« Thanks my friends | トップページ | ええねんけどな...(2) »

雨のランウェイ

 題名は「雨のステイション」にひっかけたつもりなんですが、全然引っかかってません。
 
 土曜日に遅くまで飲んでいたわりに日曜日の朝比較的早く目が覚めてしまい、二度寝もできず、さりとて起きていてもぼ〜っとするわで、布団と椅子を数度往復するなど、正直ちょっと調子が悪かったです。 いえ、けっして二日酔いとかではなく、なんなんでしょうね。
 
 ぼ〜っとしてても仕方が無いので事務所に行って雑務をやって、それでも時間があったのでそぼ降る雨の中をどういうわけか大阪空港へ。
 数年前に滑走路を挟んでターミナルの対岸にできた「伊丹スカイパーク」。
 
 実は大阪空港の滑走路南側は昔から飛行機が着陸する直前の風景を真下から眺められる河原沿いの有名スポットがあるのですが、最近路上駐車対策が進められて車をを止めることが難しくなっています。
 まだ二十歳代だったころ、元気が無くて落ち込んでいるときにここでジャンボの着陸を見ているといつのまにか気分がすっきりするのでちょっとこれは残念です。
 
 それを思い出して、恐らく雨なので駐車場もすいているだろうと来てみたら、案の定ガラガラ。
 ウエット滑走路ならではの着陸時の逆噴射や離陸時のエンジンの水煙がすさまじく、滑走路端のド迫力は無いもののそれなりに時間つぶしにはなりました。(蚊に三カ所もかまれたけど)
 ただ、いくら大推力とは言えB777の双発では四発のB747の迫力には及びません。
 
 今このテキストを書いていて、なんで写真を撮らなかったんだろう?と思う程、ぼ〜っとしていたようです。
 辺りは家族連れ、デート、老夫婦の散歩ばかりで、50歳になったばかりのおっさんがビニール傘持ってぼ〜っとしていた風情は怪しかったかもしれません。
 確かに、離陸する飛行機を見ながら「はいV1, あVR早いなぁ」「あれ?フラップほとんど使てないやん?」なんて考えながら見ているおっさんは怪しいです。はい。

 国際線が飛ばなくなったので離着陸とも短距離で済みますねぇ。 関空ができるまではフルに滑走路を使って離陸する国際線便があったのに。 加えて「あぁ、あれは海外に行くんだなぁ」という夢も。
 
 てなことで帰りにいきつけのカフェに寄ったら、ささやかな誕生日プレゼントをもらいました。
 う〜ん、ちょっと救われたかも。
 昨日に引き続き、持つべきものは友達。 そしてその中でもお互いのリズムがあう人は最高。

|

« Thanks my friends | トップページ | ええねんけどな...(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨のランウェイ:

« Thanks my friends | トップページ | ええねんけどな...(2) »