« 新快速にて | トップページ | 哲学するニャー »

再び溺れに通う

 最近更新が滞り気味なのは疲れのせいです。
 それはまたまた水泳。
 
 おかげさまで平泳ぎは買った本のお陰もあって25mを12〜13キックで行ける程推進力を得ることができるようになり、延びている時間が長いので最初の頃のように腕の筋肉痛も全く無くなりました。
 まず、今まで脚を引きつける時に股を開きすぎていたこと、のばす時に脚の裏を逆位相のスクリューのように回すようにする、そしてその後思いっきり体を延ばす、というのが欠けていたポイントでした。
 もともとタイム向上が目的ではないので、スカーっと延びる平泳ぎは完成かな、一ヶ月でよくぞここまで、という満足感があります。
 
 本来であれば最初の目標は達成のはずだったのですが...
 「やっぱり男はクロールやで」という夢を持ってしまったが故に、今はこちらに苦労しています。
 
 溺れているかのような、という形容詞はついてはいたものの、小学校からこのかた、平泳ぎばっかりやっていたので、水に慣れて息継ぎができるようになってからは案外上達が早かったのは事実です。
 ところが、大方の人は信じられないでしょうが、クロールは今まで全く経験無し。よって頭の中にイメージもなし。
 
 従って非常に苦労しております。
 さすがに挑戦三日目にして「まぁ、そう言われればクロールに見えないこともないかなぁ」程度までできるようになりましたが、距離は噴飯もののプールの半分。
 これでも脅威のクロール自己最長記録。
 
 左腕が細くて筋力が弱いので、息継ぎを右に持ってくると体が沈み、左に持ってくると腕が水面上にあがらないという状態です。 でもパラリンピックの水泳見てたらそんなこと言い訳にはなりませんよね。
 腰ひねってみたり、耳を腕の上に乗せるようにして息継ぎしたりしてますが、まだダメですねぇ...
 久々に鼻の奥がカルキ臭いです(水飲んでる)。
 
 とは言え、ここ暫くはこの七転八倒を続けて何かコツを体で掴まないといつまでもダメなのはこの一ヶ月の平泳ぎで体験したことですから、諦めずに渋々続けることとします。 とはいえ、上記理由により、下手すると二ヶ月くらいかかるかもしれません。
 
 ただ、体力は相当無駄に消耗しているようで、たった三日で58.6kgという数十年体験したことの無いレベルまで体重減少。BMIは20を切りました。
 大元の目標だった脇腹も、右は殆どフラットになって、肩に筋肉がより付いたような...
 
 これ(クロール)へこたれたらトラウマになることは必至なので、ひたすら溺れるだけです。

|

« 新快速にて | トップページ | 哲学するニャー »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び溺れに通う:

« 新快速にて | トップページ | 哲学するニャー »