« 正直者が馬鹿を見る | トップページ | ダメ虎再来の予感 »

突然昆布茶

Kobucha
 を飲み出しました。
 世間様とは違い、基本的に予定がない月、火は、なんとか落ち着いていろいろとやらなくてはならないことを片付けたい重要な日です。
 
 んで、気合い入れるぞ〜、とコーヒーを飲む。
 コーヒーを飲むとついついタバコに手が伸びる。
 
 いまさらどうでも良いとは言え、ちょっとこのパターンに飽きたと思ったとき、以前料理の隠し味用に買ってきた昆布茶を思い出して飲んでみました。
 
 気分が変わって良いんだけど、あれ?なにか昔祖母と一緒に飲んでたのと味が違う。
 メーカーが違うというより、原材料名見ると、昆布粉末以外に食塩・砂糖・調味料(アミノ酸)が入ってるんですねぇ... つまり粉末だしの素をお湯に溶かして飲んでいるようなものです。
 だから飲み終わった時にお茶の後味というよりも、アミノ酸調味料独特の後味が舌に残ります。
 「お茶」という名前に安心して何杯も飲んでいると気持ち悪くなりそう。
 やっぱ横着せずに煎茶とか玄米茶入れた方が良いか...
 
 ただ、十月下旬とは思えない程の暖かさなので今ひとつお茶のありがたみが湧いてこん...

|

« 正直者が馬鹿を見る | トップページ | ダメ虎再来の予感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 突然昆布茶:

« 正直者が馬鹿を見る | トップページ | ダメ虎再来の予感 »