPPoE環境を構築していても、ある日プレミアムにしたらエラいことになると思います。
 とは言え、なんとかこれで有線/無線LANの仕事は終わり。
 明日は有線USBプリントサーバの設定が残っています。

|

« 葉わさび | トップページ | 5回目の車検 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コスト的には今ある電話を光にしてトータルで安くなるのであれば行政も納得してくれるかもしれませんね。
そうでないのであれば、IP電話など余計な物を一切省いて単にネットだけで光を契約したらいくらか、というのもありかと思います。
まぁ、でもメールとwebだけであれば光は要らないと言えば要らないですよ。

障がい者関連の仕事はいろいろあるようですね。パソコンが普及してDTPやグラフィックデザインが誰にでもできるようになったのは良いことですが、それが単価を下げることにもなったわけで...

投稿: あやおば | 2009年3月23日 (月) 21時34分

そうですね。大阪市の委託金で運営しているので、無駄遣いはできません。

仕事で使わなければ遅くてもよいかも? なんて考えています。だけど、「光にしてください。」なんてNTTから案内の電話がいっぱいかかってきます。

そのほうが、NTTが儲かるからですよね
IP電話は、音声が小さくなったり、その他トラブルも多いですね

電話帳をもらえないとか、113などの故障の対処もテレファンもつかえなくて、フリーダイヤル、ダイヤルQ2も使えない・・・

だけど、時代はIP電話になっていますね。

イラストレーターは、福祉施設で仕事を請けたとき、私が自宅でつくって、法人の利益にしています。

これも、障がい者がかかわると、全額還元しないといけないなど、いろいろむつかしい問題があります。

たとえば、ロゴや地図のはいった名刺をつくって用紙とインク代が1000円で、3000円の売り上げがあって、障がい者の方に、名刺を切り離してもらった場合

30分でトンボで切ると、30分で2000円が工賃になります。
職員はお給料をもらっているので0円は、いいとして、福祉施設の運営資金(資本金)としてプールできません(^_^.)

投稿: アミティエのあみちゃん | 2009年3月22日 (日) 13時51分

はじめまして>あみちゃん

 専門学校の非常勤講師はもう14年目に入ります。高校は週一回のバイトって感じです。

 今回セッティングをしているパソコン教室は、高校時代の義理的なヘルプです。(昨年の同窓会で会ったが32年目)
 お年寄りがメインなのでなかなか男性の私には難しいかもしれません。(とはいえIllustratorの要望があったらやるよ、とは言ってますが)

 さすがに今ではWindowsは触れません、とは言えないので使える程度にはなってますが、細かい設定や作業はやりたくないのが本音です。

 ネットの速度は私の場合、事務所が47MのADSL、自宅がマンションタイプの光です。 共に下りは13M程でています。 光もマンションタイプの共用だとこんなもんです。 でも速度は安定しています。
 光って言っても今は安くなりましたから、もはや無駄遣いとも言えないと思いますよ。

 教室への持ち込みノートと言えば、こちらも今日そのセッティングと確認をしなくちゃ...
 確かに教室の設定をしちゃうと自宅で繋がらないことも考えられますねぇ... やれやれ。

投稿: あやおば | 2009年3月22日 (日) 11時32分

はじめまして、専門学校、高校、大学の先生をされているのでしょうか?

DTPの指導もされていてMacintoshもつかわれているのですね。

私は、もともとは出版関係で働いていたので、写植やMacintoshが専門でしたが、今はWindowsばかりつかっているので、たまに印刷の仕事をうけたとき、ちょっと戸惑うことが・・・

インターネットの接続は、モデムが設定されていて、ケーブルをつなぐだけで、簡単につながるのと、なかなかつながらないのがあって、めんどうですね

土日祝だけパソコン教室をやっていますが、教室にノートパソコンを持ってこられる方がおられます。

関西電力のEOと、イーモバイルで自宅の無線LANなどだと、教室のネットにつないでも、そのままではつながりません(^_^.)

設定を変えてしまって、生徒さんが自宅にノートパソコンを持って帰って、ネットにつながらなくなったら、初心者の方だと電話だけでサポートできないので、教室では、教室のパソコンのインターネットを使っています。

むかしむかしは、インターネットも時間制、ニフティサーブも時間性に電話代の通信料が必要で、HPを見るのもパソコンに保存して、オフラインで見る

そんな時代で、インターネットにつなぐのもすごくたいへんでしたが、いろいろややこしくなったといえ、今はだいぶらくちんにネットにつなぐことができるようになりましたね

福祉施設のパソコンは、今時、1MのADSLネット環境ですが、3台で同時にインターネットを使う事があります。

実行速度も1,1メガくらいでているので、それほどストレスはありませんが、さすがにギャオのカラオケなど動画がはいると、画像と音声が止まります。

50メガのADSLでも、1メガくらいしか出ていないことも多いので、低価格ということを考えると、1メガでもしかたないですね

だけど、そろそろ光にしないとだめなようです。
月に3000円高くなると年に36000円・・・ それも無駄遣い?

ときどき、0.01メガくらいの低速になるので、モデムなどを再起動して、修復しています。

プロバイダーに原因があるときもあって、ネットの速度を維持するのはたいへん


投稿: アミティエのあみちゃん | 2009年3月22日 (日) 03時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 葉わさび | トップページ | 5回目の車検 »