« NM705iへMacのmp4ファイル | トップページ | 核問題のルーツ »

溺れに通う

 キャバクラのお姉ちゃんに耽溺するために通うというタイトルではございません。
 
 危険な兆候はなんとか食い止めることができましたし、冬の腰痛と神経痛防止対策もあって、ささやかとは言え毎晩「腹・背筋・臀筋」のトレーニングは続けております。
 
 が、しかし、老化というのは残酷なもので、最近胸筋の垂れが気になってきました。
 50のおっさんがたらちねでもないだろう、と上記に加えて腕立て伏せもせっせせっせ。(これは即効性ありました)
 
 次にふと気になったのは脇腹の脂肪。
 現時点で身長172cm、体重61〜2kg、体脂肪率15〜16%ですからメタボとは無縁ながらも、気になりだすと止まりません。 特に脇腹は高校卒業以来だから30年以上のつきあい。 もう関東ローム層化しています。
 
 てなことで次に上記ストレッチに加えたのが左右に腰を折るのと、腹筋時に左右捻りの加え。
 そし〜て!!!! バブルの歴史を我が家に刻むかのように洗面台の戸棚に幽閉されていた伝説の Dior Svelte! そうです、「塗るだけで痩せられる」と、当時狂乱的に流行ったローションです。
 もちろん、そんな旨い話がある訳も無く、実際には痩せるのではなく肌を引き締める効果だけなのですが、これが皮下脂肪が抜けてたるんだ皮膚の張り回復に役に立つのです。
 
 今ではこのSvelteも販売中止だそうですが、似たようなものは世に多数存在しているようです。 男性にとってはこの女性の基礎化粧品そのもののような香りが違和感あるので、毎朝シャワーで流すという余計な手間が増えます。
 
 さて、数日様子を見ました。
 もともと72kgから今の体重に落とした時から一貫して「走らない、泳がない、運動しない」の三無い横着主義を貫いて来た訳ですが、それでも残ったんだからこの脇腹はしぶとい。
 
 ということでついに方針を変更してプールに通うことにしたのです。
 大昔から読んでいただいている人はご存知のように私は水泳が大の苦手。 涙無しに読めない屈辱のストーリーはこちら
 だからハイシーズンで賑わうプール等には絶対に行きたくない。
 
 ところがうちの近所には数十年前から、市民の体力作りのために年中オープンしている市営屋内プールがあり、水泳帽必着、浮き袋禁止なんてルールのお陰で、チャラチャラした連中はいないし、「行くわよ〜」なんてビーチボール遊びをしているお姉ちゃんもいません。
 来ているのは運動不足を指摘された老人達、怪我上がりの若者、あとは必ず両手を一度前で揃えるクロール泳者だったり、平泳ぎのくせに妙に速い本物スイマー。 当然ビキニやパレオなんて着ている女性は一人もいません。
 そしてそれらが奇麗にコース分けされています。
 
 そうなのです。 ここではまるで溺れるかのように黙々と私がコースを往復していても誰の目にも奇異には映らないのです。 ここなら!!!! と私は感激して通うことにしたのでした。
 別に体重を落とすためじゃなくても、やっぱり水泳は運動量が半端じゃなく結構腹も空くし、それを我慢したら確実に体重は減ります。 肝心の脇腹も少〜しは腫れが引いたような。
 
 まぁ、夏休みの間は無職である私のような立場の人しか無理とは言え、この夏休み中、定休日と予定がある日以外は毎日一時間通うことにしました。
 さて、30年の付き合いの脇腹を切って捨てられるのでしょうか? 結果やいかに。 

|

« NM705iへMacのmp4ファイル | トップページ | 核問題のルーツ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

事務所にエアロバイク置いてって外資系みたいやんか。>山猿
野望ってなにかな。 ツールドフランスのコースをママチャリで走破するとか...

私は今回の脇腹削りは目的って今ひとつないんですよね。
ゴールの無い暴走みたいな。
そんなええもんでもないか...

投稿: あやおば | 2008年8月 7日 (木) 01時04分

プールですか。ひざには負担が来ないし、水圧も身体に刺激を与えるから、運動としてはバランスが取れていていいすね。長く続けて泳げるようになると、身体もなじんできて、気持ちよくなってきますが、疲労はちゃんと蓄積されているので、家まで帰る体力は残しておくようにね。

私も仕事の後にジムのプールに通っていたときがあって、そこそこ泳いでいました。泳ぐとおなかが減るので、泳ぐ前にバナナを1本食べて。
いまは、週1でジムで筋トレ。もしくはクロスバイクでロングドライブ。

汗かくって、気分転換にもなるし、無理の無い範囲でがんばってね。

会社の事務所にエアロバイクをおいて、昼休みに30分ほど漕いでいるのはやはり、「おばかちゃん」なのだろうか。
野望はあるけど、今のところ秘密。。

投稿: 山猿 | 2008年8月 6日 (水) 00時58分

いやぁ、苦痛ですよ。正直。
中級者、上級者コースの淡々と無駄の無い泳ぎで距離を重ねているスイマーを見つつ、ほんとみっともない限りです。

ただ、眼鏡を外しているので視界がぼやけるせいか、ある程度疲れてくるとマラソンハイみたいな一種無我の境地になれるのに気がついてきました。
これはこれで追い求めても良いかも。

投稿: あやおば | 2008年8月 5日 (火) 16時03分

驚きました。
プールで水泳ですか。やりますね!
私もこのところ運動してないし、あと4ヶ月でスキーシーズンだし、ちょっくら頑張ろうかという気になります。

投稿: DS | 2008年8月 5日 (火) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 溺れに通う:

« NM705iへMacのmp4ファイル | トップページ | 核問題のルーツ »