« 素のクルトン、不味っ | トップページ | 本当はバトー君コートが欲しかった »

2009もおバカなノートン

 期限が切れたらおさらばします、と宣言していたノートン・インターネット・セキュリティ。
 VAIO typeUの貸与元が「あれこれウイルス対策ソフトを変えるのは得策ではない」とノートン指定となり、結局更新しました。
 
 で、2009シリーズが「ゼロインパクト」というコピーのもと、CPUとメモリの占有率を画期的に減少させた、というコピーを読み、さらにITmediaのインプレッションも読んで、非力なtypeUが少しでもさくさく動くなら、と願い、アンチウイルス2009に更新しました。
 
 結論から言うと、ゼロインパクトなんてとんでもない、ビッグインパクトを与えられてしまいました。
 何をするにも一呼吸どころか数秒待たされるようになります。
 結局、設定の中から「スパイウエア対策」をOFFにすると以前のスピードに戻ることがわかりましたが、ファイルI/Oのタスクがあるたびにシステムも含んだ該当ファイルをスキャンするようです(HDDランプが数秒間点灯しっぱなし)。 汚いことに、このディレイの間、ノートン設定パネルのCPUモニターの目盛りは全く振れません。 なんだ、インチキじゃん、このメーター。
 
 このマシンは特定の仕事限定で一日二時間程しか使いませんから、webブラウズもメール送受信も無し。 結局多数あるメニューから「ウイルス対策」以外は全てOFFにすることで対処しました。 でもこれでは日々のライフツールとしてWindowsマシンを使っている人は不満でしょう。
 
 ついでに言うと、マニュアルには「以前のノートン製品がインストールされている場合は事前に削除して下さい」と書いてあるのに、インストールCD(typeUだから正確にはCloneCDでソフト的にマウントされたイメージファイル)の「インストール」ボタンを押すと、自動的に古いバージョンのノートン製品のアンインストールが始まります。
 これが成功すれば「なんだ、結構親切やん」と思えるのに、これがおバカ。
 小一時間かかってハードディスクアイコンが全く点灯しなくなって、つまりアンインストールが終わっても2009のインストールが始まりません。 白目剥いてパー。
 ここからインストーラーのキャンセルや終了は受け付けない設計になっているので、しかたが無いからマシンごと強制終了。
 再度電源投入すると、自動的に再インストールが始まるとはいえ、結構怖い。
 
 貸与元の指示だからいいけど、自家用として買ってたら後悔してるでしょうね。
 ウイルスの脅威は皆無ではないとは言われながらも相変わらずその手のソフト無しで息災に動き続けているMac OSXマシンを日々使っている身としてはPCユーザーに同情したくなります。

|

« 素のクルトン、不味っ | トップページ | 本当はバトー君コートが欲しかった »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108674/43247550

この記事へのトラックバック一覧です: 2009もおバカなノートン:

« 素のクルトン、不味っ | トップページ | 本当はバトー君コートが欲しかった »