« GET A STEP AHEAD | トップページ | ゴーヤの松前漬け »

マラソン中継に名を借りた情報統制

 今朝、模試を受けに行く息子を乗せて車に乗るとFMで北京オリンピック女子マラソン中継をやっていました。
 局は802。
 
 旧来からのネットワークに属するFMO(旧FM大阪)ならともかく、より新しく、独立色の強い802で「なんで??」
 
 マラソン中継を聞きたければNHK AMでええやん、とFM cocoloにチェンジ。 そしたらこちらも全く同じ内容。
 ここまで来たら腹立たしいというより気持ち悪さ、薄気味悪さを感じてきました。
 念のため家に帰って新聞のラジオ欄をチェックしたら、関西で聞ける民放FM局、cocolo, FMO, 802, Kiss, αは全て同じ内容となっていました。 また、AMも見事に同じ。
 要するにこの時間帯、NHK AM教育、とNHK FM(なぜか通常通り)を除いて関西のラジオ局は全て同じ番組だったのです。 恐らく日本全国同じような状況ではなかったでしょうか?
 
 AMは百歩譲るとしても、誰がそんなものFM放送に期待してる?
 
 こうなるともう大本営発表のプロパガンダです。
 マラソンやオリンピックは否定しないものの、なぜ女子マラソンだけ、それも全民放ラジオ局でやる必要があるのか。
 全く意図が分からず、冗談抜きに将来の国家非常事態宣言にあわせた情報統制の予行演習としか思えませんでした。
 
 昭和天皇崩御の時よりもむしろ奇麗に足並みが揃っており、反体制を良しとして育った私としては「あぁ、これが国家統制下のマスコミの恐ろしさか」と恐怖感を感じました。
 
 これでもし日本が金メダルを取っていたら、いったいどんな放送になっていたのか。
 
 しかし、最も独立色の強いcocoloまで巻き込むとは...
 関係者の多くも疑問を持って迎えたとは思いますが、やっぱりマスコミは信じられない、と真剣に感じた朝の出来事でした。
 
 だれかこの情報統制の真相を知っている人がいたら教えて下さい。

|

« GET A STEP AHEAD | トップページ | ゴーヤの松前漬け »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

大手スポンサーが多いTVはともかく、中小が多いFMは代理店とは言え結構説得に時間がかかるとも思えます。
どこかから圧力がかかれば(且つその費用がどこかから出れば)別ですけどねぇ… 私がスポット流してたら「あの分、返せ」とごねますよ。

アニメやSFでよくある、権力者やテロリストのメディアジャック一斉声明(しかも、「コントロールできません!!!!」というスタッフの悲鳴付き)なんてできるんでしょうかね?

投稿: あやおば | 2008年9月 9日 (火) 23時56分

多分、自社系列内は放送データを流す環境は完備されている訳ですから、そこにデータを流せればいい訳です。
この手の海外からの中継の場合、衛星回線にしろ海底ケーブルにしろ、送信先からのデータを受信する施設まで、各放送系列は自前の回線を繋いでいる筈なんで、そこでFM各系列全部に同じデータを流すだけで比較的簡単に行っちゃうんじゃないかと。
スポンサーにしても、大企業は大抵放送局が直で契約している訳でなく、広告代理店が噛んでますから、広告代理店が調整すれば…と言うより、どこかの大手代理店が旗を降ってたんじゃないかね? ローカルなスポンサーについては放送局おん営業が対応しているでしょうが、契約書には多分こういったイベント時はそっちを優先するってなっていて、埋め合わせも決まっているんじゃないでしょうか。 
ネットワーク化の度合いが高い分、こういった統制に対する抵抗力が落ちているのかもしれませんね。 救いは役人にこの手のスキルが無いって事ですか。 でも革命起こすなら、広告代理店と契約すれば確実なのかも(^_^;)

投稿: フックランナー | 2008年9月 7日 (日) 22時40分

情報ありがとうございます。
そうですか、サッカーワールドカップでもそうでしたか。

確か日本のFMって2〜3の系列になっててそれに独立系があったと記憶していますが、それを一斉につなぐと言うのは搬送経路など技術的にも結構面倒だと思います。
通常のスポンサーとの折り合い等もあって、手間がかかるのにえらくあっさりやるもんだなぁ、とそこが妙に気持ちが悪いのです。

んで、また今月にやるんですね。
サザンには興味が無いのでゲロゲロでございます。

投稿: あやおば | 2008年8月20日 (水) 12時45分

あ、見つけました。
2006年の6月のことでした。
http://plastic-bamboo.air-nifty.com/blog/2006/06/post_e005.html

投稿: たけぴ | 2008年8月19日 (火) 06時17分

ジムカーナイベントに参加していましたが、会場のBGMがFMラジオのまさにそれでした。所々音声が途切れたりしたと感じたのですが、それは会場のPA設備がダメダメだからだったのかしら? でも、それが終わった後はふつーに綺麗な音声のFM放送でした。

さて、複数局で同内容なら、サッカーのワールドカップでの中継もそうだったように思います。放送局を変えても同じ内容だったことに腹を立てたのは、さていつのことだったでしょう?
我がブログでも書いたような気がして検索したのですが、見つけられませんでした。

そして・・・、8月30日の深夜に、サザンオールスターズの特番が全国民放FM53局で一斉に放送されるとか。

http://keitai.fm/08/index.jsp

ラジオに関しては、その局の姿勢やイメージに合ったものじゃないと受け付けない私ですが、さすがにこの、何処でもサザンなんてのは怒りを通り越して呆れるばかりです。

投稿: たけぴ | 2008年8月19日 (火) 06時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マラソン中継に名を借りた情報統制:

« GET A STEP AHEAD | トップページ | ゴーヤの松前漬け »