« 作っている人のお話(1) | トップページ | よくやった>警察 »

作っている人のお話(2)

 さらに昨日から続きます。
 
 三宮に仕事に行く度に、207、321、221、223系を利用している身としては、ここしばらくずっと考えていたことがあり、それを話してみました。
 
 それは207系に比べると321系は駄作ではないか、という疑問。
 理由は207系に比べて劣る動力性能、ブレーキ突入時のソフトウエア設定のまずさ(つんのめる)、ディスクパッドの泣きなどです。(後ろ二つの問題は最近幾分改善されました)
 
 たまたま321系は全て近車製造ながら、設計は川重だそうで、製造側の誰が悪いわけではなく、全てはJR西日本の要求なんだそうです。
 コスト的にも321系は207系に比べて数割安く、例えば223系でも1000番台と2000番台の最新では約二割程納入価格が安くなっているそうで、窓側座席の肘掛けや蛍光灯カバーの省略、細かいところでは車内の車両番号表記板を銘板からステッカーにする等の涙ぐましい努力の結果だそうです。
 
 207系と223系1000番台は共通する部分が多かったのですが、上記の理由により、最近の223系はどちらかというと321系に似ているということで、性能至上主義的な時代はもう終わったのかもしれません。
 
 製造側としては例の脱線事故でマスコミがいかにも軽量車両であることが一因だったというような報道をされたのが非常に悔しかったということで、この辺りは私がこのblogを立ち上げた直後に書いたのとほぼ同じ感想でした。
 
 車両の重量について付け加えると、山電の話で、全く鉄道に興味のないおばさんが、近くを走る電車の振動だけでそれが山陽の車両なのか、阪神の車両なのかがわかるという逸話を聞きました。 特にアルミ合金車両の場合、それだけの実効的な差があるということなのでしょう。
 
 さて、話は戻りますが、その方にとってのベスト223系は1000番台。そして321系は207系の後継とは言えない、という結論に落ち着きました。
 これは日々利用している私の感想と同じなので、納得。

|

« 作っている人のお話(1) | トップページ | よくやった>警察 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作っている人のお話(1) | トップページ | よくやった>警察 »