« 2009もおバカなノートン | トップページ | これが噂の「大ロシア」 »

本当はバトー君コートが欲しかった

2009w_onward
 本日、やっとオンワードのバーゲンの最終週に行ってきました。
 一応最初からの目的だったボタンダウンシャツは手に入れることができたものの、やはり良い柄は最初のうちに売れたのか、品揃えは今ひとつでした。
 価格もいつもと同じ三割引で、メーカー直なんだからせめて最終週くらいは半額にしてほしいものです。 だったらあと一着買えたのに。

 ということで、定番のJ.PRESSのオックスフォード地は、青と赤ストライプ。それにカジュアルシャツ仕立てのこれまた赤のギンガムチェック。 赤が多いのはたまたま品揃えの関係です。
 
2009w_onward2
 それから下に写っているのは100%フェイクのブルゾン。
 本来は攻殻機動隊のバトーが着ているランチコートがずっと欲しくて探しているのですが、大学時代に金持ちの友達が本革、本ファーのを持っていて、それが当時で3万円近くだったそうですから、今なら正札5〜10万円ってところ。
 もともと、このタイプのコートは今は流行が終わっていてなかなか売っていないし、仮に売っていてもそんな値段はおいそれと出せません。
 
 結局なんとなく「ベージュのショートコートで良いかぁ」と思い、現実は全てフェイクの「ただのベージュの生地にファーがついているだけ」のものになりました。
 とはいえ、正札は27,000円。 こちらは半額でした。
 ま、本物はまた余裕ができたときの楽しみにしておきます。
 
 さて、たまたま今回赤系のシャツが二着増えたので、元から持っている赤(といってもオックスフォードの綾織なのでピンク)とあわせて三着になりました。 ということで明日はダイエーに行って赤のコンバースでも買って来ようかと画策中...

|

« 2009もおバカなノートン | トップページ | これが噂の「大ロシア」 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当はバトー君コートが欲しかった:

« 2009もおバカなノートン | トップページ | これが噂の「大ロシア」 »