« 針みじかっ | トップページ | こんな感じです2008 »

j-pop秘密のタレ

 このブログはニフティのココログというシステムの上に乗っかっておりまして、設定画面に最近ココログニュースの見出しが表示されるようになりました。
 
 ニフティの社員か外注かは不明ながら、スタッフがココログ上の面白いネタを拾って来て紹介する、というシステムです。 で、これが結構面白いので、最近ついついクリックしてしまっています。
 野次馬的ではあるんだけど、決して浮ついた言葉や、我々の世代からすると受け入れがたいネットでしか通用しない言葉遣いも無く、まとめるライターがうまいという印象を持ちます。 
 本来はここからリンクしてある各ココログを見てほしいんだろうけど、ニュースを読むだけでも結構楽しめます。

 で、こないだ感心したのが、「マンネリと違法コピーに苦しむ音楽業界」でして、ここからのリンクで音極道というココログのj-popの多くはCメジャーでいう、FM7 G7 E7 Am の四つのコードのサビで成り立っている、という記事です。

 ここにリンクがある動画を見たいが為にわざわざニコニコ動画に登録した程でして、思わず納得の一品でした。(にしてもニコ動のあのコメントにはうんざりします。"wwwwww"って見ただけで即非表示にしました)
 
 時は丁度小室の逮捕のニュースが流れておりまして、自慢にもなりませんが、TMNを含む彼の音楽と、彼が提供した楽曲は一度もいいと思ったことが無いし、CDも当然一枚も持っていないので、彼の逮捕はショックでもなんでもありませんでした。
 ただ、この動画で説明されている四つのコードで成り立っているおびただしい曲の(サビの)メドレーを聴くと、小室やavexに限らず、日本人の一種典型的なパターンがはっきり浮き出て非常に興味深かったです。
 
 我々の世代ぐらいから演歌をバカにする風潮が生まれ、実際私もその一人ですが、この四つのコードで酔う、それ以降の世代も演歌世代をバカにできたもんじゃないかも、と思ったりします。
 と、思ってたら先日NHKのクローズアップ現代で、演歌復活の兆しがあるという特集をやっていました。
 この辺り、どうして特定の曲調が一般的な日本人の曲調を掴むのか、茂木先生でもだれでもいいから研究してほしいですね。

|

« 針みじかっ | トップページ | こんな感じです2008 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: j-pop秘密のタレ:

« 針みじかっ | トップページ | こんな感じです2008 »