« この携帯いいかも! | トップページ | MR504DVのクセ »

co.jpドメインを"お名前.com"で取得

 先日、折角高いお金を払って保持している固定IPアドレスにドメインネームを付加することを考えました。
 実は一時期、@niftyのダイナミックDNSを契約している時にはそれなりのドメインネームを持っていたのですが、それは末尾に.atnifty.comってのがついてまして、さらにそれは仕事の関係で固定IPアドレスを取った時に消えてしまいました。
 
 もともと固定IPを持ったのは、ホームページを公開したいとかではなく、先方がセキュリティのためにIPアドレスで接続許可を判断するというシステムに従ったものです。
 とはいえ、技術デモをIPアドレスで通知するのもちょっとなぁ、と思ったのと、折角法人格を取ったんだから、とわざわざお金を払ってco.jpドメインを取ることにしました。
 
 以前、仕事で他団体のドメイン取得をした会社は既に倒産していて、価格.com等で比較することもなく、何となく(本当に理由無く)ふらふらとお名前.comで契約。
 大昔はco.jpやac.jpの申請には確か登記謄本が必要だった記憶がありつつ、登記情報を入力するだけで申込はすらすら。 費用の振込が確認されてから営業日二日で登録完了のメールが来ました。
 
 ところがここからDNSサーバー設定で一苦労。
 お名前.comは基本的に自社で管理するco.jpドメインは自社のDNSサーバーで管理するのがデフォルトで、こちらサイドでDNSサーバーを稼働させるにはいろいろな手続きが必要だったのです。
 これがちょっとわかりにくく、少々苦労しました。
 
 取得したxxx.co.jpを叩くとお名前.comのトップページに飛び、そこから契約時点で付与されるIDと申請したパスワードで「お名前.com ドメインNAVI」にログイン。
 最初はここから「ネームサーバーの変更」というメニューで自前のIPアドレス(自前DNSサーバー)を選んで変更したのですが、程なく「変更不可」のメールが来ました。
 メールにあるサポートデスクに問い合わせると、
 
 「ホスト登録・変更・削除」でホスト登録 → 「ネームサーバーの変更」
 
 の順でやってくれ、というお答え。
 さらに自前DNSを稼働させる場合は、スレーブ(セカンダリー)は、"2nd.dnsv.jp"を使うことを推奨、ということなので、さらに「セカンダリDNS」というメニューから設定。
 
 この流れを一番最初の「ドメイン登録 完了通知」メールに書いておいておくれ>お名前.com
 とは言え、取り敢えずこれで「お名前.com」上での作業は終了。
 
 ドメインネーム関連の変更は、インターネット上に実際に反映されるのは48〜72時間待つように、というのが定型文となっているので、これで実際にセッティングが正しかったのかどうかはすぐにはわかりません。
 とはいえ、実際には12時間程度で反映されるのが常でして、48時間近く経ってもpingを叩いても相変わらずこちらのIPアドレスが反映されていません。
 
 こりゃ、こちらサイドのセッティングがおかしいのでは...、と不安になった後のお話はまた明日...

|

« この携帯いいかも! | トップページ | MR504DVのクセ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この携帯いいかも! | トップページ | MR504DVのクセ »