« アヒル地球征服計画? | トップページ | 毎日プール中間報告 »

Broken heart summer

 えらく感傷的なタイトルですが、いや、まぁ感傷的か...
 
 知り合いも読んでいる手前あんまり具体的なことも書けないので、単なる独り言とお読みください。
 
 とあるメールを見たとき、具体的なことは何も書かれていないのになぜかその背景で起こっていたことがサラサラっと頭に浮かびました。
 まさかなぁ、それは妄想だろう、仮にそうだったら最悪のシナリオやで、と思ってたら翌日それがそのまま嘘みたいに真実そのものだったということがわかったのです。
 
 物事を想像する時に節目節目ごとにいろいろな分岐があり、疑心暗鬼までな最悪のケースの対極に考え過ぎという平和な帰結があります。 まぁ、大概はどちらかというと後者に着地するんですがねぇ...

 いわゆる、未来のことが知りたいんです、と神に願った夢が叶えられたのは良いけれど、いろいろな未来の最後に自分の寿命を知ってしまった、的な星新一ライクな気持ちと言い換えれば良いんでしょうか。
 (別にガン宣告されたとかそういう話ではございませんのでご安心を。あくまで例えです。私は連日のプール三昧で元気です。)
 あるいは、見たくもない霊が見えてしまう人はこういう心境なのかも知れません。
 
 「あぁ、なんであんなに鮮明に見えちゃったんだろう」と。
 
 まぁ、結末を知らないよりは知ってしまった方が気楽なのも事実なんで、「そうなんやぁ...」と思いつつ、気を取り直して野暮用で夜の高速に乗ったら宇治辺りで花火大会。
 今年はマンションからのPLの花火大会は天候不良で殆ど見えず、淀川花火大会も学生との飲み会で叶わず、偶然出くわした花火大会が運転中の視界の隅で、あぁ虚しい。
 
 この文章を書いている今も、最近では珍しく先日買ったスティーブウィンウッドのNINE LIVESというCDをかけながら。
 
 この歳ですから別に立ち上がれないとか、死にたいなんてことはありませんが、今晩も眠れないだろうなぁ...
 また昇る朝日を東のベランダにあるエアコン室外機に腰掛けてビール飲みながら見て鬱々とするかね。
 
 いやな予感って当たってほしくないですね。 ほんと。

|

« アヒル地球征服計画? | トップページ | 毎日プール中間報告 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私の嫌な予感の結果は、本日最悪でもなかったことがわかり、正直ちょっと安堵しました。

>>今までもなんとか生きてこられたこと
まぁ、この年まで生きて他人様に言えることは確かにこれかもしれませんね。
これまでも何度かピンチを乗り越えて来たし、と思うと「いや今回こそ駄目かもしれない」と怯えつつも前に進めますから。

一ヶ月程前、転職先が決まっていない20代の若者に「こういうときどう気持ちを持てばよいですか?」と聞かれたので「くそったれ、ぼけぇ、今に見とれよぉ」と私なら思う、と答えました。

投稿: あやおば | 2008年8月11日 (月) 22時53分

私が仕事の上で一番凹むのは、せっせと働いて頑張ったつもりが、もらったのはタダの紙切れ・・・(要するに不渡り)
あの気分だけは何度味わっても慣れません。
 これからも継続してやるはずだった仕事や新規の話がポシャることは日常茶飯事。こちらは多少慣れました。明日のことなんかほんと分かりません。ただ、仕事が減るということは収入が減るとうことなので気分はよくない。でも、今までもなんとか生きてこられたことが微かな自信にはなってるのでそれぐらいでは気持ちが落ちきるところまではいかないようになりました。

投稿: DS | 2008年8月11日 (月) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Broken heart summer:

« アヒル地球征服計画? | トップページ | 毎日プール中間報告 »