« アンティークのカルチェライター | トップページ | 空 »

片手クロール

 はい、室内プールも少々冷たく感じる今日この頃、私はまだクロールができていません。
 
 とは言え。
 
 一週間程閉塞状態にあったのがちょっと明かりが見えてきたような気もします。
 
 何度も書くように、私は生まれて数ヶ月の時の小児まひが原因で左腕の筋力が弱いのです。
 今になってわかりましたが、平泳ぎは両腕を同時にかいて脚の蹴りが中心なので実はこれが大したハンディにはならなかったのが、クロールとなると片腕づつの正味の力が影響するという致命的なハンディになるようです。
 右で息継ぎをすることは全く問題ありませんが、そうなると左腕が水面から上がりません。
 では、と今度は左で息継ぎすると、腕はなんとか体も左に捻り気味にすることで上がるものの、コンスタントに顔が上がりません。加えて、どうしても左腕をかくときに「えいや!」となるのでキックがそのときおろそかになったりします。
 
 要するに左腕の絶対的な筋力不足。コツとか小手先の工夫では限界があります。
 が、ここで諦めてしまうと多分、クロールができる人にコンプレックスを感じて(平泳ぎが完成したにもかかわらず)水泳自体をやめてしまうのが何となくわかっているので、ここは諦めたくないところ。
 
 んで、結局左腕に筋力を付けるには?と考えました。
 水泳以外に筋トレをする余裕は無いので、ふと「左手だけでクロールしたらどうなるじゃろう?」と思いつきました。
 これが案外行けるんですね。 びっくり。 片腕づつかくクロールならではの特徴でしょう。
 両手で20mが限界なのに、左手だけでも15mは行けます。もちろん息継ぎもちゃんとやって。
 右手をピンを延ばしたままだから浮力も安定するんでしょう。(但し、速度は亀)
 
 まぁ、見た目は完璧障害者水泳ですが(障害者だからいいんだけど)、これはこれで自分の今まで(50年間も!)気づかなかった力にささやかに満足しています。
 
 筋肉がつくには早くて半月、遅くて一ヶ月くらいはかかるでしょうから、暫くは往路平泳ぎ、復路片手クロールを続けるとします。 ただ、これ体力メチャクチャ消耗します。 睡眠不足の日は平泳ぎのときに水中でフラっとするくらい。
 よって休憩は多めに取っています。
 
 どうかなぁ? 今年中にはまともなクロールができるようになるかなぁ...

|

« アンティークのカルチェライター | トップページ | 空 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

おお、お久しぶり。コメント嬉しいっす>なちこ

クロール習ってたんや...
今学校にいたらいろいろ教えてもらえたのにね。

ビート板、今ひとつ苦手なんですよ。
バタ足ひとつとってもビート板があるほうが進まないというか。 なんか使い方間違ってるのかな。
また工夫してみます。

(G先生がいなくなって寂しい学校になりました。)

投稿: あやおば | 2008年9月27日 (土) 23時04分

お久しぶりです。あ、コメントするの初めてですねぇ。

水泳って前に進もう進もうってジタバタ動きが大きくなってしまって、でもそしたら余計進まなくて沈んでしまうんですよね・・・。

もうやってるかもしれないですけど、出来るならビート板とか使って1つずつ練習していったらいいと思いますよ!
私がクロールを習ったときはビート板で片手ずつとか、
足に挟んで手のみでとかやって練習した覚えがあります。

頑張ってください(^ω^*)

投稿: なちこ | 2008年9月26日 (金) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片手クロール:

« アンティークのカルチェライター | トップページ | 空 »