« 後藤田のクルマ | トップページ | タノシイクルマ »

やっぱり文科省はバカかもしれない

 文科省が高校の英語を原則として英語で行う、という決定を聞いて、先日の橋下伍長ではありませんが、私も文科省の職員はバカだと思いました。
 
 小学校ならともかく、複雑な言い回しや思想表現を英語を学んでいる最中の学生に、どうやって英語で説明できるのか、まず職員に実例を見せてもらいたいものです。
 高校英語とは言わないから、直接と間接話法の違い、過去完了を含む時制の一致、否定疑問文に対するYes/Noの説明から聞かせてもらいましょうか。
 
 街の英会話学校で「全員ネイティブ」というのを売りにしているところが多いですが、これのどこが優れているのか私にはさっぱりわかりません。
 海外で生まれ育った人は別として、普通の日本人は既に日本語で思考するように脳内が構築されています。ですから、英語に限らず他言語は全て「翻訳」となります。もちろん、ある程度慣れて来ると簡単な文章はその言語で思考できるようにはなりますが、それはある程度苦労して、ヤマを乗り越えてからの話。
 このヤマが乗り越えられない英語嫌いが大学や社会人で問題になっている今、日本語で言葉の差異を説明できないネイティブなんて意味がないのです。
 
 最も優れた外国語教師は、その言語と日本語に精通していることで、日本語で説明できず、さらに日本語の質問も理解できないネイティブに価値はありません。
 日本人の英語は通じないとよく言われますけど、単語力は相当なものです。これはなんだかんだ言われても受験英語のお陰。 つまり通じないのは発音のまずさが原因。
 「だから英語漬けで教育しようって言ってるんだ」というのはあさはなか短絡思考。
 良く言われるRとLやer,or,arの違い、f,v,thなど、既に日本語を聞くことに固まってしまった脳に、いくら先生が発音しようが、CD教材を聞いても同じ。その違いをちゃんと発音記号もあわせて認識させることをしないといけないし、それをちゃんと日本語で教えろよ、ってことです。
 
 私が小学校5年から通った英語の塾の先生(元進駐軍の通訳)は最初はこればっかりでした。でも私が高校英語で落ちこぼれながらも40代でTOEIC700点代取れたのもこの先生のお陰です。 今でも英語のみならず、アルファベット圏なら発音記号さえ添えてあればなんとか適当に発音することができます。
 一方で小学校から大学まで、英語の授業で発音記号をちゃんと教えた授業は一つもありませんでした。
 これじゃ、いくら単語力があっても通じるわけがありません。
 伝統的な教育が英語嫌いを作ったと言われがちですが、最も伝統的である発音記号すら忘れていたことを文科省の連中は再認識してもらいたいものです。
 
 今回の文科省の決定には、いずれ現場が付いて行けず、その後どこかの英会話教室と提携して、という筋書きがあるのでは?と裏読みしてしまいます。 そういう連中がアドバイザーとして「ネイティブでっせ、オールいんぐりっしゅでっせ」と入れ知恵でもしたのかもしれません。
 
 ニュースを追跡すると、これに繋がる入試は今までのまま、と言いますから、辞書を引かずには意味不明の受験英語を理解するには日本語を経由しないと絶対に合格できません。(おまけに脱ゆとりで、覚えなくてはならない単語も40%高校で増えるんだとか) つまり、いい迷惑。
 
 もうひとつ問題なのが、この方法で仮に英語力が向上したとしても、あくまでそれは英語のみの話。
 世界の他言語は英語だけではありません。単に割合として英語が最も効率が良いだけで、耳から覚えただけの英語教育は、それ以外の外語への興味付けや、学習思考の組み立てに役に立ちません。
 
 恐らく文科省の連中は、内心バカにしている他国(特にアジア)の方が英語会話力が高いことが我慢できないと思うのですが、これはそれらの国々が母国語では食って行けない宿命を背負っているからです。幸か不幸か、日本はアメリカによる占領を経ても尚、日本語だけで食って行けた特異な背景があることを忘れています。(だからと言って日本語以外の言葉を学ぶ必要がないと言っているのではありません。詳しくはこちら
 
 つまりは日本人が生きた英語を学ぶ、あるいは必要性を感じるには、前にもどこかで書いたけど、小学生の修学旅行に日本語が通じないところに連れて行くとか、そういう環境に投げ込まない限り無理でしょう。それが無理だから、答えが「全て英語による英語教育」というのではバカとしか呼びようがありません。
 どこか根本的に間違ってるんです。
 
 え〜、気がつくと熱くなってだらだらと書いてしまいましたが、最後に厳しい一言を。
 「たのしい英語」なんてのは幻想です。
 Hiroko KubotaがいつもFENで言っていた「他言語を学ぶことは長い長い道のりです」というのがごまかしようの無い真実です。
 それでもあえてやらねばならないのが教育というものです。
 もうちょっと考えて下さい。みんな偏差値高いんでしょ?>文科省

|

« 後藤田のクルマ | トップページ | タノシイクルマ »

社会問題」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 後藤田のクルマ | トップページ | タノシイクルマ »