« 片手クロールのコツ | トップページ | やっぱり文科省はバカかもしれない »

後藤田のクルマ

 後藤田、って誰でしょね。 次回が最終回の「セレブと貧乏太郎」に出てくる悪役(?)で、柏原崇が演じる役どころです。
 
 ドラマそのものについては以前書いたので、今回はそのクルマについて。
 最初、彼はジャガーXJに乗っていました。
 私はてっきりジャガージャパンがバックについているもんだと思っていたら、なんとか車両という、いわゆる撮影に使用する各種車両を用意するプロダクションの持ち物だというのがわかって、ちょっと驚きました。
 というのは、劇中でこのXJがよく登場していたし、地下駐車場で主人公の佐藤太郎と後藤田が話すシーンでは言わば名脇役的大道具として目立っていたのです。
 
 ところがある回から突然アウディA8が登場し、確かその回のみXJとのダブルキャストで、以後A8のみに。
 気になってエンドタイトルを見たら、今度はきっちりアウディジャパンの名前とロゴが出ています。
 
 たぶんこれは番組に注目したアウディ( or 代理店)がA8の提供を申し出たんでしょうね。
 これが最初からジャガージャパンがついていたら、通常番組途中の交代はあり得ません。
 
 ま、それはそれとして、何が言いたいかというと、後藤田のキャラにはXJが似合ってたのになぁ、ってことです。
 共に両ブランドのフラッグシップながら、XJの方が、良く言うときらびやか、悪く言うとワルっぽさがあるんですよね。 最終回でどう転がるかわからないですが、今のところ後藤田は冷徹な起業家で悪役。加えて一度はつまらない事件で落ち目になった柏原崇のファッションや身のこなし等、XJがぴったりだったんです。
 その点A8はどこか誠実さが出てしまって、A8に変更されてから「もしかして後藤田はいい奴なんじゃないか?」と勝手に想像させるだけの(少なくともわたしには)違いでした。
 
 マニアな視点から見ると、この両車、共にアルミボディです。
 追い込んだ時には4WDのA8はどうしてもアンダーが出てしまい、この点はFRであり、大昔から素直にリアから崩れるXJの方が私は好きです。 もちろん、ビジネスの足で、雨の日も雪の日も全国を駆け巡る、ってのであれば間違いなくA8ですけどね。
 
 余談ながらA8搭載のインテリジェントクルーズコントロール。
 車間を最短にしたらドライバーがちょっとビビるぐらい前者との距離を詰めてくれます。欧州ではこれで延々とクルーズするんですねぇ、奴ら。(誰だ?)
 前者が遅ければ当然減速して追随し、道を譲られた途端にグァッと設定速度まで加速して行く様はなかなかセレブな気分に浸れます。
 
 てなこと言いながらもうすぐ最終回ですね。
 上戸のあのウルウルした瞳が見られるのもあと一回...
 なんやそれが言いたいだけかい。

|

« 片手クロールのコツ | トップページ | やっぱり文科省はバカかもしれない »

映画・テレビ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 片手クロールのコツ | トップページ | やっぱり文科省はバカかもしれない »