« 雨のランウェイ | トップページ | アヒル誘拐作戦? »

ええねんけどな...(2)

 (2)というからには(1)はどこにある?と思われる方、このへんに転がっています。
 
○特価200円

 事務所の近所の自販機。
 オリンピックキャンペーンとかでコカコーラzeroを100円で売っています。
 ところがいつも最初の100円はパクられます。
 「カチ」っと音がするのにモノは出ず、返金は効かない。
 取り出し口の隅から隅を探しつつ「あほかぁ、おまえそれ詐欺やんけ、泥棒やんけ〜」、それでも飲みたかったので二枚目の100円を入れると、「ゴト」っとちゃんとでてきました。
 
 ところがその数日後も同じ。 そして日曜日、月曜日も同じく100円キャンペーンと言いながら200円必要でした。
 さすがに腹立ったので自販機に記載してある連絡先に電話すると「今からお金をお持ちします」とな。
 いや、そのために事務所に足止めされるの嫌だし、「とにかく二度と同じことが無いようにお願いします」と念を押しました。
 こういうとき携帯のカメラはメモ代わりに便利。 って400円損しとるわ〜い!

100yencoke
 
○テンデイズアゴー

 夕刻嫁が勤務先からメールを入れてきて「お腹がメチャクチャ痛いから会社まで迎えにきてくれ」とな。
 こちらはカフェでコーヒーが出てきたところにもかかわらず、すぐに店を出る。
 そして車の中で一言「あれ?今日散髪行った?」
 十日前に行ったんですけど、なにか?
 
○チャ〜ンス

 その嫁、結局は尿道結石。 まぁだいたい私の予想内。
 あまりの痛みに食欲が無いというので夕食をパスしてたら、先ほど23時を回って「お腹すいた」とわざわざ私に言いにくる。
 お湯を沸かしてうどん茹でて、温泉卵とだし作って、めかぶとナメタケ入れてもみ海苔と刻みネギ乗せてハイでき上がり。

 結石なぁ... これから毎晩目の前で旨そうにビールを飲んでやろっと♪
 あぁ、健康って素晴らしい。

|

« 雨のランウェイ | トップページ | アヒル誘拐作戦? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

どもども>両氏

下腹部かと思ってたら背面脇腹って感じなんですね。
いつか来るのかなぁ...
まぁ、痛み無く拡大して行くガンよりはましってとこでしょうか。

投稿: あやおば | 2008年6月29日 (日) 23時55分

私の場合は結石が腎臓から尿管に落ちた瞬間でした。
痛むのは、石のあるところです。具体的には右の脇腹から背中の辺り。
あとは石がチ☆コを通って出る時も妙な痛みがありますが、それは最初の結石の痛みに比べたら全然大したことなかったです。放尿時にそこら辺りがドーンとした嫌な感じで詰まっているのが分かります。勢いよくしたいのに途中でつまってるのでスッキリ出ません。が、それは通り抜けてしまえば一瞬でスッキリ。

投稿: DS | 2008年6月29日 (日) 09時36分

痛いのは、最初だけ。。
じゃぁないのよね。

尿管結石で痛くなるのは、尿管で石が詰まり、おしっこが流れにくくなって尿管が膨らんで、すぐそばにある脊髄のそばの神経を刺激するからです。
たぶん、私の左の尿管は右に比べて太くなっているはず。

なので、石が腎臓の中にあるうちは痛くありません。
小さいうちに出てくると、詰まらないのでいたくありません。
また、膀胱の中に落ちちゃえば、とりあえず痛くありません。
なので、今までの痛さは何だったんだ?になります。

CTとか造影剤で腎臓を検診して、まだ石が残ってるって言われると、時限爆弾を抱えているようなものですね。
座薬を持ち歩くようになります。


尿管結石で駆け込むと、まず座薬を突っ込まれて激痛を緩和。一緒に点滴で石を溶かす薬と利尿剤を突っ込まれて、溶かせ、流せになります。

当然トイレに行きたくなるので、そのときは茶漉しを持っていき、石が出てくるのをすくって医者に見せる。
石が何でできているかで、今後の食事での注意が示されるようです。
が、私の場合、一回も茶漉しにすくったことがなく、いつもどこかに消えちゃいます。

あの石は、どこへ行ったんだろう(゜ ゜トオイメ)

投稿: 山猿 | 2008年6月29日 (日) 01時50分

「や、山猿もでしたか...」ですね、まさしく。

ちょっと気になったんですが、その拷問にも似た痛みっちゅうのは「腎臓」「尿管」「膀胱」「あそこ」のどの段階でどこが痛くなるん?

