« そんなに関空が可愛いか | トップページ | そしてつながった »

がん保険更新

 数ヶ月前、現在加入しているアリコのがん保険の満期がどうのこうのというハガキが来て、あぁあの保険に入ってもう十年経ったんだとわかりました。
 この間、経済的困窮でいくつかの保険がアウトになった割にはずっとかけ続けることができたのは驚きでもあります。 要するに月々の支払いが安かったからなんでしょう(5,895円/月)
 掛け捨てと呼ばれつつ、一応9月には生存給付金として20万円程戻って来ます。(とは言ってもしっかりと行き先が決まってるのは悲しい)
 
 なんとなく自動継続を、と考えてたら全く同じ条件なのにほぼ倍額になっています。
 まぁ40→50よりは50→60歳の方が発ガンの可能性は高いわなぁ...
 
 いくつかの提示プランの中に終身プランというのがあって、これは現在の支払い条件だと25,135円/月!
 これは十年後の60→70歳は今のプランでももっと金額が上がるということを示唆しています。(でないと終身プランの存在意義がない)
 
 今になって良く見ると、現在のプランは二回目の発ガン(移転、再発)に関してはノーケアなので、これをクリアするプランが13,628円/月。 もっと掛け金を押さえようとすると補償金額が半分のタイプで6,813円/月。 今の掛け金からすると後者がなかなか魅力的ですが、電話での担当の女性曰く、「保険のシステム上、高い保証金額から低い方への期間中の乗り換えは可能ですが、その逆は不可能です」とおっしゃる。
 
 思わず「相変わらず詐欺っぽいですね保険業は」とつぶやいてから気のせいかその女性の口調が冷たくなったような気もします。(私は高校時代から「金融・損保・証券は公的詐欺業種」と呼んでおります。関係者の方ごめんなさい)
 
 結局上記13,628円/月にするか6,813円/月にするのか、未だに結論が出ずに書類を投函しておりません。(終身タイプは検討対象除外)
 
 自分じゃ単なるできものと思っていたら摘出後病理検査に回されたと聞いて、ガンの可能性もあったんだと思ったりしたことがあったので、無視する訳にも行かず、ふぅ、とため息をついております。

|

« そんなに関空が可愛いか | トップページ | そしてつながった »

心と体」カテゴリの記事

コメント

そうですかぁ、もう38歳ですかぁ。
他人様のことを言えた義理じゃないですが、そろそろ体のきしみがでてもおかしくないのではないかと。
私は30代後半から40歳くらいにかけてはっきりと男性の更年期にはまりましたから。
今考えるとそれがきっかけでよく大病に繋がらなかったもんです。

とはいえDSのような保険(↓)が一番とは思いつつ、今のところ家族が無いのであれば、さて具体像が見えないのも事実ですね。 逆に私は家族がいながら死亡時の保険金が少なすぎて恥ずかしいのですが。

いわゆる外資系の通販型が定着するまで保険業は人の繋がりがドロドロしてました。 そういうしがらみがない通販型はその点気楽です。
昔は通販型はどこか胡散臭いと思っていたら、従来の大手保険会社がこぞって不払いやってたのを聞いて、全体の胡散臭さにむしろ納得すらした今日この頃です。

投稿: あやおば | 2008年8月 5日 (火) 00時17分

近いうちに38になる私(独身)ですが、いまだ生命保険、医療保険の類いには入っていないんです。やっぱり、どこか詐欺臭い気がして信用ならない気持ちが大きくて・・・。

保険といえば自動車保険もそんな気がして。
初めて手に入れたクルマを買った店で契約した保険を、更新時に「ウチのにしな」なんて横から口を突っ込んできた、シゴト場に関係があった(のか?人)の保険にして、それからその人が保険会社を移るたびに私も一緒に移るなんてことをしてきました。が、その人自体どうも信用できなくて、とうとうこの更新でネット契約のダイレクトな保険に乗り換えた次第です。

おかげでちょーっと安くなりました

投稿: たけぴ | 2008年8月 4日 (月) 03時50分

結局は人は未来が見えない、という不安に尽きますね。

親父が死んだ歳までは生きられないんじゃないか、とずっと思い込んでましたが、それを超えた今、気がつくと何となく長生きできるんじゃないかという錯覚をしている時があります。
何の根拠もなく。

人の死亡率は100%とはよく言ったもんです。

投稿: あやおば | 2008年8月 3日 (日) 10時24分

生命保険はどこまで掛けるべきか悩ましいですね。
そこそこの金額の保険に入ってますが、いままでに払った保険料総額を計算すると目眩がします。(笑)

生命保険は、死んだ時に十分な保障があれば十分です。
いろんな特約つけて保険料上げるよりも、死亡保障が多い方が残った人達にはメリットあるはずです。
たとえ一時的に収入なくなっても上手く生き延びれば再び稼ぐこともできるはずですし、病気が再発したときは死亡保障を受け取る可能性高いでしょう。

投稿: DS | 2008年8月 2日 (土) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がん保険更新:

« そんなに関空が可愛いか | トップページ | そしてつながった »