« 電気代、その後 | トップページ | 配列ではなく、正規表現だった »

PHP4->5へのドタバタ

 テレビだのなんだのと、何かに手を取られているとここの更新が滞りがちになります。
 ということで、ここから暫く(多分...)はサーバーネタ。
 
 この厳しい時代にもかかわらず、新しい仕事の話がありまして、それを手仕事でしても良いけど、正確且つ素早く「前向きな横着」をしよう、と事務所の趣味のサーバーを使うことを考えました。
 簡単に言うと、GoogleやYahoo!の検索APIを使って、ということなのですが、市中の参考書を見ると、PEARやZend Frameworkのライブラリを使えとあります。 ただ、その為にはPHPを5にしなくてはなりません。
 
 いやぁ、それは以前エンタープライズサーバーのPHP3->4でエライどつぼにはまったので、ちょっとビビる。 ライブラリ使わずにベタのPHPでやろうと思いつつも、いつまでもPHPが5のままで良いわけも無く、それができないってのもなんか自分が無能っぽくて、そうなると好奇心が止まりません。
 
 ということでMac OS X server(10.3.9)と格闘開始。
 これで参考にしたのが自分の過去のblog記事。 blogって自分の備忘になることを痛感。
 さらに今回もネット上の多数の記事にお世話になり、PHP本家の5.2.8から始まって、結局はAppleのサイトから5.2.6のソースをダウンロード。

 例のごとく「-lxxx-oのライブラリが無い」とか言われつつもコンパイル〜インストール成功。
 Apacheの設定を「サーバ管理」からやって、再起動すると、昔から動いているOsCommerceのページでundefinedエラーが。 もしかして、と思ってphpinfo()を叩くと、mySQLが組み込まれていない。
 あぁ、そう言えばPHP5からmySQLとの相性が悪くなったんだ、と思っても後の祭り。 さらにmySQLは現状4.0で、これも5.0か最低でも4.1にした方が良いとか...
 
 結局mySQLが組み込めず。 OS X serverが10.4ならこういうのもあるんだけど、もうこうなるとOS, PHP, MySQLと全部バージョンアップすると、文字化けも含めて、その後何が起こるか分かりません。 幾ら趣味のサーバーとは言えそのFIXを考えると気が遠くなって、結局PHPを4.4.4に戻しました。
 .soファイルの名前が"php4"と"php5"で明らかに名前が違うので、簡単に戻りましたが、あれ?画像ファイルが表示されない。 まぁ、これは.iniファイルの設定が書き変わったか何かでしょう。
 
 そんなことより、肝心の検索APIの方をなんとかしなくちゃ、とまたネット上をさまよったら、なんだ昔からあるfopenとか使えばPHP4でもネット上にあるファイルのやりとりができるんじゃない。
 と、いいつつ、私の苦手な行列(配列)でやってくるxmlファイルをどうしたら良いのか、完全に忘却の彼方になっておりまして、これが今後の当面のヤマとなります。
 
 ということで、なんのこっちゃのどたばたでした。
 安定しているサーバーをいじるのは怖いので(まぁ、世の参考書は気軽にPHPは5だのそろそろ6の噂が、なんて気楽に書いてありますが)、そろそろIntel搭載のMacMiniでも買って、OS X Server 10.5 + Apache2 + PHP5 + mySQL5上でライブラリ利用とかX86バイナリのビルドとかやってみたいんですけどねぇ...

|

« 電気代、その後 | トップページ | 配列ではなく、正規表現だった »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電気代、その後 | トップページ | 配列ではなく、正規表現だった »