« 突然昆布茶 | トップページ | しょうゆは三滴 »

ダメ虎再来の予感

 はい、阪神タイガース、ポストシーズン敗退しました。
 まぁ、ファンとしてはもう怒る気もしないシーズンでした。
 
 今日の試合で言えば、打つべきところでホームランを打つクリーンアップと、サッカー日本代表顔負け、あるいは晩年の片岡のように悔しそうな演技だけが天下一品のクリーンアップの違いでしょうか。
 仮に今日勝てても、巨人に通用するわけがなく、そう言う意味では中日はよく引導を渡してくれた、という気にもなります。
 
 怖いのは来年から暫くお馴染みのダメ虎再来の予感がすることです。
 最大13.5ゲーム、二位を離していても優勝できなければ、一体どれだけ勝てば良いのかという具体的な感触が持てなくなるはずで、ここぞという時に弱いタイガースの本質が露呈すれば、僅差での優勝争いはさらに無理でしょう。 誰が監督になっても一緒。 いや、噂されている真弓、木戸、平田共にこの体質をよく知っている筈。
 皮肉抜きでここ暫くの阪神の応援は、テレビを見ながら罵倒するというパターンでして、まぁ、そう言う意味では懐かしい時代への回帰という気もします。
 
 とはいえ。
 今頃は京阪神を中心とした飲み屋や茶の間で「戦犯探し」が行われているでしょう。
 私なりには何よりも野口。
 オリンピックの間、矢野がいない留守宅を護るどころか大連敗のきっかけを作ってしまいました。 次期正捕手の座を奪うチャンスだったのに、結局老体矢野をその後酷使することに。
 
 次に金本。
 今の阪神ファンにタブーはありません。 今期、何度もホームラン性の当たりが外野フライになっていたのが印象的でした。 偉大な打者の引退の引き金になる典型的な事例です。
 もちろん本人が一番気がついている筈なので、来季の去就が気になります。
 
 最後に星野。
 気合いのアピールだけでオリンピック代表選手を選んで見事敗退、加えて多数の故障者に決定的なダメージを与え、真偽の程はともなく今回のひょっとこ、いや、岡田監督の引退の因縁を作ったともなれば、結局もうろくした根性ジジィを甘やかしてしまった日本の野球界全体の問題とも言えるかもしれません。
 
 いえ、別に怒ってないですよ。
 ポストシーズンもあわせて150試合近く、ご苦労様でした。 かつては五月で終わっていたタイガースファンのシーズンを十月まで楽しませてもらったことには感謝しております。
 来春まで野球にさようなら。

 あのうっとおしいナベツネの口を封じる為にも中日頑張って下さい。

|

« 突然昆布茶 | トップページ | しょうゆは三滴 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

あぁ、たけびさんの地元は「公」でしたね。
小学校のとき「公一」って友達がいて「ハムいち」と呼んでましたっけ。

いやぁ、あの勢いでパの代表権は津軽海峡を渡るかと思ってましたが、通年で強かった方が勝りましたね。
こっちのほうは中村君が頑張って東京讀賣巨人軍ジャイアンツにまず一勝してくれました。 いや、中村が頑張ると世のリストラを受けた人々に勇気を与えてくれますからねぇ。
こうなりゃガマ落合には目をつぶって中日を密かに応援するだけです。

投稿: あやおば | 2008年10月23日 (木) 12時41分

地元の「公」、クライマックスステージという全てアウェイの試合で、ちょっと良い夢を見れそうなところでコケました。

なんでも、勝って帰ってこられなかったから1000万円の持ち出し赤字だとか・・・。

監督の采配がイカンとか、怪我人ばっかりの野戦病院のようなチーム事情でよく頑張った、とか色々ありますが、ま、面白かったからイイや、なんて気持ちです。

投稿: たけぴ | 2008年10月23日 (木) 04時54分

「アホーボケーカスー」
まさにこれに尽きますね。

なんでピッチャー変えんのやぁ、アホーボケーカスー
外野フライも打たれへんのんかぁ、アホーボケーカスー
ゴロの一本も打たれへんのんじゃぁ、アホーボケーカスー

ま、来年は「男前やと思てええかっこしとったらあかんど、真弓ぃ、アホーボケーカスー」ですかね。

投稿: あやおば | 2008年10月21日 (火) 23時57分

ダメ虎再来・・・まさにそんな感じですね。
夏頃にはこんな結末予想してなかったですが・・・

でもまぁ、あんまり強くても何かつまらないし
アホーボケーカスー言いながら応援するのがやっぱり
いいかもしれないですね(笑

投稿: たけ | 2008年10月21日 (火) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダメ虎再来の予感:

« 突然昆布茶 | トップページ | しょうゆは三滴 »