« 毎日プール最終報告 | トップページ | 自民党総裁選にぞろぞろ »

i-PoT

 iPodではございませんよ、i-PoT、象印が出している湯沸かしポットです。
 
 計算が間違っていなければ私の母も77才。 おかげで時々顔を見に行く限りではまだボケは見られず、なんとか元気にやっているようです。
 とはいうものの、比較的大柄なので、ある日家の中で転倒してそのまま、ということにもなりかねません。
 
 ということで冒頭のi-PoTの存在は以前から気になっており、この夏から母親宅に導入しました。
 
 本当は今年の頭辺りに、と思っていたのですが、DoCoMoのインフラを使っている関係で、これまでのmovaからFOMAに内部ハードが変わる、ということでずれこみました。 movaは確かに終息に向かっている訳で、言われてみれば納得するものの、湯沸かしポットも進化するのかぁ、と思うと一種の面白さを感じました。
 
 唯一の心配だった電波状態も問題なく、以後毎日夕方五時にi-PoTが私の携帯に使用状況を教えてくれます。 昨日からは姉の方にも送信するように申請し、言い方は何ですが、これで母親に何かあって全く知らずに数日経過というケースは避けられるようになりました。
 たまたま母が山陰の出身で、毎日欠かさずお茶を飲む(特に松江辺りじゃ何かと言えば茶が出てきますから。お陰で茶菓子文化も江戸時代から発達しましたけど)習慣があるから、とも言えます。
 
 当の母親はそれまですぐにお湯が沸く高熱量電気ポットを必要な時だけ使っており、i-PoTの方が保温の電気代食う、とか今ひとつ満足はしていないようです。
 そこは、「いや、まぁ、これは子供達(私と姉のこと)の一種の自己満足みたいなもんで」と正直申し上げて納得して頂きました。
 
 料金は毎月3,150円(初回のみ5,250円、追加メールアドレス1件につき、105円/月)。
 毎日二通のメールしか送信しない携帯電話としては高額ながら、これにはi-PoTのリース料も込みとなっています。 それを考えると納得いくかな?とは思いつつ、いくら長期間使っても値段は変わらない無限リースですから、償却ポイントを超えると象印にとっては良い商売になりますね。
 
 自分が歳をとると同時に、周りもみんな歳をとる、ということですね、いやほんま。

|

« 毎日プール最終報告 | トップページ | 自民党総裁選にぞろぞろ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: i-PoT:

« 毎日プール最終報告 | トップページ | 自民党総裁選にぞろぞろ »