« 臨界前軍事クーデター | トップページ | 暗殺の危惧 »

二十年かかった

 一昨日、腰回りがゆるくなってどうしようもなくなったリーバイス505のワンサイズダウンを買おうと、近所のジーンスショップへ。
 ところが、今のは確かここで買った筈なのに、507しか置いていません。
 なんちゅう品揃え、と思いつつ、この不景気じゃ在庫に無理も言えないか、と諦めました。
 
 リーバイスというと何となく定番を作り続けていると思いがちですが、実はころころと細かいモデルチェンジをしています。だから品番の三桁数字を覚えて店に行っても、それは何番になりました、廃番になりました、ディテールが変わりました、などなどで結構店頭で苦労します。(redloopシリーズはどこ行った?)
 
 だからサイトでじっくりとお勉強、00505-0037というモデルに決定。
 ただ、ここまで絞り込むと、恐らくなまじのジーンズショップでは在庫が無かろう、と定価販売を覚悟でオフィシャルショップに行くことに。
 たまたま昨日、学園祭に絡めた飲み会に出る為に三宮に行ったので元町まで一駅脚を伸ばしました。
505
 
 いやぁ、相変わらず旧居留地を歩くのは気持ちがいいです。こんなところで一本一万円程度のジーンズを買っても良いのだろうか、と思いつつ、でも土曜日の割に全体的に人通りが少ないような気も。 ブランド品がひしめくこのあたりも昨今の経済不況のあおりを受けているのでしょう。
 
 さて、ショップに着いて、505のコーナーに案内してもらいます。
 単品指定でさらに28in.という製品ライン最小サイズなんて無いかも...、と思ってたら、505シリーズの一番上に乗っていたのがそれそのもので、肩すかし。 あれれ?
 
 「一応29in.も後からお持ちします」と言ってくれる店員さんにお礼を言いつつ、取り敢えず28in.を試着したら、あっさりポン。伸びを考えると本当はもう少し細くても良いんだけど、もうそれ以上細いのはメンズではありませんから、悩むこと無くお買い上げ。
 
 28in.って思えば二十台後半ではすでにキツキツだったなぁ、と思うと、戻ってくるのに二十年かかったことになります。 最大で30in.の時代があって、そこから食べ物でほぼ10kg落としても29in.でしたから、水泳ってのは効くんですねぇ。
 なんもそんなぴったりの履かいでも、と言うなかれ。 私の時代は腰履きってのはあり得なかったんですよ。
 スリムでもストレートでもブーツカットでも、腰だけはぴたっとしてないとなんか落ち着かなくて。
 
 いつものごとくまた明日洗濯するので、乾いてからのお楽しみとなります。

|

« 臨界前軍事クーデター | トップページ | 暗殺の危惧 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

 いよいよ寒くなって来たのが引き金かどうか、服を欲しくなる季節なんでしょうかね。
 んで、511、調べてみました。なかなか洒落ものですね>夫
 組み合わせるトップも揃えないと今の私の持ち服では履きこなせません。
 ただ、スクエアトップってのがどんな履き心地なのか興味ありますねぇ。 試着しないとこればっかりは確かめられませんけど。

 505はフツーにまともなジーンズなので、新しいうちはお洒落着に、ヨレッと来たら普段着に、ぼろぼろになったら作業用に使い回せるので経済的だったりします...

投稿: あやおば | 2008年11月10日 (月) 00時01分

あらま、なんだか思わぬシンクロニシティに微笑んでしまいました☆

なーんでそんなに505にこだわるんやら〜?と、ジーンズに思い入れのないワタクチには「ハテナ?」と思ってしまうのですが、実は、我が夫君も505の人なのですわー。んで、ちょうど先週、新しいジーンズを購入したところです。夫は購入前からネット等で505、505と思っていたようですが、ジーンズに思い入れのないワタクチは「ほいほーい」と一緒に近所のライトオンへ。当然のよーに、505は置いてなく、あれこれと試着してもらった結果、511の29in.を買いました。オシリが小さい四角にデザインされた細身のタイプです。私としては28in.で細ーく履いて欲しかったのですが、夫は腰回りにもうちょっと余裕が欲しいということで29in.に。まあ、なかなか素敵なので、ワタクチとしては満足なのですね。んで、これでジーンズ熱も収まったかしらん?と思ったらば。

購入した帰宅後、再びネットで505をチェックしてました。ワタクチ自身はユニクロのジーンズで全然不満はないんだけどなァ。ともあれ、彼は結構なシャレ者なので、なかなか興味深く楽しませてもらってますわ〜。

投稿: まゆ | 2008年11月 9日 (日) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二十年かかった:

« 臨界前軍事クーデター | トップページ | 暗殺の危惧 »