なんか怖くなって来た。

投稿: あやおば | 2008年6月29日 (日) 00時27分

呼んだ?
おいらも、石、経験者です。

最初に出たのは30歳のとき、一人暮らしをしいたときです。
夜中に激痛で目が覚め、「これがうわさの・・」と気がつき、すぐに119番。救急車が来るころには、迎えにいけるくらいでした。その日は、嫁になる前の婚約者だった嫁と、衣装を見に行く約束をしていました。点滴で流して痛みがなくなったところで帰されました。

以来、病院には3度駆け込みました。

で、私の場合、石が出てくる前には、必ず仕事が忙しく、残業が続くことがきっかけになるようで、忙しい時期が過ぎて3ヵ月後にポロっと出てきます。

又、最近は、尿管(腎臓と膀胱の間)を下がってくる石がわかるときがあります。何か生暖かい小さな塊が、尿管に沿って膀胱に落ちていく感覚があり、最後は膀胱に落ちて、違和感が消えます。

遺伝かなぁ??、うちの親父は尿管結石になったことはなさそうだけどなぁ。

うちの会社にも石経験者は多いですね。会社から救急車で担ぎ込んだこともありますよ。。

投稿: 山猿 | 2008年6月27日 (金) 22時52分

確かにうちの方の家系に石持はいませんね。
で、家内に聞いたら「うち系もおらんで」と。
あれ?

もともと女性は結石になる確率は低い中で、家系にも無いとなると余程の強運なのか、私の呪いが効いたのか...

それはともかく、人のいるところで結石の話をすると出るわ出るわ経験者。(男性ばかり)
「あ、あなたもでしたか...」状態です。

投稿: あやおば | 2008年6月27日 (金) 21時56分

同じ食事だから石が出来るわけではないようです。
たぶん遺伝の方が影響大きいです。
(私の父も尿路結石やりました)

ほうれん草、タケノコ、チョコレート紅茶はダメらしいですが、そんなもん一々気にしてられませんので、その後も普通に食べてます。
まっ、結石で死ぬこともないでしょう(笑)

あと、石が出来ても早期に排出すれば全然問題ないわけで、
水分補給と運動で大丈夫! たぶん(笑)

投稿: DS | 2008年6月27日 (金) 12時54分

ご丁寧にどうもです。 あっちの方のコメントは整理しておきました。

DSも体験者でしたか...
知り合いも数人やられていて(しかもなぜか30前の男)、その筆舌に尽くしがたい痛みを聞いていました。
嫁も経口と座薬の痛み止めでヤマは超えたようで、現在一日2Lの水分摂取に努めています。

嫁と私の生活の差は昼食だけですから(肥満度は違います)、私も遅れてやられる可能性があるかも、とは警戒しています。
とは言っても比較的バランスの取れた食事してるし、これと言った対策も無いのが実感です。

投稿: あやおば | 2008年6月26日 (木) 07時40分

奥さん大変でしたね。
私は今年の1月某日突然来ました。
痛いとは聞いてましたが、想像を超えてました。
真冬なのにいやな脂汗で全身ぐっしょり。
食いしばってるものだから歯とアゴがおかしくなってくるし、
握り拳が固まって指がひらかない。
情けないうめき声は出てしまうし、痛みで胃がおかしくなってゲロゲロだし。
病院で鎮痛剤の坐薬が効いて楽になるまでの3時間は地獄でした。
このまま永久にこの痛みが続くのなら死んだ方がマシって感じ。いっそひと思いに殺してくれ~~~とマジ思いますよ。
虫垂炎の時は自分で運転して病院へ行って入院しましたが、こいつはダメ。運転どころかまともに歩けません。
バイクでこけたりスキーでこけたりして松葉杖生活になったこともありますが、それらは一瞬の痛みは凄いけど精々30分も唸っていると痛みがぼやけてきます。
ところがこいつは休むことなく強烈な痛みが襲ってくるので1時間過ぎたあたりでギブアップです。
もし拷問する時は1時間以上やりましょう。長時間やればたぶん誰でも落ちます。
ちなみに女性は男性よりも尿路結石になりにくいそうで、生涯羅漢率は4人/100人です。
(男性の生涯羅漢率は9人/100人)

投稿: DS | 2008年6月26日 (木) 06時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ええねんけどな...(2):

« 雨のランウェイ | トップページ | アヒル誘拐作戦? »