« やっぱり文科省はバカかもしれない | トップページ | ダメダメなヤナセのメカ »

タノシイクルマ

Fortwo

 昨日、W202のスタッドレスタイヤを新調する為に、かつてのバイト先にホイールを持って行きました。
 装着予定は26日ながら、先にホイールを置いておけば作業が楽かも、という元従業員根性。
 
 そしたら、最初暇の筈だった当日前後が忙しくなり、車を置いておけば今日中に作業を済ませることができるので、そうしてほしいという話に。
 私は全く問題ないので、じゃ、代車貸して、ということで借りたのがsmart K。
 最初は別の代車であるsmart forFourを、という話が出たんだけど、即座に「forTwo(K)にして」とチェ〜ンジ。
 
 バイト中、車の引き取りや買い物にしょっちゅう乗っていましたが、家にまで連れて帰るのはこれが初めて。
 軽登録ですが、コンピューターチューニングしてあるのでパワーはモリモリ。
 バイト中にはこれで京都まで名神を1x0km/hでぶっ飛んで行ったこともあります。
 
 ま、そんなハードな話題を抜きにしても、この車、何故か楽しいんです。これは私だけじゃなくて、バイト時代、代車をわざわざこの車に指定して来るお客様も多数いたくらいです。
 特にこの車はホイールとタイヤがどでかいので、ちょっと宇宙船みたいにも見えます。
 
 若者が車離れしていると言われている中、こういうクルマに乗ればまた彼らの気持ちも変わると思うんですけどねぇ。
 
 Miataも楽しい車ですが、それにもまさるこの魅力、何なんでしょうね。 この楽しさは、初代CIVIC RSにマルエヌのオープントップを付けた時の気持ちに似ています。
 この楽しさに比べたらW202は老執事みたい。
 
 ホントは自分のクルマにしたいんだけど、さすがに今の暮らしでクルマ三台は無理。
 Miataの車検取得の日を夢見つつ、本日の引き取りまで楽しませて頂きます。
 
 W202のスタッドレスの話題はまた。

|

« やっぱり文科省はバカかもしれない | トップページ | ダメダメなヤナセのメカ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり文科省はバカかもしれない | トップページ | ダメダメなヤナセのメカ »